月別アーカイブ / 2018年07月

illust_69935186_20180730_192127.jpg


illust_69935186_20180730_192130.jpg


illust_69935186_20180730_192200.jpg


illust_69935186_20180730_192202.jpg


illust_69935186_20180730_192204.jpg


illust_69935186_20180730_192205.jpg

おしゃれも恋も、顔がデコボコだらけの自分には無縁だと思っていました。
でも治療を始められた事で、気持ちが少しずつ明るくなり、心が前向きになっていくのが自分でもわかったので

やってみたかったことを少しずつ
やってみようか…と思えるようになり、
ままごとのようでしたが、お化粧や服などを初めて楽しく買えたのが
とても嬉しかった記憶があります。

何かをやってみるとか、
何かを頑張っみるとかの時はとにかく、
心が元気で前向きでないと
行動に移すことはなかなか難しいと思いますが、
どこかにキッカケがあったりすると
出来ることから少しずつやれていったりすることがあります。

もちろんすぐにはうまくはいかないし、
怖くなることも何度もありますが
これまで動けなかった自分がやっと前向きになれたのならば、怖さはかえって自分の妨げになると思い、
何より“勿体ない”と思って、
“動けることの嬉しさ”が一番大きかった自分を優先しようと決め込んで、

失敗していいから
動いてみよう、体験してみよう、
失敗や怖さから学べることは、
明らかに“自分に足りてない部分”だから
これは絶対学ぶ価値があると。
だったら動いて失敗しても
何も損しないってことだから
動けばいいんじゃん😀って、
いろいろ動いてみているところでございます。

してみたい、やってみたいって
我慢したり諦めたりしてきたからこそ
今行動できることにとても喜びを感じていたりします。

もともとビビりで不安性で心配性で緊張しいでポンコツな私だからこそ
あえてその選択を選んでいる部分もあったりしますが、
不安や心配や緊張をなくす方法は
“行動することで解決できる”のではないかと私は思っています😌🍀


電子書籍でまとめて読めますので
ご興味のある方はどうぞです😊💕

illust_69895066_20180728_125720.jpg


illust_69895066_20180728_125722.jpg


illust_69895066_20180728_125724.jpg


illust_69895066_20180728_125726.jpg

実家に帰ってきてから親や犬の老いを感じます😌
出来ないことやら不便になることがちまちま出てきているので
ほんまに年食ったなぁ~😆って思うと
いろいろしてあげないとなぁと思います🤗
そう思えるようになってきた私もある種の老いを感じます笑

いっしょにババアしていこうね🤗💕

久しぶりの部活エッセイです😊
最後の夏のコンクールは
予選通過後の県大会に向けての期間が一番頑張り時だったなぁと思い返しながら、
どう乗り越えて気張ったかを描きます😊

illust_69879938_20180727_182709.jpg


illust_69879938_20180727_182712.jpg


illust_69879938_20180727_182713.jpg


illust_69879938_20180727_182717.jpg



illust_69879938_20180727_182826.jpg


illust_69879938_20180727_182843.jpg


illust_69879938_20180727_182845.jpg


illust_69879938_20180727_182849.jpg


illust_69879938_20180727_182853.jpg


illust_69879938_20180727_182858.jpg


illust_69879938_20180727_182907.jpg


illust_69879938_20180727_182909.jpg


illust_69879938_20180727_182913.jpg


illust_69879938_20180727_182916.jpg


illust_69879938_20180727_182920.jpg


illust_69879938_20180727_182922.jpg


illust_69879938_20180727_182927.jpg

タイムギリギリで危なかったとか、
心折れるとか、立ち直るとか
結果発表間に合わへんかもとか…
県大までの間はいろいろありました😊😀

県大が勝負なのでここから本気で気合いを入れるのですが、頑張りたいけど頑張れなかったらどうしようと、気合いが入りすぎるとかえって心が定まらない時があって、
そういう時に集中力が切れたりします。

でもそこで夜のミーティングをした時に
Jちゃんが「うちらがビビっててどうすんねん」「あの子らの方がもっと怖いねんで!」
経験も実力もないのに、関西の舞台を目指すなんて、考えてみれば確かに怖いし
しんどいだろうと、思いました。
もしかしたら、自分たち三年生より一年の子たちは頑張っているのかもしれない。
と、思うと、経験も実力もあるのに
ビビって怖じけづくのは甘ったれてるし情けない話だなと全員が思い、理解して、
これまでまるでドラマのような部活の日々を送ってきた自分たちにとって
「ここで関西行かんかったらマジで話にならんで笑」と
それこそ“なんのために三年間頑張ってきたんや”って話になるので、
仕切り直して気張ろうと全員で一致した途端
最後の詰めが出来ていったので
足りてなかったのはこの部分だったんだろうなぁと噛み締めた記憶があります。

先輩とはこういう存在がきっと正しいのだと私は思います。

社会人になれば職場の先輩と関わることがありますが、私はそういった部分でも
人を見ていたり、自分が年数長くなった時も部活の時の事をよく思い出していました。
経験=先輩なのは
“フォローをして支える事が出来る”という意味だと私は思います😊


吹奏楽部エッセイは書籍になって発売中です😊現在三年生の更新をしておりますが、一年生の自分たちは最高にグダグダしてますので読んで頂けたら、さらに三年生編が楽しくなると思いますのでぜひ読んでもらえたらと思います~😊よろしくお願い致します😊🍀
次回はついに県大会です。
念願の関西に行けるでしょうか…
結果発表に間に合うでしょうか…😂😇

気まぐれなのでいつ更新するかわかりませんが出来るだけ頑張りますので
気長に読んで頂けたらと思います🤗💕

↑このページのトップへ