月別アーカイブ / 2018年02月

illust_67492066_20180227_211307.jpg

IMG_20180227_195101.jpg

IMG_20180227_195111.jpg

IMG_20180227_195126.jpg
主任がゆく!スペシャルvol,120
コンビニ、書店にて発売中です

火消し屋のかじ郎くんにまさかの恋の火
「この火の消し方はわからねェ…」
どうするかじ郎くん!!!

それいけ!せっぷく丸は
江戸時代を舞台にしたあほかわいい4コマです
日本の伝統文化をいじくり回したほっこり漫画ですのでぜひ
書店やコンビニにお立ち寄りの際に
チラっと見てやって下さいませ

ブログにサンプルもありますので
アラと思ったらどうぞこちらからエッセイを読んでみて下さい 
配信先はこちらです↓
ツイッターでもお知らせしましたが
DLサイトでもおばあちゃんエッセイが配信されました

ブックウォーカーと同じく、
全199p、描き下ろしと、ツイッターに上げましたフルカラーのおまけがあります
値段も同じですので、読みやすい方で読んで頂ければと思います。

illust_62457119_20180220_205723.jpg
illust_62457119_20180220_205725.jpg
illust_62457119_20180220_205730.jpg


illust_62457119_20180220_205732.jpg
illust_62457119_20180220_205737.jpg
寂しさを拭うには時間がかかりますが、
泣きたい時に泣くのが、心と体に良いと
母を見て私は思いました。


このブログを一体どれくらいの人が見てくれるのかわかりませんが、書かせて頂きます

ツイッターでたくさんの反響を頂き、
記事などにもして頂き、結果的にたくさんの方に見ていただくことになり、
私が一番驚いていることをお伝えしたく思います

今回私は、せっかく描いたおばあちゃんエッセイをまとめてみようと思って
初めて電子書籍というものをはじめてみました。

いつも通りエッセイをツイッターにあげて電子書籍のお知らせをしようと思っていた矢先に
たくさんの方に見て頂くことになり
なんだこれはえらいこっちゃ
家族で驚いております。

電子書籍のタイミングとこの反響はたまたまですのでご理解頂きたいです。

あまりの反響ぶりに電子書籍のお知らせをずらそうかとも一瞬思いましたが、
そもそもこのエッセイのお知らせですので、ずらすとかは違うなーと…
そう思うと、これも何かの縁なのかもしれないなぁと思い、
不慣れですが予定通り、電子書籍のお知らせをさせて頂いている次第でございます。

このエッセイは氷川さんのお話ではなく、
祖母と親族、私の話のエッセイです
祖母が亡くなるまで、母の思い、葬儀やその後…記憶だけではいつか薄れて忘れてしまうと思って、
その都度急いで日記として心のままに書き残したエッセイになります。
日記ですので見にくい所が多々ありますが
どうぞ見て頂きたい一作になっておりますことをお伝えしたく思います。

祖母の死をきっかけにいろいろな方の優しさに触れ、今を慈しむことを知りました。
そんな日記です。

昨年、氷川さんにサインを頂いた当初、
ありがたいなあと思ったので
これをエッセイに描こうとしましたが、
なんとなく、今はやめておこうかなぁとその時は思いました。

氷川さんの大切な御心遣いですので
「じゃあ私も私も」となってしまっても
氷川さんにご迷惑をかけてしまうのではないかと思い、それは私の本意ではありませんので
氷川さんと私たち親族の大切な思い出として、そっとしておこうと、
一旦保留にさせて頂きました。

しかし私自身も、人の優しさに助けて頂き、暖かさに心思うことを絵にするのが私ですので
時間を置いて、いずれ描きたくなるタイミングがくれば描こうかなぁと思って月日が流れ
今になり、
それがまさかこんなに反響を頂くとは…という流れがございます

いつもはこんなに沢山の方に見られることがなく、細々と漫画を描いておりますので…
エッセイを読んで下さりありがとうございましたとても嬉しいです



やさしさというのはすべて
曖昧の上に成り立っていると私は思っています。
その人の心の次第で生まれるからこそ、
やさしさに触れると嬉しく、心温まり、涙が出るのだと思います。

こうして人は生きていくんだなあと、

そのことを大切に、
そして気づかせてくれたすべてのきっかけをくれましたおばあちゃんとおじいちゃん、親族や家族、
友達に心から感謝しています。

そして、今日に至るまでの
すべてのご縁に感謝です。

ご興味があればぜひ、
読んでみて下さいませ

これからまたちまちまとお知らせをしますので何卒よろしくお願い申し上げます。

1519036388959.jpg

↑このページのトップへ