去る3月23日
かの黒澤明監督の誕生日
森田は39歳のお誕生日を迎えました

たくさんの素敵なお祝いメッセージを
LINEやフェイスブック、ツイッターなどなどでいただいてありがとうございました!!!😊

そういや、このブログは映画ライター森田真帆としてLINEさんから公式ブログとして認定していただいてるんですが、最近なかなか多くの人に真帆ちゃんのブログって映画と全然関係なくない??

と言われます
たしかに!!

関係ないことばかり書いてるのよね
でもわたし的には
くだらんブログを皆さんに見ていただき、こんな森田がオススメする映画なら見よっかなーなんて思ってもらえたら嬉しいなって、願いながら書いているのですよ。本当よ。

とはいえせっかく39年も生きてきたことのお祝いをする日だったので

自分の人生をサラーッと振り返ってみようかなとおもいます

森田は1980年3月23日、東京に生まれました

小さい頃はとんでもない内弁慶野郎で、家の中ではお調子者。でも一歩外にでるとかなりの小心者で、泣き虫で、例えば電車の窓に頭をゴンってぶつけただけで恥ずかし過ぎて一生シクシク泣いてるくらいの気弱な女の子でした。

小学校もずーっとそんな感じだったのですが、5年生くらいのころにクラスの人気者女子から

「そのカラシ色のトレーナー、いいね」

と声をかけられ、ちょっとした人気チームに入れてもらったことで突然変異が起きまして。なんか6年になった頃には半端じゃないほどのお調子者女子になっておりました。

ちなみに今卒業アルバムを開くと、6年3組エロい人ランキングの堂々一位を飾っており、バイキングあたりに卒アル晒されるとかマジで怖いから犯罪とかぜったいできないなとつくづく思っています。

残念ながらその頃の記憶はほぼないのですが、同級生の男子曰く、私からガマカツされたという物騒な証言を聞きます。このガマカツってうちの小学校だけの呼称らしいのだけど、ようは背後からこっそり近づいてガッとタマを掴むという荒技です。突然変異もほどほどがいいですな。

そんな地元仕込みのガマカツを武器に入学したのは、お嬢様学校で有名な成城学園。こんな高い学校通わせてもらって、マジで親に迷惑かけましたほんとに。

成城は、わたしにとっての異世界で
男の子たちが髪にムースつけてたり
女の子がピアス開けてたりと
あまりにも大人で半端じゃない衝撃を受けました

そんな中で
中学3年間平穏に過ぎると思いきや
中3で告って付き合いだした男の子が
女番長の元カレでして
当時、元カレと元カノの間に流れる複雑な感情なんて全く想像すらできなかった未熟なわたしは
彼女の怒りを買ってしまい
イジメの標的になるという恐怖な出来事に遭遇
怖かったなー
学校行きたくなかったなー
放課後になると
この苦しみはいつまで続きますか?
ってコックリさんやってたな笑笑

中学の女子ってなんだかんだ残酷で
無視とかたくさんあってさ
この頃に女子に対しての恐怖心というか
トラウマが完全に出来上がり
高校では仲のいい男子とバンドを組んで
男どもとアホみたいな下ネタで盛り上がるっつーくだらんけど楽チンな毎日を送っておりました

大学に入ると
90分という長すぎる授業に日頃から集中力散漫な自分は全くついていけず
もう無理!
となり

いきなりアメリカへ渡米 
リー・タマホリさんという
クレイジーだけど超グレートな監督さんのもと
映画の撮影現場で修行を積むことに!
ハリウッドのオモロいやつらに囲まれて
破天荒な生活をしていた日々については
アマゾンで販売中の
真帆の崖っぷちハリウッドライフを読んでくだされ!!!おねがーい
そんなこんなで
ロスのメルローズという場所に住みながら
近所の男子ロビオくんと電撃結婚したのち
お腹に赤ちゃん👶がいることが判明!
日本に帰国して
2000年にハタチで長男出産

高卒プラスシングルマザーっつー
ダブルハンデにより全然就職できず
夜の世界に飛び込んでみたり
すんごい早朝のバイトしてみたりしたのち
手に職つけようと看護学校受験したけど
色々無理で中退

この間、まー色々ありまして
メンタル崩壊して
閉鎖病棟に数ヶ月いたこともありやした
あー、まじやばかったなあ、あの頃
でもこの話はこの話で腹がよじれるほどオモロい
話が満載なのでまた機会があるときにね!

その後、頭のおかしい院長先生のいる眼科受付
など謎の仕事を経て

現シネマトゥデイに拾っていただき
いきなりの記者デビュー

バリバリと働きながら
シングルマザーしつつ
恋だってしてたわよ

大学生から、元暴走族の総長
格闘家、取り立て屋、パチンコのゴト師
SE、結婚詐欺師

、、って(;OдO)

思い起こせば色々変な人とばかり付き合ってたもんだよ、あたしも

そして2010年に2度目の結婚
からの2015年に卒業
ラガーマンの方だったから
色々あったけど
試合の応援に行ったりとかなんだかんだで
楽しい日々でした


その頃、わたしは
別府ブルーバード劇場という
もうひとつの運命に出会っちゃって

わたしの人生は
ブルーバードに染まりながら
別府で再スタートした感じです

そんでもって恋に関しては、、、

ハワイで出会って
あたしの名前のタトゥーまで彫るほどラブラブに2年半付き合った殿方と昨年末に結婚して

一ヶ月も立たねえうちに
「一人で生きていきたいから、結婚キャンセルして」

という前代未聞のクーリングオフをされました

そんな森田の人生
マジでマジで色々あったけどさ

大好きな家族と友達に囲まれて
なんだかんだ振り返れば今や全部笑えるし
なんだかんだ毎日めっちゃ楽しみまくりんぐ

一分一秒でも楽しく時間を過ごそうよ!
泣くより笑ってようぜエブリバディ!

森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81

森田のイベントはこちら笑笑
なんでやねん!
■2019年6月5日水曜日
『MORITA NIGHT Vol.1』
●会場:
下北沢 ろくでもない夜
●時間:
OPEN 18:00
START 19:00
●出演:
森田真帆
大谷ノブ彦(ダイノジ)
西村ヒロチョ
こがけん
笑笑子

ジャイコナイトTOKYO

●チケット:
前売 2000円
予約 2300円
当日 2500円
(1ドリンク代別)
☆★プレイガイド★☆
ローソンチケット(Lコード:)
https://l-tike.com/
※出演者や内容は都合により変更となる場合があります
あらかじめご了承下さい
-------------------
【チケットメール予約先】
チケット予約はこちらをクリック
-------------------
【会場アクセス】
下北沢 ろくでもない夜
東京都世田谷区北沢2丁目6-5 ルイビル3F
(LIVEHOUSE下北沢屋根裏跡地)