10/21はすみぺの1stEP発売記念イベント「マッチョマウンテン〜筋肉の山〜」に参加。

そのうち別で書こうと思っているけど、「彼女の幻想」の3曲がすごく良くて。
その新曲たちを初めてライブで披露するということで、番号は悪かったけどすごく楽しみにしていた。

案の定、全然すみぺ見えなかったけど、中途半端に良い番号で見えないよりは諦めつくくらい後ろだった。
なのでモニター8割、ステージ2割くらいで見てたけど、たまに直にすみぺの姿を捉えられるとテンション上がったから、それはそれで悪くなかった気もする。
いや、もちろん前の方がいいのだけれど。

トークパートは安定の面白さ。
出所後の高倉健のモノマネは近くで表情の変化まで見たかったけど、それは仕方ない。

ライブパートはEPの曲順どおりの披露。
個人的には「リバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋)」が印象深い。
ゆったりとしたリズムに体揺らしながら、艶やかな振り付けで踊るすみぺの歌声に酔う陶酔感が心地よかった。
同志は年齢層高いし、そういう曲も必要だろう。

「アンチテーゼ・エスケープ」は逆にテンポ感が何回も変わる楽しい曲。
タイアップの作品同様、キラキラ女子っぽいすみぺが可愛い。

「どうして!ルイ先生」は間違いなくライブで盛り上がる曲。
実際コールを入れるのすごく楽しかった。
歌詞覚えきれてなかったから次は頑張ろう。

渋谷のタワレコのイベントは2回目の参加だったけど、ライブ終わりに最前辺りにいる人とハイタッチするの羨ましすぎる。
徳を積んで、次こそはハイタッチできる番号を当てなくては…

最後に、カンフーすみぺ、最高かよ…