月別アーカイブ / 2019年06月

昨日は、東京から別府に移住するちひろちゃんの歓迎会@渋谷

その前はトイストーリー4の試写観に行って
子供に戻ってキャッキャしてたんですけど
↑マジよかった!!ウッディもいいけど、新キャラがエグいくらいかわいくて死んじゃいそうでした

おれがついてるぜー♪
なんで鼻歌歌いながらハチ公前に行ったところ

待ち合わせしてた友達が私を見るなり大爆笑


「近所のコンビニ来た感じじゃないですか!笑笑」

と。
わたしの左手には、先程肉のハナマサで購入したうなぎの肝串が入ったビニール袋。右手にはケータイ。

え?

|ω・`)


は??

Σ(゚д゚;)


か、カバンがない、、、、。
持ってたはずのカバンが!



友達まで一緒にパニック

「森田さん、この前どこにいたんですか!?」



。。。。。


あっΣ(゚д゚;)
そーだよ、あたし虎ノ門のファミマのイートインコーナーでみかんゼリー食べてて

そんで好きな人から電話きて
テンション上がりすぎて
外で電話してて
そのまま店内戻らず、ハナマサ行って肝串買って
渋谷まで来ちまったΣ(゚д゚;)

なにやってんだあたし


いろいろ酷すぎて言葉も出ねえΣ(゚д゚;)


ちひろちゃんに言いましたよ
YOUも毎日別府いるとこーなるよ

でも友達からすぐに突っ込まれましたよ
もともとだろ

うむ。否めませぬ!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6497.JPG
なにやってんだマジでー
ちひろちゃん、いらっしゃい❤️
しょこちん、ラブユー❤️

森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81

 今月はじめ、息子はテキサスへと旅立ちました。これからヒューストンでの新生活が始まります。

 成田空港にはたくさんのお友達が来てくれて、「頑張れよ」って言ってくれて、本当に素敵な友達に囲まれてよかったなあって心から思いました。

 18歳という年齢は、私がアメリカに初めて渡った年。あと1年後に私はハリウッドで君のパパと出会って、あと2年後に君を生んだのさ。

18歳でハリウッドに行くって決めた時、私はおかんからこんなことを言われました。

「あんたはこれから自分で自分の人生を歩んでいきなさい。母はもう何も言わない。もしも金がなくなって、娼婦になるしかなかったら、その道を突き進め。アメリカ一の娼婦になれ。でも本当に命がけで助けて欲しい時は、迷わず電話しなさい。」

強烈だったけど、今でも忘れられない言葉です。

それから20年たった今も、うちの母は変わらず私の人生に一言も口出しせず、「自分のケツは自分でふけ」を貫いてくれています。

私がハタチで息子を産むって決めた時も「あんたは産みたいの?」と一言。「産みたいけど、確実にお母さんたちの協力が必要」っていう言葉に、「わかった」とだけ答えてくれて、ずっと助けつづけてくれました。

うちのおとんはこう言いました。「これからは、親を疑えよ。尊敬なんてするなよ」って。

「俺だってママだって、子育てなんてしたことないんだから、絶対なんてないんだ。子育てが正解かどうかだってわからない。だから18過ぎたら親が絶対に正しいなんて思うなよ。これからは自分で世界を広げて、俺たちの世界を超えていきなさい。常に自分を信じて、自分の経験で判断して、親を超えろ」。

うちの息子も同じように育った。そして、そんなぶっとびな教育方針のおばあちゃんとおじいちゃんの協力もあって本当にいい子に育ってくれました。 

私は失敗ばかりのポンコツ母ちゃん。マジでダメダメだったし、好きな仕事を思いっきりさせてもらってる分、一緒にいてあげる時間も少なかった。

でも楽しい時は全力で、叱るときも、話し合いも全力で、全力で愛しまくってた。

てかガチ切れしたのなんて、前にブログで書いたウゼエ事件くらいだったんじゃないかなぁ

実はね。旅立ちの前に、とても嬉しいことがあって

3月23日が私の誕生日だったんだけどね。
朝、うちの子が「ママにプレゼントあるから、目つむって待ってて」
って言ってきて

目開けたら、見たことない道着みたいなの着て立ってたの
「何それ!?!?」
って超びっくりして聞いたら
中学から6年間、内緒で少林寺拳法習っていたんだって


おばあちゃんとおじいちゃんはもちろん知っていたけど。
私には塾って嘘ついてて。
黒帯が取れたら言おうって決めてたって、誇らしげに黒帯を見せてくれました。

「俺が強くなって、テキサスいっても大丈夫って安心させたかったから」

嬉しくて涙出た。
たくましくて、優しくて、最高の息子です


赤ちゃんの頃は、ずっと抱っこばかりで、私がいなきゃほんとにダメで
3歳になると、転んでも泣かないで立ち上がるようになって
小学生になったらお友達との世界ができて、ママは少し引っ込んで
中学生になったら頭撫でられるのも嫌がり出して
高校生になったら急に大人の会話ができるようになって

18歳になったら、私は君の背中をこんなにも頼もしく見送ることができるようになるんだね

いくつになっても親は親
だけど、関わり方はこんなに違ってくるんだね
いつも抱っこしてなきゃ泣いてた赤ちゃんはもうどこにもいない

小学校から高校までで、出会えた友達
アドバイスをくれた大人たち
沢山のひとたちに育ててもらって、こんなに素敵になったんだよね


旅立つ息子に伝えたことは
「今日からは、大人として旅立ってもらうから。自分で自分の行動に責任を持ちなね。ドラッグ、犯罪、人を傷つけることだけは絶対にダメ。それ以外は好きにしな。大学行くなら行けばいい、やめたくなったらやめればいい。逃げたい時は逃げればいい。全部好きにしなさい。もう私は助けないけど、命がなくなるって最強ピンチの時は助けてくれ〜って連絡して。飛んでいくわ。それ以外のピンチはできるだけ自分で乗り越えな」ってこと

息子よ、これからあんたはきっとすんげーでかい敵に遭遇していくはず
戦ってもいいし
卑怯な手を使って逃げたっていい
かっこよくてもかっこ悪くてもいい

映画のヒーローだって、いつも勝ってばっかりじゃない
みんな必ず中盤みたいで信じられないくらいかっこ悪いミスするし
人間だったら馬鹿みたいな失敗いくつもしていいんだよ

負けまくってでもいいから
明るさを忘れずに
大声で笑いながら
とにかく前に前に進めばいいのさ

最高の人生を私に見せてくれよ

行ってらっしゃい

でも超寂しいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいよおおおおお
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6211.JPG
空港にて。いってら!!!

森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81

ある日の飲み会の帰り
帰りの方向が同じMちゃんと代々木上原駅で乗り換えをしていたときのことです

もうね、夜中0時の代々木上原とか正気の沙汰じゃないわけだ

ホームには人がいっぱいで身動きも取れず
しかも酔っ払いもいっぱい

「各駅電車もかなり混みそうだねぇ」
と話していたら

私たちの前にいた若いお兄さんが突如

ガハアッッ

とマーライオン状態に。

ひいいいいいい!
マジで無理!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
( ゚艸゚;)

ゴキブリよりも何よりもゲボが大大大大大嫌いなあたしはとっさにMちゃんの手を取って猛ダッシュ!!!

回送になってガラガラなほうの電車に飛び込んで走り出すとさすがは終電!
あちらこちらにゲボが落ちてるという地獄絵図

ぎゃああああああああああああ!!!!!
とまたも叫んで電車を飛び乗り気付けばホームから離脱しておりました

息も荒々しく
はぁはぁ、、、ここまで来れば大丈夫だ!と安心した私

ってなにが大丈夫やねんと思ったあなた
もちろん害がないのはわかってるんですよ

でもね
もうね
見るのも嫌なんですよマジで本当に嫌い本当にいや。恐怖しかないんです。ちょっとこの嫌な感じとか他の人には絶対理解できないくらいの嫌さ加減。

どんなに大切な彼氏でもゲボ吐きそうになったら500メートルくらいダッシュで逃げたいし

自分の時とかもマジで地獄で
ツワリなんて本当やばい
トイレを真っ暗に暗黒にした状態で意を決してAUTOしないとほんと無理なわけ

子供の頃とかよく洗面器とか置かれたけど
我が生涯一度もあの中に吐いたことなんぞ無く
そんなもん見たくもねーから、洗面器なんて置くんじゃねーよ!ってくらい嫌なわけです

で、こんな人間あまりいないだろうなと思いつつ
思わず手を握って上原の駅を駆けずり回らせてしまったMちゃんには本当に申し訳なくて

「ごめんよ、Mちゃん。実はわたしゲボが、、、」
と言いかけると

「身の毛がよだつほど嫌い。号泣するほど大嫌い、、、じゃありませんか? 森田さん!!!!!!」
とMちゃんがすごい眼力で訴えてきたのです。

ま、まさかこの人も!!!!!!!

「そうですよ、森田さん。わたしもゲボが大嫌い。先程はあの若者が急にゲボを噴出したせいで過呼吸気味になりそうだったところを助けてくれてありがとうございます。お茶でも飲んで、このトラウマを語り合いましょう!!!」

と、なんだかよくわからんが、ゲボ恐怖症について夜中の1時からめちゃくちゃお洒落な上原のカフェで語り合うことに。

聞けばMちゃん、私と一緒で、この世で一番ゲボが嫌いなのだそう。

「森田さん、私たちのような人間を嘔吐恐怖症というのだそうです」

嘔吐恐怖症!!!!!!
初めて聞いたぞ、それ! 
どうもMちゃんが言うには、私たちのようにゲボが怖くて怖くて仕方がない症状のことを嘔吐恐怖症というらしい。

実はMちゃん。以前彼氏がノロになり、トイレでゲーゲーしていたときに、あまりの恐怖に部屋の角で膝を抱えて号泣していたのだそう。
めちゃくちゃ分かるー!!!!!!

※ これよくもらいゲロとかと勘違いする人いるんですけどそーじゃないから!もっとストレートな恐怖です

で、そのときに彼氏から、あまりにもゲロへの怖がりようが病的だから病院に行くべきだと調べたのだそう。

それからネット上で、嘔吐恐怖症という言葉を調べたMちゃんはついに治療を行う病院を見つけ出します

「森田さん。認知療法という治療法なんです」
という治療法が、マジですごいわけ。

簡単に言えば
ゲボに慣れよう!
という治療法らしくて、レベル1から徐々にゲボ慣れして恐怖心を取り除いていくのだそう

ちなみに初回治療のレベル1はなんだと思います??











イラストです by Mちゃん



なんと!!!すごいところからスタートするわね!


イラストを見て、心の平穏を確認できたら
次は画像になります
これはなかなかキツい

Mちゃんは先生にお願いして5メートルの距離を保った状態で薄目を開けてみるところから始めたそうです

そして画像をクリアすると、映像になり、とだんだんレベルが上がっていくのだそうですがMちゃんは途中で辛くなりすぎて結局諦めたとのこと

無念すぎる!!!!!
なんてこと!!!!!

と、意識高い系の若者たちがメランコリックにおしゃべりしてる横で

うちらは阿鼻叫喚のゲボ克服話を。

ちなみに噂では、最終レベルになると繁華街に出て気持ち悪そうな人を見つけ、遠巻きにAUTOを見守るのだそう。

なんて恐ろしいトレーニング!

とはいえあたしもゲボ克服したいので
まずは遠巻きにイラスト見るとこから始めます。


てか

超久々に書いたブログで、しかも明日は私主役のライブイベント MORITA nightをダイノジさんが開催してくれるというのに。こんなくだらねー、キタねーこと書いてごめんなさい🙏


色んなことあってつまづきまくってるけど
起き上がりまくって人生楽しんでる森田です
ただのおばさんライターがなにやっとんねん
と思うはずですが
リアルに
トークあり、お笑いあり、ドラァグクイーンのショーあり、DJありの最高な時間なんで遊び来てください

こんなくっだらねーブログ書いてるやつってどんな奴だよ的な感じで見にきてね
↓↓
■2019年6月5日 水曜日

『MORITA NIGHT Vol.1』


●会場:
下北沢 ろくでもない夜
 

●時間:
OPEN 18:00
START 19:00


●出演:

森田真帆
ダイノジ
笑笑子
ジャイコナイトTOKYO
世界のこな


ゲスト
西村ヒロチョ
こがけん




●チケット:
前売 2000円
予約 2300円
当日 2500円
(1ドリンク代別)


☆プレイガイド☆

・ローソンチケット(Lコード:72100)


※出演者や内容は都合により変更となる場合があります
あらかじめご了承下さい






↑このページのトップへ