"SAKURA HILL DISCO 3000" produced by Shinichi Osawa (1999) ©Katsura Moshino


本日も申し訳ありません。

インスタグラムの話題もどっと減ったような最近になって、いまさら公式インスタグラムに投稿しはじめてしまいました。目的はまさになまなましい営業、つまり金儲け、メイク・マネー、目指せハスラーです。代理店と大手企業の方は「イイネ」は要りませんのでマトモな予算をください。これから過去30年間に遡って、僕の絶頂期に幼稚園児や小学生だった皆さんのために、いろんな作品をアップせねばならないかと思うと気が遠くなりますが老体に鞭打ってがんばります。

上のレコードジャケット「SAKURA HILL DISCO 3000」はSONY時代の1999年に大沢伸一さんとお仕事でご一緒した時の作品です。コレと同様に僕が手がけたU.F.O.の「マルチダイレクション」(1993/英/トーキングラウド)というコンピレーションの破壊力は一歩海外に出ると凄まじく、全くコネのないイタリアに映画祭で呼ばれて行った時もこのレコードをあちらのDJやスペイン系のダンサー女の子がサインをしてくれと持って来て、ついでに町のソウルフード・スポットにも案内してもらったり、良い思い出がたくさんあります。(もちろんジャケより音楽がすばらしいからです。)そういう意味でも、インスタグラムが正方形で過去のレコードジャケット作品がそのままアップロード出来るのは見栄えが良いもんです。

ところで、プライベートのインスタグラムはないのかというと、けっこう昔からあるんですが、SNSが犯罪とハッタリと偽人生製造マシンと化した事が取り沙汰される現在の常識として、もちろん非公開です。ロクでもない事しかアップしておりませんから、発見してもけして申請しないでください。

それでは茄子とトマトの収穫に行ってきます。

若野桂公式INSTAGRAM = @katsura_moshino_japan





プライベートのFacebookで「もう沢山だあ!」というほど書いて、すでにプライベートの領域を超えてしまったにもかかわらず、LINE BLOGまではじめてしまいまいした。

LINE BLOGを選んだ理由は「有名人しかアカウント審査がパスしないらしい」という記事をみて「僕って有名人なの?」という興味半分で申請したらパスしてしまった事と、規約の中に「ナショナリズムはNG」という項目が「現在の与党政府の問題と戦う姿勢ではないか!」と思ったからです。(反ナショナリズムは世界の常識で日本の非常識)

いきなり話を変えちゃいますが、最近こういうものを手描きで作ってます。ズバリ内職です。売り上げは発送係をやってる実家の母親の温泉旅行の旅費に消えて行きます。そこの猫好きそうなあなた、一個いかがですか? [おたくの猫ちゃんマグ by 若野桂]

mug_image01

そういうわけで、以上です。(どういうわけだよ)

↑このページのトップへ