なんと言えばいいか、ポッカリと穴が空いてしまったような感覚です。
こうして文字でも打ってないと落ち着きません。


幼少期からコメディが好きで、ミスタービーンやバカ殿、ドリフを見ていたことが今日の僕の活動の原点になっています。つい先日もネタを書くときに、小学生の時に見たバカ殿のネタを思い出していました。志村けんから受けた影響は大きいです。それだけに訃報をにわかに信じることはできず、とても悲しい。


芸人というよりは「コメディアン」。今の日本では希少な存在だったと思います。
僕がやりたいことに一番近いことをしていた日本人です。非言語で視覚的な笑いを生むコメディアンとして本当に尊敬しています。

IMG_4768.jpg
バカ殿、変なおじさん、ひとみばあさん
多くのキャラクターを演じていますが、どれも非常識なキャラなのに「本当にこんな人いるんじゃないか」って思わせるほど自然で愛嬌があって大好きでした。

また最近になって志村けんのネタを改めて見ていると、イギリスのコメディのパロディが多く扱われていることに気付き、こんなに売れていても勉強熱心だということに感銘を受けたばかりです。


IMG_4767.jpg

落ち込んだ時は志村けんの自伝的著書である「変なおじさん」を読んで元気をもらっていました。読むほどにコメディに対する姿勢が伝わってきて、本当かっこいいおじさんなんだなと憧れました。


『非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけないんだよ』
とても好きな、志村けんの言葉です。この言葉に何度も励まされた。


いつか実際にお会いしてコントやキャラクター作りの話をしたかった。
「まだまだ死にゃしね〜よ!」とか言って、起き上がってくれるんじゃないかなって今も思うんです。


悔しい。今、僕らに出来ることをやりましょう。