今さらだけど、今年の夏に参加したミスチルの25周年記念ツアー、ホントに最高だった。

まずホールツアーにまったく当たらず、ミスチルのライブに久しぶりに参加できるということで始まる前から高まってたんだけど、前から一度ライブで聴きたいと思っていた「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」のイントロが流れた瞬間にボルテージ最高潮になった。
初日の名古屋では歌い出し間違えていたけれど、それも含めて聞けて良かった…

あと「1999年、夏、沖縄」の途中で入るMCがとても感動的だった。
デビュー当時から、とは言えないけど長く応援しているファンとしては思わず泣きそうになる場面。

セトリ的なことでいうとナゴヤドームと長居で結構曲違ってて聴きたい曲ほぼ聞けた感ある。

新曲の「himawari」もリリース前と後で聴けたのは良かった。
ホントに名曲。

その路線で次のアルバム作るとしたら、すごく楽しみ。

ミスチルの歌詞にはいつもハッとさせられてきた。
青春時代からずっとそばにミスチルの音楽はあったし、これからも、イノセントワールドの歌詞にある通り、いつの日もこの胸に流れているんだろう。