月別アーカイブ / 2017年07月

illust_64062076_20170727_001151.jpg

illust_64062076_20170727_001157.jpg

illust_64062076_20170727_001159.jpg

illust_64062076_20170727_001201.jpg

illust_64062076_20170727_001203.jpg

illust_64062076_20170727_001204.jpg

illust_64062076_20170727_001206.jpg

illust_64062076_20170727_001208.jpg

illust_64062076_20170727_001209.jpg

illust_64062076_20170727_001211.jpg

illust_64062076_20170727_001213.jpg

illust_64062076_20170727_001214.jpg

前に進むための
ほんのちょっとのきっかけをくれたのは
米D先生。

その練習に付き合っくれるのは
岡P先生と瀬T先生。

そしてがんばる自分たち。


ひとつの成果に
を貸してくれた人達たちがいる。

この人たちは、みんな
気づいてくれるやさしい人。

涙が出る🙈

illust_63990371_20170722_165449.jpg

illust_63990371_20170722_165452.jpg

illust_63990371_20170722_165454.jpg

illust_63990371_20170722_165456.jpg

illust_63990371_20170722_165458.jpg

illust_63990371_20170722_165459.jpg

illust_63990371_20170722_165502.jpg

人数的に
そもそも型にハマることさえ出来なかった
私たちは

手探りでもやっていくうちに
〝自分たちらしさを見つけて〟
動きも音も練習の空気作りも
より良く、より良くしようと
みんなで試行錯誤した😊😃😊😃

結果的に「しんどいけど楽しい」になって
どこまでもいつまでも練習ができた。

今思えばこれは
仕事場でも同じ力を使っていると思う。

無駄なストレスを減らして
やるべき事に専念するためには
空気作りがとにかく大切。
適度に笑うことは大事。
これには適役がいるけど、
高校の時はそういった意味では
バランスがとれたメンバーだった。



〝手探りでやってみる〟というのは
実はとても勇気がいることだった。
型にもハマれない、教えてくれてくれる人もいないで不安でやめようかと思うのは
〝どうしたらいいか分からないから〟
とにかく人は安心したがる生き物なので
手探りはあんまり好きじゃない。

でも、手探りって実はめっちゃすごい力を持っていると私は思ってる。

手探りで見つけたものはまさに
〝個性〟そのもの。

型にハマらず
自分で、手探りで見つけるものは
心の目で探したものや
直感を信じたものばかりなので
間違いなく
〝絶対的な個性が見つけられる〟

手探りは最初は不安で
やるのは怖いんだけど、

やり始めたらめっちゃ楽しい。
型にハマるのなんて絶対イヤになる。
縛られず、自由にどこまでも探したくなる。

マーチングは完全にそうだった。
個性の塊だった。
だからあんなに楽しかったんだと
思い出してやっと気づく。

この経験は、今の自分がいる
大きな理由のひとつだと気づいた。

手探りで型にハマらずいつもずっと
ずっとずっと、ずっとやってきたから
今の自分を見つけることが出来た。

見つけるというか、
本来の自分と生まれ持った潜在能力と
感性、心がどうしたがってるのか
何が苦しくて、何が嬉しいのか
どんな心を持っているのかを

〝気づく〟ことが
個性だと私は思っているから

この手探りの原点は
マーチングで知ったのです。

良い仲間と理解ある先生と

きっと、そんな私達だから出来るだろうと信じてくれたから
先生はマーチングをやらせたんだと思う。

間違いなく、
フォローや、キッカケをくれるのはいつも
先生だったけど、

間違いなく
やるのはいつも自分だった。

手探りの強さは
個性を見つけるカギになると
私は思います

私の手探りには終わりがありません
どうやら死ぬまで手探りして生きることが私の生き方みたいです・*・:≡( ε:)シンドイケドタノシイ

↑このページのトップへ