これから、ドン・キホーテにコスメたちを物色に(笑)


コスメ好きには、たまらん!空間。




私は、更年期世代真っ只中。
そう、世間で言う「おばちゃん」。
何十年か昔なら、すでに老人。

そんな「おばちゃん」世代が多い我が職場。

お互い、身体の不調や生活状況も語れば分かり合える仲間ばかり。
それはそれで、助かるし同僚に感謝することも多々ある。






ただ。




まだ、私は「女」の部分は持ってるわけで。
痩せて綺麗になりたいし、痛くない程度に若作りもしたいわけです。

だけど、職場の相方さん。
「おばちゃんが、そんな氣持ち悪い…オンナなんて誰も見てないわ!おばちゃんらしくしてたらエエねん!痩せる⁈ああ、無理違う?年も年やから…」などなど、言うわけです。

まあ、一理あるんだけど
どうも悲しく聞こえるんですよね。

誰かのためにじゃなく、自分のために綺麗になりたい氣持ちは、おばちゃんといえ無くしてしまいたくないんだなあ〜!

おばちゃん同士の傷の舐め合いも、それはそれで助かるけど。

私は抵抗したい!おばちゃんでもおばあちゃんでも。
女は、捨てられん!
夫には「異性」でいたい!

氣持ち悪いですか?無駄な抵抗ですか?

じゃあ、無駄な抵抗してやろう!やん!

私は死ぬまで女を貫き通す!と決めた!



少々、鼻息荒くてゴメンなさい(笑)

感性
感じる力。


人として、介護士として1番大切なこと。


感性
いくら机の上で勉強しても身につくものではない。


感性
感じ取ろうとする心。
スタートは、そこから。

今…を見る力。
今を判断する力。


誰かを助ける…それだけじゃない。
何も感じずに生きるより、見えないものを感じ取れた方が、心豊かにならないか?


見えないものを大切にする心こそ感性。

そう、感性を磨き続けて行きたいと思う。

人として、心豊かに生きたいと思うから。

↑このページのトップへ