月別アーカイブ / 2020年08月

illust_83852007_20200822_155559.jpg


illust_83852007_20200822_155602.jpg


illust_83852007_20200822_155604.jpg


illust_83852007_20200822_155606.jpg


illust_83852007_20200822_155609.jpg


illust_83852007_20200822_155611.jpg


illust_83852007_20200822_155613.jpg


illust_83852007_20200822_155614.jpg


illust_83852007_20200822_155616.jpg


illust_83852007_20200822_155618.jpg


illust_83852007_20200822_155620.jpg


illust_83852007_20200822_155624.jpg


illust_83852007_20200822_155626.jpg

自分にしかわからないつらさっていうのはもはや神域なので人がどうこう出来ることではないんだけれども、
よりそってくれる人やリアルに励ましてくれる人がいてくれるとなんとか頑張れる☺️行動すれば手段もみつかる😊
そんなあたいの記録です☺️

illust_83645216_20200813_142224.jpg


illust_83645216_20200813_142226.jpg


illust_83645216_20200813_142228.jpg


illust_83645216_20200813_142230.jpg


illust_83645216_20200813_142232.jpg

すきって本当にすごい。
夢中になれること、好きでたまらんもの、
たくさんたくさん見つけてほしい

以前兄にこのときの話をきいた時
「ほんまは毎日でも行きたかったけど受験があったからどうしようかと俺は考えた」と言っていた。

ほんまに観に行きたかったから、
こんなことしてていいのか俺…とか
我が儘みたいな罪悪感を抱きながら
映画を観に行くのは絶対嫌だった。

だから親にもちゃんと許可をもらって
大手をふって気持ちよく観に行きたい。
心から楽しみたい。と思った兄は
どうすれば全員が納得できるかを考え、受験勉強をきちんと頑張れば親も認めてくれるだろうし自分も自分のやるべきことをやれて心置きなく映画に没頭できると思い、勉強を頑張ったそうです。

私は勉強が超苦手なので
兄の頑張りがほんまに凄いと思ったよ…

高校で弓道を始めたけど、最初は親に
「続かんやろー矢とか袴とか無駄にせんとってやー笑」って言われてたらしい笑
でも1年の二学期ですでに腕前が良くなっていたそうで「三学期の新人戦で入賞するわ」と、親に一言宣言した兄は、
宣言通り2位になって帰ってきたそうな笑!!!

その時にお父さんが新しい矢を買ってくれたんだと言ってました
嬉しかったと思う。どっちも

結果全国大会に行ったのは、まぎれもなく兄の努力の賜物でした。
好きの力も凄いけど、最終は弓道に目覚め、突き詰めて自分に挑み続ける愉しさに目覚めた本人の努力がすべて。

好きだけではこんなに頑張れない。
我が家は兄の努力を全力で応援するべく、
全国大会の時には石川県まで応援に行ったのは家族の思い出です

おかげで兄の性分である凝り性の裏に、
えげつない努力家という力があることを知りました笑

好きって本当にすごい。
夢中になれるもの、大好きでおしみなく努力できるもの、たくさんたくさん見つけてほしい





7月からもののけ姫が上映するとのことで兄のバイブルになったもののけ姫を今もう一度スクリーンでちゃんと観よう!と思ってやっと行ってきましたわω!!!
IMG_20200812_205858_927.jpg
よすぎた。2回観た。スクリーン最高🤦

異次元だった。内容も最高。ドハマりする理由もよくわかる笑
ジブリはおとなになってからみたほうが断然おもしろいね。
再熱しているあたいです笑🤦🤦💞💘💓
ジブリパークはやく作ろ❣️❣️🤗🤗🌈🌈

illust_83528351_20200808_212819.jpg


illust_83528351_20200808_212823.jpg


illust_83528351_20200808_212825.jpg


illust_83528351_20200808_212827.jpg


illust_83528351_20200808_212829.jpg


illust_83528351_20200808_212831.jpg


illust_83528351_20200808_212833.jpg


illust_83528351_20200808_212834.jpg


illust_83528351_20200808_212837.jpg

おととしの6月に実家に戻ってきて、
その時ぽぷちんはもう15歳だったので、
いつの間にかおばあワンなのだなぁと、
いつ電池が切れてもおかしくない年齢なのだなぁということを思って、そうかぁと思って、毎日毎日を大事にしてあげようと思ったのがはじまりでした☺️

おばあワンになっても、いつも通りの日常を生きようとするぽぷちんに、私は何をしてあげられるだろうと考えて、おばあワンならではのかわいい瞬間やほっこりな出来事に癒され支え、家族とわちゃわちゃ過ごしました☺️


そしてその年の11月29日を迎え、
しんどい時期をゆっくりまって、
少しずつ心が落ち着き、
ばあちゃんとなんばに行って元気をもらっていくうちに半年経ち、

喪失感に慣れると同時に、
繊細な記憶を忘れそうになっていることに気づいて、思いだしながら日記を描いていくことになりました。

もう過去のことなんだけど、
思い出すたびに鮮明に覚えていて、かわいくて、横にいるような、今もリビングにいるような気がして、私は“そういう日々”を描いて残したいなぁと思った。

だれかやあの子を思い出すときはいつも
“現実進行形の記憶”をなぞる。

まるでその時にタイムスリップしたように
人は思い出を語りながら今を生きていくもので、
私も、描いていて心がとても整頓されていくのがわかりました。

これからも
ひとつひとつをゆっくりまって、
ひとつひとつをなでながら生きていきたい

よんでくれて本当にありがとう
こんなあたいの日記たちですので
またよんでもらえたらうれしいです

↑このページのトップへ