マホちゃんって映画ライターなのにブログ全然映画のことじゃないよね!

っと言われてますが
たまには書きますよ!

実は
「隣る人」というドキュメンタリー映画を
わたしがお手伝いさせたいただいている
別府ブルーバード劇場で上映することとなりました

千葉県野田市でおきた栗原心愛ちゃんの虐待死事件

目黒区で起きた船戸結愛ちゃんの虐待死事件

たくさんの方が心を痛めた事件です

児相の対応
教育委員会の対応
学校の対応
たくさんの批判が集まりました

連日流れるニュースの中
私は1つの映画を思い出していました


という映画です

2012年の作品ですが

2011年10月時点で、全国でおよそ3万人の子どもたちが預けられていた児童養護施設の一つ「光の子どもの家」の日々の生活を、8年にわたり追い続けたドキュメンタリー

何らかの理由で親と生活を送れず、施設で過ごす子どもたちをめぐる何げない日常を丁寧に描き出します

わたしは高校生の時
児童養護施設の子供たちと遊ぶという
ボランティアにいったことがありました

虐待だけではなく、いろんな事情で
親と暮らせない子供たちがそこでは元気に暮らしてました

ひとりのわんぱくな男の子と遊んでいたとき
その子がわたしの手を引いて
階段へといきました

お姉ちゃん、階段ゴロゴロしよう!

そんなことしたら危ないからダメだよ!
怪我しちゃうよ!

とめちゃくちゃビックリして施設の方に
言ったら

あの子は両親から虐待を受けてきた子でね
階段落ちるのも、虐待の1つなのに
遊びに自分の中で変えちゃっていたんだよ

と言われました

17歳の時に聞いたその言葉も
男の子の無邪気な瞳も
20年経った今も脳裏に焼き付いて離れず

忘れることができません

2012年に初めて映画を観たとき
悲しくて、切なくて、つらくて
でも子供たちが見せる笑顔にホッとして

こういう子供たちの笑顔をどうしたら守れるんだろう

たくさん考えました

でも日々の生活に追われてまたその気持ちは薄れてしまって

昨年ポレポレ東中野さんで再びリバイバル上映を観て

また
たくさん考える機会をもらえました

なにができるんだろう
どうやって子供たちを守れるんだろう

考えること

とても大切なことだと思います

子供たちのプライバシーの関係もあって
この作品はDVDになることはなく
上映だけでしか観ることはできません

この機会に
できるだけ多くの人にこの作品を観てもらいたい

そしてまたみんなで考えたい
子供たちを守ること

ぜひ、観に来てください










_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2339.GIF
今年も終わりましたね
チョコのシーズンが


うちの息子さんも

なんつっても18だからねえー

昔はアンパンマンチョコで嬉しそうに笑ってたなあ。。。

懐かしいなあ

中学も高校も
チョコもらった???ってしつこく聞きまくって
嫌がられまくり

もらってたら誰から!?ってすんごい気になるし
もらってないと

うちの子にチョコをやらんとはどういう了見!
と怒り狂い

まあめんどくさい母と思います

そして

今回の高速バツ3事件で
ほんとに申し訳ないって思ったのは
この息子ちんにだった

でも同時に

今回の1番の収穫は
自分の息子のたくましい成長を見れたこと

前向きなまっすぐな言葉も
かけてくれた言葉も全部

ほんとに頼もしかったなあ

最高に強く
最高に優しい

最高に素敵な男になってくれてありがとう
i'm so proud of you だよ!

というわけで
バレンタインデーは
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2332.JPG
約束通り千円あげました

まだ寝ちゃう前だったから引き止めてゲームで対戦してたら母ちゃんにブチ切れられました。相変わらずだね

てなわけで
チェック!!!!! #0006 #recovery1000






そんな森田が憧れのロバート・ロドリゲス監督にあって最新作アリータの世界に入って大暴れしてる動画はこちら💁‍♀️
→https://www.youtube.com/watch?v=GH4b03WNviE


森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81



1日1記事頑張りなさいよ!ってタスクを課してたのに

やらかしました。。

昨日の更新分いまやります。

風呂事件、その後を聞かれるので
その後のことを言います

その後、知らんぷりで
しばらく滞在していたんですが
もし通報されてたらどうしようとか
風呂場に変な女がいた的なクレーム入れられて
見つかって出禁になったらどうしようとか
気の弱い私はずーっとドキドキしていて

罪の意識に耐えられなくなって
やっぱりちゃんと言おう!
と思い


受付で

実はさきほど男湯に間違えて入りました
ほんとに間違いで、すごくぼーっとしてて
全然気づかなかったんです、、

と説明したところ

えっ!!と驚きながらも
逆に大丈夫でしたか!?

と優しい言葉をかけていただいて
ほんとに心からホッとしました

超超いい人でした

帰りの会計もその方で
ほんとにすみませんでした

と謝って
ポンとレジにロッカーキーを差し出したのですが

あ、お客様、、と返されたのが


腕についてた水晶の数珠 

あれ!?  すみません、すみません!
と謝り倒し
ロッカーキーがない!と大騒ぎして
ポケットの中のもの全部散らばらせてもなくて

焦りまくる私に


お客様

とかなり落ち着いた口調で


あの、そちらにたぶんついてます


と言われ
気づいたのはゴムなくてロッカーキーで
髪の毛縛ってたこと


さっきあんなに謝り倒してたひとが
いきなり数珠を差し出すわ
ロッカーキー頭につけたままロッカーキー探し回るわで

完全に様子がおかしいひとに思われたと思います

この頭につけたまま案件は
先日の栃木旅行でも発生して
風呂出てからごはん屋さん行くまでジャラジャラ頭に鍵つけっぱで歩いてました

この話を友達にしたら意外に
わかるー!!!
と言われたので

あ、浴場間違えるやつはなかなかいなくても

銭湯行ったら
頭に鍵つけっぱなしになっちゃう人
意外にいるんだー!
とちょいほっとしたという些細なご報告でございました

そんな森田が憧れのロバート・ロドリゲス監督にあって最新作アリータの世界に入って大暴れしてる動画はこちら💁‍♀️
→https://www.youtube.com/watch?v=GH4b03WNviE


森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81

↑このページのトップへ