いま、別府ブルーバード劇場では「クーリンチェ少年殺人事件」が上映中です

昨日の夜、わたしのとてもお世話になっている方からメッセージをもらいました

「まほちゃん!いまブルーバード劇場にいるけど、スクリーンに映らず観客5人待ちぼうけだよ」

ぎゃー大変!!
たぶんきっと機材トラブルなのでしょう

メッセージではトラブルの様子が実況で伝えていただいていて

「無声の映像が流れっぱなし→止まる→物凄いノイズ」となってるとのこと

わたしの心拍数も上がりまくりで
いますぐブルーバードに飛んで行きたかった

きっと大変なことになっていることだろうと思って
娘さんに連絡をとったらやっぱりすごい大変だったみたいで、、、

「いま一日4回映画を回しているからデッキに限界がきちゃったみたいなんよ。申し訳ないけれど返金して上映諦めようと思うんだけど、お客様待っててくれるってことだからなんとか復旧作業中。照がお客さんにお茶を配って謝ってるとこよ。申し訳なくてね、、」

うー、わたしもそこにいて一緒に謝りたい!

メッセージからはお客様の苛立ちも少なからず伝わってきていたので、わたしも申し訳ない気持ちで一杯でした

ブルーバード劇場を手伝っていると
本当に色んなトラブルが起こります
フィルム上映のときは途中で止まっちゃったり
今回のような機材トラブルが起きてしまったり

映写室は大パニックになります

照館長も、年々耳が遠くなってきているので
わたしたちも

照ちゃん!!やっぱり音が出てないよ!
とか
映像止まってるぅううううう!
とか超大声出すため
お客様には私たちの会話が筒抜けで
本当に申し訳ないのですが、、、  

昨日はなんとか機材も復旧して
遅れて上映ができたとのこと


ホッと胸を撫で下ろしながらも
帰るとき、お客様に謝らんと、、、
と照さん、わたし、みきさんはヒヤヒヤ

映画館にとってお客様は神様だし
せっかく来ていただいたのに映画を
観ていただけないのは本当に申し訳ないことですから

わたしもその方にはとにかくお叱りのメールがきっと来るものだと覚悟しながら上映後待っていました


そしたら


「もう謝るのはやめてください。良い映画だったよ。

今日の映画はね、みなさん、4時間の映画、もうすぐ終わるというので、腹くくってきているのです。だから、諦める人がひとりもいなかった。それが復旧を背中を押したんだと思います。いい経験でした」


というメッセージをいただきました


ホッとして涙が出ました


照ちゃん、よかった。
ブルーバードはいつも映画と、温かいお客様に救われてるね。


そう思っていたとき、照館長からメッセージが来た

「辛抱強く待っててくれるお客さんがいる事に感謝して、誠に嬉しいです。世に残る名画だからかね。お忙しいところご迷惑おかけしました 照」

電車の中で
お客様
そして照館長

2人のほんとに温かいメッセージをもらって
電車の中で大号泣しました


機械トラブルかー最悪やー!
とかそんなことばっかり考えてた自分が恥ずかしいったらないわ!!!!

ブルーバード劇場のお客様、そして照さんからはいつも学ばせていただいてます



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1940.JPG