月別アーカイブ / 2017年05月

pixiv63140088_0.jpg


pixiv63140088_1.jpg


pixiv63140088_2.jpg


pixiv63140088_3.jpg


pixiv63140088_4.jpg


pixiv63140088_5.jpg

慢性自信喪失ガールの私は
できないことばかり数えていました。
それもそろそろピークかという時、
顧問の先生がお医者の如く私に処方してくれました。

励ますだけじゃなく、ほめて、背中を押してくれた先生は
本当に良いお医者さんだと思う。

先生のおかげでなんとかモチベーションが回復して、やっと負のループが鎮まりました。
痛いところに良い薬をぬってもらえたおかげです(๑´ㅂ`๑)


pixiv63085005_0.jpg


pixiv63085005_1.jpg


pixiv63085005_2.jpg


pixiv63085005_3.jpg


pixiv63085005_4.jpg

pixiv63085005_5.jpg



よくよく考えてみたら
私は子供の頃から
敏感性自滅ガールだった’ω’)

いまだにそうなので
これはこういう性格なんだと思う。

でも性格だからといって
ほっとくと自爆してしまうので、
そうならないように
自分をうまくコントロールしないと
いけない。

そのためには、
とにかく自分の悪い癖を知ること。

悪い癖を知れば対処法も見えてきたりする。

私の場合、
とにかく考え過ぎてしまう癖があり
しかも悪い方へ行ってしまうので、
あまり考えないように
〝どうしたら楽しくなるか〟について
考えるようにシフトチェンジしている。

頭が煮えたら
寝る。とか。

自分で切り替えるスイッチを
設置してあげることで、

悪い癖とよい付き合い方ができる。


〝悪い癖を直す〟んじゃない。
だって〝それは一生直らない〟から。

癖を直すんじゃなくて
一番よい付き合い方を考えるのが
一番ストレスが少ない。

見つけるまで苦労するけど、
見つけてしまえばだいぶ楽になる。


pixiv63042574_0.jpg


pixiv63042574_1.jpg


pixiv63042574_2.jpg


pixiv63042574_3.jpg


pixiv63042574_4.jpg


pixiv63042574_5.jpg

惚れてまうやろー!
な状況になった記憶がありますw笑

高校生なんてまだまだ子供なので
当時の私は心も弱く、すぐに何かに取り憑かれてましたが、
まず最初の呪いをほどいてくれたのが
顧問の先生でした。

この先生じゃなかったら
きっと今の自分になってない。


私は、先生方には本当に
恵まれていたと
つくづく思います。

↑このページのトップへ