月別アーカイブ / 2016年07月

よくハリウッド映画で「I LOVE YOU」という言葉が出てきて
ラストでブッチューーってすると
わあ、ロマンチック! って思っちゃういますわね

わたしもそんなハリウッドロマンスを夢見て
18歳の時にハリウッドにいきなり旅立ちました

まあ、その結果おなかにかむちんという宝物を持って帰ってきたけれど
それはそれとして!

ハリウッド映画っていうのはどうもうちら日本人女子におかしな妄想を植え付けているということを
あたしはハリウッドでの2年で思い知らされたわけです・・・

現実は・・・

アメリカ人との恋は全然甘くねえ!

ってことです

「I LOVE YOU」は最終地点にいうセリフで。
スタートではぜったいに言いません
いや、むしろ「I LOVE YOU」ってとっとと言う男は
全くもって女子から信頼されません
ただのヤリチンです

ハリウッドに行ったばかりの森田は
アメリカ人との映画みたいな恋に恋する18歳の乙女でした

完全に映画観すぎていて
アメリカ人って、一目で恋して、そっこー恋に落ちて
キスしたらめっちゃラブラブで、即座に「アイラブユー」
なんだと思ってました

でも! ちげんだよ〜〜〜〜〜〜!
まず、日本とは恋に至るまでの行程が違います
まあ、30代になってくると恋に至るまでの行程はぐちゃぐちゃになってくるから
なんともいえないけれど

日本的には、「好きだよ」と告白して「キス」したら大体付き合うことになりますわな

あたしが18のとき元々旦那のろびおさんに恋した時は
当初、やつをゲイだと思っていたのでキスなぞ期待していなかったのですが

あやつが先に、「 I LIKE YOU」といってチューしてきたときは
これは! ゲイかと思っていたけど、違った! てかこれぞハリウッドロマンス!
とかなり大喜びしたものです

しかも夢にまで見た、玄関の外でおやすみを言った時のチュー!
きたこれ!キャーーー! 超ロマンチック! ポーチでチューとか映画っぽい!

当時一緒に住んでいたスケーターのお兄ちゃんフィリップは、わたしがぼんやりした顔で
家に入ってきた瞬間「チューされた!」と報告すると
「ストレートだったのか!」とくそビックリしてやがったけれど

あたしはもうポンヤリ有頂天
なんせ、その頃のロビオさんはメルローズで一番のイケメンとゲイの店員達から
ハートの目で見られていた人気者
今でいうなら、りゅうちぇる落としたくらいのもんでしたのよ。おほほほ

でもここからが超トラップ!
玄関先で、「好きだよ」と告られ、チューされたわたしはすっかり彼女気取り
「明日もデートしよう!」と言われてすっかり彼女気取り

が!!!!!
これ、アメリカ人的にはまだ付き合ってないんだな
全然彼女じゃねーんだこれが

というのも、ある日メルローズを歩いていると
ロビオが前から女の子とチュッチュしながら歩いてきたわけで
「ひどいっ!!!」
と泣きながらお家に帰って、ルームメイトの兄さん姉さんに相談すると

「え? まほって付き合ってたの?」
と・・・
「え? いや、告られたし」
「え? 告ったって?」
「好きって言われたし」
「え? ただデートしてただけじゃん」

は???

なわけです。
あのですね、アメリカってDatingっつー文化があって
デートしてる期間は、誰となにしようがいいんですわ
んで、それがRelationshipってなるとガチ交際になるわけです

超わかりにくいっしょ!
ルームメイト(女子)いわく、真剣な交際に移行したい場合は
「 Do you see a future with me? (わたしとの将来考えてる?)」
とか
「how serious is this relationship?  (私たちとの関係ってどのくらいマジなの?」
とか聞くわけです。

でもルームメイト(男子)いわく
「男子はかなり本気じゃないと、そういう質問されるとまじで逃げたくなる」
のだそうで。

日本みたいに、「告白」みたいなもんはあまりないので
女子はだいたい「これ、本気モード入ってきた?」と感じだしたときに
男子に向けて先ほどの質問を投げて
そんで男子が考えるっつー・・・

よくハリウッドの映画で
「commit」という単語が出てくるのですが
これはアメリカの独身男子が、Relationshipに発展するときによく吐く言葉です

する準備ができてないとか、「commit」できない
とか言いますが
このcommit って曲者ワードでね
いうなれば「誓約」

ライザップは結果にコミットするわけですが
やつらは真剣交際にコミットするのにすげー覚悟がいるわけだ

そんだけシリアスなrelationshipはすんげー重いわけ!
そんでもってそっからさらに重いのが
「I LOVE YOU」の一言

これが!
また!
もうすげーーー重たい言葉なわけで!
なかなか言わないわけです!

真剣交際始まってからも
なかなか言わない!
たまに映画で「彼がI LOVE YOUっていわない」って
彼女が嘆くシーンがでてきますが
わたしのともだちは、彼氏にI LOVE YOUっていってもらえたのは交際1年後

そんなのまったく知らなかった当時のわたしは
一人で勝手に盛り上がりまくり、付き合ってもいねーのに
会うたびに、アイラブユー言いまくってて
ロビオには若干ドン引きされていたらしい
そらそーだ。。。

いや〜、学んだね。
まあ、たしかに日本男児も愛してるってなかなか言わないけどさ
いまだに思い出すだけで恥ずかしい

ハリウッドと現実はちがうもんです
ちなみにわたしの友人は
アメリカ人の旦那とチューした際
アメリカっぽくベロチューしたら
「いや、そんなにベロベロしねーからふつー」
とさらりと突っ込まれたそうです
そんな正直さもアメリカーン!


でも、こないだ日本人の友達とこの話してたら
日本も最近そんな感じじゃん?と言われた
そうなん!?
いまだに「告白」スタイル支持派のあたしはもうババアなのか!? 

「おれの女になれ!」って言葉、サイコーカッケーと思うんだけどね。

ハロー。森田フロムアメリカですよ

いまわたしと友人(アメリカン)たちとの月曜夜の楽しみは
ポップコーンを抱えて
The Bachelorette(バチェロレッテ」というリアリティーショーを観ること
この番組、なんと2003年からずーっと放映されてるアメリカじゃあ超有名なリアリティーショーらしいんだけどわたしは全く知らなかった・・・

バチェロレッテって、独身女性ってことなんですが
一人の独身女性が25人の独身男たちを見定めつつ、片っぱしから削っていって
消去法で最後に残ったやつを結婚相手に選ぶ!っつー究極の婚活番組

もともとはバチェラーっていう一人の男性が25人の女子の中から一人を選ぶっていう番組があって
それのスピンオフなんだけども

毎回、いろんなデートをして
デートの後に感想を言い合って
番組の最後に勝ち抜き決定のローズを渡すわけです

・・・なんだけどさ!!!
 てか、イカれてんだよ!
まじで、この番組!

というのも

ベロベロベロベロ!
チューばっかりしやがんねん!(((( ;゚д゚)))

とりあえず全員とガンガンチューするんですわ
デートのたびに
あいつとチューして
こいつとチューして

え? こんなガンガンチューしちゃっていいの?
ってくらいチューするんですわ

たとえば、今シーズンの「Bachelorette」の主役はJOJOっていう美女

b1



この美女が、まあデートするたび
ブチュブチュと
b2

オオーw(*゚o゚*)w



w(゚o゚)w オオー!

こんな感じで
デートの度にチューチューする(しかもイケメンばっかだからウラヤマ!)
たぶんどいつもこいつもイケると確信しちゃうのだろう・・

でも無残にも切られるわけです
ローズを渡してもらえず、切られたやつはバンに乗って強制送還



                フラれた男はバンの中で涙する・・・



いま、この番組は最終回まであとちょっとで
2人の男子まで絞られてるんだけど

先日見ていてさらにビビったのが
一緒に見ていた友人が
「おお、ついにセックスナイトか!」

と!

は????
はい!?!?!?!(゚Д゚≡゚д゚)

なんと!
超驚きなことに
最後の3人になると全員お泊まりするのだそうだ
もちろんそのシーンは出てこないけれど
その場にいたやつ全員
「やってるべ」
となった

まあやるよな、そりゃ。

「やらないで結婚は決められねーべ」
と。まあそりゃそうだ。


とは思うけどさ! すごくないっすか!?!?
なんかすごい興奮してるのわたしだけ!?

しかも
1日目 Aくん
2日目 Bくん
3日目 Cくん

みたいな日替わり弁当デートな訳さ

すげえええええええええええ!!!

わたしのお友達でこないだ別府のブルーバードでトークショーをしてくれた
心優しきウーマンラッシュアワーの村本をふと思い出しました


あの男がこの番組出たら
もし結婚しても
たぶん何度も再放送を観まくって
「え? けっきょくやったん?」「なんでキスしたん?」「おれとどっちがよかった?」
って 聞きまくるんだろうな・・・
いや、ぜったい許さないだろうな・・・
てかわたしでもやだ!!!!

嫌じゃない!?
と友達に聞いたら

「アメリカ人だから」

って衝撃的な答えが!
マジかよ!
おい、アメリカ人だから許されんのかよ!


「まあ、デートだからね。Relationshipじゃないから」


はい出ました。
このデートとRelationshipの関係性については今度ブログでも書きますが
<デート>してるだけのときは誰とキスしようが、だれとやろうが関係ないわけです


わたしも昔この制度を知らずに地獄を見たんだった・・・

でもこんなの信じられん!
てかテレビでこんなん信じられん!
しかも最後プロポーズなんだよ!
んで、実際結婚してるひともいるわけで

たしかにテラスハウスとか、恋するワゴンに乗るやつとか
いろいろあったけど
あれもこんなんなん? 見たことないから分からん!
誰か教えて!

ちなみにこの<3日間で3人の男をお味見する>っつーイカれた回は今週の月曜放送だったんだけど
最終日の男がなんと1日デートしてロマンチックなディナー食って、チューして、部屋まで行ったところで
「やっぱ無理」と言われて切られるという惨劇が。


うちのリビングルームはクッソうるせーことになりました・・・

「はあああああ!? このクソビッチが!」
「そこまで来たならやれよ!」
男子は怒り狂い

「てめーがフっておいて何泣いてやがる! 地獄に堕ちちまえ!」
女子も怒り狂い

「FUCK YOU!」「I HATE YOU!」「BITCH!」
と汚い言葉が飛び交い、ポップコーンはテレビに投げつけられ
フーリガンみたくなってた

リアリティーショーって全然興味なかったけど
ここまで大騒ぎするリアクションマスターのアメリカ人と観るのはおもろいかもです 


 

アメリカにいます
すんげーーーー暑い砂漠地帯にいます

毎日死ぬほど暑いです
そして、死ぬほど暑いのに建物内に入った瞬間とても寒いです

そう。
アメリカは冷房が効きすぎている!マジでひどい!
スーパーなんて北極のような寒さで凍えっちまうほど
乙女のため、お腹が弱いわたしはすぐにお腹をこわします

だから厚めの毛布は欠かせない
上着なんて全然効かないんですわ
だって足が冷えるから
だからどこに行くにも、スヌーピーのライナスのように毛布を引きずっていきます
でも外はすげーあちい。常に40度以上だからまさに変人

先日は
仕事仲間のおっちゃんとスーパーに買い出しにいったのですが
車から降りるとき毛布を体に巻きつけ
スーパーに向かおうとするわたしにかなりの不審感を持ったようで
「それ変だからやめなよ」といきなり取り上げられました
ひどい!
ああ、さむい!

野菜コーナーとか、精肉コーナーとか死んじまえってくらい寒い!

そして案の定襲いくる腹痛!
やばい!ストッパもない

「あたいお腹痛いから、トイレ行きたいよ」
と言ったのだけど
「もう買い物終わるから、そしたらトイレあるところに連れてってやるよ」

無情!

ああ無情!

くううう、マジで痛いんだよ!
とお腹の痛さを訴えようとした瞬間

「ぷぅ」

と悲しい音が出た

「え?」
「え?」

「え? いまお前、おならした!? え? もしかして腹痛? 下痢!?」
と軽く笑いながら言ってきたアメリカクソ野郎

レディーファーストのこの国で、まさかレディーの屁を聞かなかったフリもせず
堂々と突っ込んでくるとは、さすが自由の国!

そしてわたしは、仕事仲間のオヤジに屁を馬鹿にされたのと、限界値MAXへの怒りで
涙が溢れてしまう

なぜか屁をこき、静かに泣き出す36歳

情けなさすぎるぜ、自分!

おっさんは、いきなり焦り出し
スーパーの店員に事情を説明
店員のおばちゃんに手をとられ、トイレに連れってもらうという恥ずかしさ

だからわたしには毛布が必要なんだ!
毛布がなかったからこうなっちゃうんだ!

と帰りに一人で怒りくるいました


そして、以前「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」でスタッフをしていたとき
撮影現場のストリップバーで同じ目に遭ったことを思い出したのです

16年たっても変わらず弱いわたしの腸
そして16年たってもやっぱり寒いアメリカの室内

おヒマな方は、こちらもあわせてどうぞ

まほのハリウッド日記 乙女のちょっと下世話なお話編> 















 

↑このページのトップへ