お知らせ

とても嬉しいことがあったので、今日は彼氏のひろきくんの話を書きます

ひろきくんが別府にやってきたのは今から4年前のこと

真面目すぎるが故に、全てを抱え込んで仕事もプライベートもすべてに限界がきて、逃げるように別府にやってきました

4年前のひろきくん
口を開けば人が死んだときの話ばかりしてた頃
当時、笑うときの目が笑ってなさすぎて
アメリカンサイコと呼んでいました


別府に来てからは、あらたな別府ブルーバード劇場のお手伝いメンバーとして91歳の照館長をお手伝いしながら、一緒に映画祭を運営したり、ドラァグクイーンのドキュメンタリー映画を撮ったり、いっぱいお金があるわけではないけれど、たくさんのゲストたちに刺激をもらいながら、本当に楽しくて充実した日々を過ごしています

ドラァグクイーンのベビーヴァギー
別府ブルーバード劇場の照館長と娘のみきさん
大好きな仲間たちと

何もかも捨てて別府にくるって本当に大変なことで、最初のころは、私もひろきくんもここには書ききれないほどいろんな壁がありました。(とはいえ、いまやもう内容覚えてないけど笑)。わたしたちはいつも別府の優しい仲間たちに支えてもらいながら、乗り越えてきました。

2年前、ひろきくんは「別府竹細工の学校を受けてみようと思う」と話してくれました。コロナ禍でブルーバードを助けるために革細工を作っていたひろきくんに、「ものづくりが好きなら向いてるかもよ?」と照館長が別府の伝統である竹細工のことを教えてくれたのがきっかけで、ひろきくんも興味を持ち、試験に見事合格したのです。

あれから2年、朝が超絶苦手なひろきくんが、毎日朝早くから学校に行って、ついに今月卒業を迎えます。竹工芸の作業を私は見ていたけれど、一本の竹からひごをとって、それから編んで、本当に本当に大変なんです。

作業中のひろきくん
一本の竹から細長いひごを削りだして編んでいく
繊細で地道な作業(;OдO)
森田には絶対無理

ただでさえ大変な製作作業の合間を縫っては一緒に映画館を手伝ってくれて、ときには照館長に手作り料理を持っていってくれたり、一緒にイベントをしたり、短編映画の製作スタッフとしてもめちゃくちゃ頑張っていたひろきくんの姿を見て、私は本当にうれしかった。

保険屋時代に目指すって言ってた億プレイヤーにはなれなかったし、上司に借金してでも買えっていわれていたアウディの代わりに、今はでっかいバン運転して、映画の機材運んだりしてるけど、お金よりなにより、照ちゃんはもちろん 私の友達や 映画館の常連さんや 映画のスタッフや いろんな人から「ひろきくんがいてくれてよかった」「ありがとう」って言ってもらえてる。その言葉は、お金よりもずっと尊いし、わたしはいつも温かい「豊かさ」を感じています。

そーいや保険屋さんのとき、ひろきくんがめちゃくちゃ怖いライン送ってきたときがあってね

「上司から契約を増やすアドバイスしていただいて、今日は神社に行って周りの方の名前とありがとうございますを100回言ってきます!」
当時のひろきのラインより
あのとき、ぶっちゃけいや、こえーわ(;OдO)。って思ったけど、なんか何も言えなかった。でもこの4年間の経験全てが、契約を増やすとかそういうことじゃなくて、ちゃんと感謝を言葉で伝えることや、伝えてもらえることの素敵さ、その言葉の深みを私の代わりに教えてくれたんじゃないかと思います。

4年前、監督や俳優から話を聞いては「いいなあ。好きなことと出会えて。好きなことをしてるひとはみんな輝いてるなあ」なんて言っていたひろきくんが別府で竹工芸と出会って、立派な竹職人になるなんて想像すらしていなかったな。

卒業後は、ひろきくんの竹工芸品を売りながら、ふたりで今まで出会った人たちにお礼を伝えて回る旅もいいよね。なんて話しています。

4年前からずいぶん人生は変わったけど、楽しそうなひろき君を見れて私はとてもうれしいです。

今日から3月5日まで、別府市竹細工伝統産業会館の展示室で、卒業制作作品の展示もしています。私は今ロスで見に行けないけど、照館長、娘のみきさん、常連のたつみさん、みんなが見に行ってくれてるそうです。

本当は写真撮れないらしいけど、先生から許可いただいて撮ってくれました。

力強い作品に、涙が出ました。
すごいなー、ほんとに嬉しい!!

ひろきくんの作品たち
力士

照館長も来てくれました!
お近くの方は、ぜひ見に行ってあげてください
本当にめっちゃ頑張ってたから
でも私行けないから
沢山褒めてあげてください!


バツ3シンママ、映画ライター。「今くら」「アウトデラックス」出演。18歳でハリウッドへ。別府ブルーバード劇場の90歳女性館主をお手伝いしながらまったり生活中 著書「崖っぷちのハリウッドライフ」。

森田に関するあれこれリンク→https://linktr.ee/mahomorita





元カレからの突然の連絡は香水の匂いよりも宗教と保険に気をつけて!

<これからのお話は、あくまで個人的な体験談です>

かの有名な瑛人さんの「香水」。3年ほど会ってなかった元交際相手から突然のLINE。多くの方は、胸がキューンとなるかもしれませんが、森田の場合は過去の経験から「気をつけろ! ウオーーーン」というサイレンが頭の中に鳴り響きます。しかも歌詞の通り、「いつ空いてる?」って要件も言わずにアポ取ってこようとするやつマジであぶねえ気をつけて! 実際、森田の彼氏のひろきくんは某外資系保険会社の営業マンでしたが、最初に電話するのは友達、そして元カノというラインアップだそうです。なぜなら、ちょっと向こうに気持ちさえあれば、保健に勧誘しやすいのだそう。ああ、怖い! あたしゃ、まさにこの方法で昔好きだった人から勧誘されて、50マンもの矯正下着を買わされましたからね。皆さんも、突然の元恋人からの電話には気をつけてくださいね!

久しぶりの元カレからかかった一本の電話

この話も、久しぶりの元カレからかかってきた一本の電話から始まります。あれは息子ちゃんがまだ幼かった頃。シングルマザーになっていた私に、いきなりでんわがかかってきた。

「真帆、久しぶり! 元気? いまシングルマザーになって大変って聞いたよ」

わー久しぶりだなあ。しかもどこから聞いたのか私がシングルマザーになったことも知っているのね。ということで正直久々の連絡にうれしくなっていた森田。どうやら彼は今有名な子育ての研究者のもとで働いていて、今度その方が開催する子育てセミナーがあるらしい。

「無料で招待するからおいでよ!」

初めての子育てはもちろん不安なことだらけだったし、シングルマザーもたくさん来ているという話を聞いてママ友なんかもできたらいいなあ。と。元カレのお誘いはとってもありがたく、私はその子育てセミナーに行くことにしました。

着いたところは宗教団体のセミナー、教祖の話に体揺れまくりの人々!

実際にその子育てセミナーが行われていたのは都内某所のでっかい体育館みたいなところで、扉を開けたらめっちゃくちゃたくさんの人が地べたに座っているという超異様な光景。セミナーだったらふつーパイプ椅子くらい用意するだろうよ、体育館に地べた座りって小学生かよ! と、ちょっと怪しんでいたものの、わたしはたくさんの親子連れがいる、ファミリー席に連れて行かれた。

皆さんだいぶ穏やかな笑顔で、「あ、どうぞどうぞー」なんて迎えてくれてから、めっちゃ安心してたのですよ、ぶっちゃけ。

そしたら、いきなり

ゴーン!!!

って変な鐘が鳴って。おっさんが出てきたわけだ。
で、なんかそのおっさんを迎える時の熱狂ぶりがやばかった。
老若男女いるから、キャーッて感じではないのだけれど
拍手がね、パチパチーじゃないのよ

どおおおおおおおお!!!!

みたいな怒涛の拍手
どう考えても、子育てセミナーの先生迎える雰囲気じゃないわけだ。
めっちゃ泣いてる人いるし
あれ、これもしかしたらやばいやつかもしれん

てか、待って。宗教だわこれ・・・

と思っても時すでに遅し。全っ然外に出られる雰囲気じゃないのでしばらく黙って聞いていたのですが、ぶっちゃけ子育てに関することとか全然話してなくて

説法はじまった!
そんでその説法に合わせて、周りのひとたちは前後に揺れ始めた!

急に周りにいたひとたちがユラユラ揺れ始めて軽くパニックになった私は、となりにいたお母さんに「え?なんか揺れてるんですけどどうしたんですか!」と聞いたところ、さっきと同じ微笑みで

「これは教祖のお気持ちに共鳴する、<現象>と呼ばれるものです」

こわあ。気づいたら、奇声を発して体育館の中走り回ってる人いるし、まじで怖い、早く帰りたい・・・。ぶっちゃけ<現象>が怖すぎて、説法一つも覚えていませんわい。

お膝にハンカチ乗せた女性信者に取り囲まれる大ピンチ

説法が終わったらとっとと逃げ出して家に帰ろうと思っていたものの、終わった瞬間に出口を塞がれ、なぜか膝にハンカチ乗せた女性信者たちに取り囲まれた!

マジで最初に会ったとき、超素敵に見えた優しい微笑みが今はめっちゃこええ。

「シングルマザーって何かと大変だと思うから、ぜひこういう会には積極的に出てもらいたいなって思うんです!」

「今度はぜひ、高い位の方々に会っていただいて、直接相談してもらいたいのね。マンツーマンでお話を聞いてもらったらもっといいアドバイスをもらえるし・・・」

なんてことを矢継ぎ早に言われ、あれよあれよと、その宗教団体のメンバーに入れられてしまうという流れになってしまうわけです。わたしは、ほんっとに断れない性格をしているからこういうときになかなかNOと言えず、高い下着を買ってしまったり、エステの契約結んでしまったり、自己啓発本みたいなの買わされてしまったりといろんなことをしてきちゃったわけ。でも、この日に限っては自分の中の「ヤバすぎサイレン」が鳴りまくり、とにかくこの場所から脱出することに集中することにしたのです!

女優、女優! 宗教勧誘からの脱出!

この勧誘地獄から、抜け出すには一体どうしたらいいんだ!
と、もともとない脳みそをフル回転させた私に降りてきたアイデアは
宗教を持って宗教を断る!ということ
そして
ドラマチックな勧誘にはドラマチックで!
とうことです。

というわけで、とつじょ床に突っ伏した私は
「うわーーーーーー!」と号泣

「無理です! すみません、私にはできません!」と話し
周りの信者たちが口を挟む暇もないまま
「うちは先祖代々敬虔な『カイラナンバの箱舟』の信者なんです。ずっと信じてきているものをそんなに簡単に諦めるなんてことできますか? 親にも言えないです! 全く違う宗教の会合に来てしまったなんて親にも言えません! ウワーン」

とひたすら床に突っ伏して喚きまくる。

完全にドン引き状態の信者の皆さんからついさっきまでの勢いはなくなり
わたしのことを見るのみ
「子育てセミナーっていうから来たのに! こんなの聞いてません! ウワーン!
(つД`)ノ」

ちなみに「カイラナンバの方舟」っていうのは、完全なる口からでまかせで、昔観た是枝裕和監督の映画『DISTANCE』に出てきたカルト教団の名前をもじりました。

とてつもなく動揺する私に、ドン引き状態の皆さんを見て「今だ!!!!」とそのまま飛び出した私。後ろを振り返らずにそのまま体育館を飛び出して、服につけられたバッヂを取って捨ててダッシュで逃げました。

わたしの経験上、ああいう場所に置かれた場合とにかく逃げるにつきる。言葉ではとてもじゃないけど言いくるめられまくるので、隙を見て逃げるが勝ち! シングルマザーは本当に宗教団体の勧誘を受けやすいので、それからというもの「カイラナンバの方舟」はめっちゃ使いました。最近は40代になって、ちょっとは「NO」と言えるようになったから、「カイラナンバの方舟」は使わなくなったけどさ。あと、この方法が正解ではないのでお気をつけてくださいね! この方法は、あくまでの森田の個人的な戦法です!

もちろん、悪い宗教ばかりではありませんが、騙して人を参加させる宗教にろくなところはないです。皆さんも、くれぐれも気をつけてください。


森田に関するあれこれリンク→https://linktr.ee/mahomorita

森田のTwitterはこちら
→@mahomorita

森田のインスタグラムはこちら
→@mahomorita81

森田のnoteはこちら
→https://note.com/mahomorita

森田と彼氏のひろきくんが共同監督したドキュメンタリー映画

「十人十色物語ー今年90歳になる女館長と9人のドラァグクイーンー」本編87分
https://theatreforall.net/movie/90-years-old-female-movie-theater-director-and-9-drag-queens-2/

森田とひろきが休館中のブルーバード劇場で作った自主映画はこちら
https://youtu.be/-h-k_icR-QM



ひろきくんのTwitterはこちら
@hiroki_tajiri

ひろきくんのインスタグラムはこちら
hiroki_tajiri

昨日

Beppu短編映画制作プロジェクト第一弾
「惡党と物書き」
完成披露プレミアが行われました

私、実は個人的な事情色々とあり🥺
昨日立ち会えなかったのですが

200名もの方々が会場を埋め尽くしてくれました
30分の短編を、別府の皆様が心から楽しんで
エンドロールでは大きな拍手が送られたという報告を
聞いて

目頭が熱くなりました

土屋監督と一緒に演技のワークショップをして
名優・津田寛治さんを前に堂々とお芝居をした
別府の子供たち

そしてエキストラとして
活躍してくれた別府の地元の皆さん

本当に本当にありがとうございました😭

照館長の嬉しそうな笑顔がものすごく元気をくれました

この映画が別府を訪れた方達の思い出に
たくさん刻まれてもらえますように

皆様ぜひ、「惡党と物書き」が観れる
世界でたった一つの映画館、別府ブルーバード劇場まで
観にいらしてくださいね😊

↑このページのトップへ