月別アーカイブ / 2017年06月

今日から、7年前の10年6月7日。
ひとりの少年がイジメを苦に自殺をはかって亡くなりました 

篠原真矢くん 
亡くなった時は14歳でした

親せきの子供でもないし
わたしの知り合いでもない 

でも数年前に偶然見たドキュメンタリーで
彼のことを知ることができました

NHKスペシャル
僕はなぜ止められなかったのか   いじめ自殺・元同級生の告白


という回です


わたしが番組担当を務めている
別府ブルーバードでかけれないかと今でも思ってる
本当に素晴らしいドキュメンタリー

2010年に自宅のトイレで自殺をした篠原くん
月命日には彼の友人たちが
かならず篠原くんの家を訪れます
声をかけてるのは
イジメられてることを知りながらも
友人の死を止められなかった親友の小島萩司君

彼は篠原くんが自殺の直前に送ったメールを
受け取った1人。小島くんにあてられたメールにだけ「もう、恨んでないよ」の一文がありました

ドキュメンタリーは、小島くんと篠原くんの関係を振り返る再現ドラマと実際の映像によって構築されています

息子を持つ親として
かつてのイジメられっことして

いろんなことを考えさせられました


イジメってこうして始まって
みんな知らないうちに
気づかないうちに誰かを傷つけて
大切な命が失われる 

そしてその命は
遺された友人や家族にこんなにも重たい十字架を背負わせる

本当に強烈な作品で
それから毎年6月7日になると
篠原くんや、篠原くんのご家族、小島くんのことを
ふと思い出すんです


よかったら

みてみてください

https://youtu.be/PMyJ-rZrEAI


いま、別府ブルーバード劇場では「クーリンチェ少年殺人事件」が上映中です

昨日の夜、わたしのとてもお世話になっている方からメッセージをもらいました

「まほちゃん!いまブルーバード劇場にいるけど、スクリーンに映らず観客5人待ちぼうけだよ」

ぎゃー大変!!
たぶんきっと機材トラブルなのでしょう

メッセージではトラブルの様子が実況で伝えていただいていて

「無声の映像が流れっぱなし→止まる→物凄いノイズ」となってるとのこと

わたしの心拍数も上がりまくりで
いますぐブルーバードに飛んで行きたかった

きっと大変なことになっていることだろうと思って
娘さんに連絡をとったらやっぱりすごい大変だったみたいで、、、

「いま一日4回映画を回しているからデッキに限界がきちゃったみたいなんよ。申し訳ないけれど返金して上映諦めようと思うんだけど、お客様待っててくれるってことだからなんとか復旧作業中。照がお客さんにお茶を配って謝ってるとこよ。申し訳なくてね、、」

うー、わたしもそこにいて一緒に謝りたい!

メッセージからはお客様の苛立ちも少なからず伝わってきていたので、わたしも申し訳ない気持ちで一杯でした

ブルーバード劇場を手伝っていると
本当に色んなトラブルが起こります
フィルム上映のときは途中で止まっちゃったり
今回のような機材トラブルが起きてしまったり

映写室は大パニックになります

照館長も、年々耳が遠くなってきているので
わたしたちも

照ちゃん!!やっぱり音が出てないよ!
とか
映像止まってるぅううううう!
とか超大声出すため
お客様には私たちの会話が筒抜けで
本当に申し訳ないのですが、、、  

昨日はなんとか機材も復旧して
遅れて上映ができたとのこと


ホッと胸を撫で下ろしながらも
帰るとき、お客様に謝らんと、、、
と照さん、わたし、みきさんはヒヤヒヤ

映画館にとってお客様は神様だし
せっかく来ていただいたのに映画を
観ていただけないのは本当に申し訳ないことですから

わたしもその方にはとにかくお叱りのメールがきっと来るものだと覚悟しながら上映後待っていました


そしたら


「もう謝るのはやめてください。良い映画だったよ。

今日の映画はね、みなさん、4時間の映画、もうすぐ終わるというので、腹くくってきているのです。だから、諦める人がひとりもいなかった。それが復旧を背中を押したんだと思います。いい経験でした」


というメッセージをいただきました


ホッとして涙が出ました


照ちゃん、よかった。
ブルーバードはいつも映画と、温かいお客様に救われてるね。


そう思っていたとき、照館長からメッセージが来た

「辛抱強く待っててくれるお客さんがいる事に感謝して、誠に嬉しいです。世に残る名画だからかね。お忙しいところご迷惑おかけしました 照」

電車の中で
お客様
そして照館長

2人のほんとに温かいメッセージをもらって
電車の中で大号泣しました


機械トラブルかー最悪やー!
とかそんなことばっかり考えてた自分が恥ずかしいったらないわ!!!!

ブルーバード劇場のお客様、そして照さんからはいつも学ばせていただいてます



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1940.JPG







↑このページのトップへ