月別アーカイブ / 2017年03月

DSC_1643.JPG
DSC_1644_2.JPG

7年間務めた学童をやめるときに
描いた色紙たち

言葉でも伝えきれないくらいの
ありがとうを
絵に託して
こどもたちひとりひとりに
渡しました( *ᵕ·̮ᵕ* )❀

〝そのままでいいんだよ〟って
教えてくれたのは
こどもたちです。

こどもたちのおかげで
今のわたしがいます(*ˊᵕˋ*)



pixiv62067488_0.jpg

pixiv62067488_1.jpg

pixiv62067488_2.jpg

pixiv62067488_3.jpg


コンプレックス…名前が長い。
コンプっていうね


コンプは本当に厄介です。
見てわかる系は余計に。


“普通”にとらわれていると
余計にのまれてしまいます。


でも大丈夫。

普通なんてないから

みんな普通に見えて

普通じゃないから

みんなちがうから

まずその抽象的な“普通”という概念を抜きにしてコンプを見てみると


ただの個性になります


みんな自由、はい元気!
終わり。シンプル・イズ・ベスト



なんだけど…

そうは簡単にいかないのは

人には心があるから。








どんなに前向きに考えても

立ち上がろうとしても

ふと鏡をみて

また落ちる。

これの繰り返し…。

何年やらせるの

いい加減にしてくれと

憎くて憎くて
憎くすぎて泣ける。

なんとかしてほしい
だれかたすけてほしい



でもある日
ふと気づいた。


1番気にしてるのは
“自分”だったこと


自分が自分をきらいなこと


自分の
この思考がよくないことに気づいた


こいつがきらい
こいつさえなければ
こいつのせいで…


“何かを恨む”

その心が私をぶすにさせる
笑顔を奪う

※醜女(ぶす)
みにくい女。

ぶすはいやだなぁ( ;o;)

でも
本当のぶすとは
心からくるものと気づいた。



心が変われば
こいつの捉え方も変わるのか…?

仲良くなれるのか…?

そうか、じゃあまず
こいつのおかげでいいことあったこと
考えてみよう

そうね、

中学の時
悩める私にたくさんの友達が
いろいろ調べてきてくれて
私に教えてくれた
うれしかった
友達のやさしさを知った

その友達は
今も繋がってくれている


高校の時
部活で仲間がたくさん出来て
コンプの話なんか
するまでもなく
自分の存在を誰もが理解して
必要としてくれて
青春を謳歌できた。

社会人になった時
自分を理解してくれていた仲間から離れて
また1人、闘わなければと思った途端
コンプがぶり返してきた。

こわかった。

でも私は思い出した
今まで出会った仲間が言ってた言葉
『そんなんどーでもええねん
お前はお前や、全部ひっくるめてな』


自分を奮い立たせながら
学童保育の指導員をはじめたけど
やっぱり、正直こわかった。

子供は素直だから、見たままのことを言うだろうって

そのとき私は、泣かずにいられるだろうか

でも私は思った。

わたしが気にしてる素振りをすれば
周りも気にするから

私は、まるで何も無いかのように
元気にしていよう。明るく、カラ元気でもいいから、私は気にしないでおこう。って。

そうして7年間務めたけど
7年の間、誰にも、何も、言われなかった。

言われたとすれば
こんなことがあった

どうして?って、ほんとに素朴にきいてきた1年生の女の子がいた。

なんとなく説明した最後に
「でも気にしてるから、あんまり言わないでおいてあげてね?」
って言うと『わかった!٩( 'ω' )و 』

った言って走っていく。

ある日
その女の子と、もう1人の女の子がおしゃべりしてた。

もう1人の女の子が言った
「みっちぃってどうしてあぁいう顔なのかなあ?」

私はドキっとした、でもあの子が言った。

わたしが説明した通りに、
その子に言ってくれていた。

『でもみっちぃ気にしてるからあんまり言わないであげてね?』
『そうなんだぁ(’ω’)わかった!』

この時のやりとりをみて私は気づいた

あぁ
わたしの知らないところで私はこうして
だれかに守られているんだなあ

子供たちのやさしさを感じて、
こんなもの気にしてるわたしが
ちいさく思えた。

こどもの心はとてもおおきくて
やさしかった。




そして子供たちは
たくさんことばをくれた。


『みっちぃはそのままでもかわいいよ!』


『そうじゃなきゃみっちぃじゃないよ^^』




なんて思おう。

そんなこと言われたことなかったから


この言葉を、なんて思って受け止めようか…




ありのまま


みっちがだいすきだと言ってくれる子供たちのことばを


どう受け止めようか


子供は素直だから、こわかった。

だけど

素直だから

だいすきも

そのままでいいよも

そうじゃなきゃみっちぃじゃないも

うそじゃないことを知る。



子供は心をみる力がある。
みてくれている。


だから私は毎日洗われて洗われて…

それだけでもじゅうぶん
うれしいのに

こどもたちはわたしの弱い心に
アップリケをたくさんたくさん
貼ってくれた

いまも、

私の心はアップリケだらけ。

このまま行こう




じぶんがきらいで泣いてた涙が
子供たちに出会ってから
嬉しくて泣く涙になった



どうして、

どうやって

どうやったら

あの子たちのやさしさに
こたえられるだろうか

かえせるだろうか

きっとかえせない
かえすものじゃないから

だからせめて

せめて

絵をかかせてほしい。


絵は心だから


絵なら伝えられる


こどもにもらった
アップリケの心で
わたしは
絵をかきつづけたい


そうして今のわたしがいると思ったとき


ああ、

コンプレックスがあって
よかったなあと

おもった。


これがなきゃ
あの子たちのやさしさに気づけなかった

こんなにアップリケだらけに
なってなかった

絵がかけてなかった





コンプレックスは宿命である。
でも必ずなにか意味がある。

心がためされている。いつもいつも
いやというほど

でも負けたら負ける。
のまれたら、のまれたぶんだけ
かえってこれない


だから、捉え方をかえたい
心をかえたい

コンプレックスのおかげで
会えた人
気づけた気持ち

それはめちゃくちゃ大きいと思います。



ネガティブに
どうかのまれないで


立ち上がるための素材は
そのへんにたくさんある

ひとつでもいいから

みつけてみてほしい

でも、自分の心をちゃんとみてあげる
いいとこメガネをかけてないと

みつけられません。

まずメガネをかえて

じぶんを卑下するメガネなんか
かけてたらいつまでも
みつけられません。


どうしたいか、
どうするか、


全部自分次第


だれもたすけてくれないんだから


だから自分で
楽しさを見つけたとき、
自分に自信もつく

いろんな人に支えられて
私は生きているけど

モノにしたのは
まぎれもなく私だと

言えるのは

それだけの苦労があったから
それだけのやさしさをもらえた証拠

人はみんな心をみてくれてるから
わたしも自分のをしっかりみていきたい


気をたしかに
やさしさをもって

生きていきたい

人生に無駄なことはひとつもないから。


エッセイやブログは
あくまで私の主観ですので
気軽にみてもらえたらと思っています。

だってみんな
じぶんが主役で生きてるんですから(*´ω`*)


私はこう!(’ω’)
あなたはどう?(ㆁᴗㆁ✿)

そんな感じ(๑•᎑•๑)











IMG_20170324_030757.jpg

 あーあ(’ω’)

なんかたのしいことないかな(’ω’)


人生かけて
大きな喜びを得るというのも
ぜったい最高なんやと思うねんけど

日頃のちいさな『よっしゃあ!』とか
『やったー!』とかもめっちゃほしい。
言いたい言いたい(’ω’)やったー!っていいたい

その瞬間だけ\ワッ/*\(^o^)/*って
デカイ声出して喜びたい。

でも意外とないねん(’ω’)
でもこれって意外と大事なことやねん。
やったー!探してるけど
なかなか見つからないのよね


UFOキャッチャーしたいな(’ω’)


UFOキャッチャーがそんな感じ(’ω’)

別にいらんけど
ちょっと嬉しい\ワッ/感あるよね

そういうのが
ちまちまあると
なんか最近楽しいなって思えるから

そういうの探してる。

でもなんか見つからないから
あーあ(’ω’)って言ってる(’ω’)

寄り道息抜き無駄下駄るんるん(’ω’)
無駄こそ最高のパワーって100歳のばあちゃんが言ってたよ(’ω’)

せやなあって思った(*´ω`*)





↑このページのトップへ