月別アーカイブ / 2013年05月

どうも

今日、職場のベトナム人に

「クタバレ。ッテ、ナンダ?」

と聞かれ、二秒考えて

「fu○k you!!!」

と、答えたもりすけです。

日本人でも一年に一回

言うか言わないかの単語を

どこで仕入れて来たのでしょう?w

まさか日本人にいじめられ。。。?

明日聞いてみます。


先日TVでマグロの解体ショー

をやっていました!

photo:01



脂ののった旨そうなマグロは

捌きたてだと、なお美味いんだろうな

でもなんで、解体ショーって

魚類だけなんでしょう?

焼肉屋の前で牛の解体ショーしてても

おかしくはない。

熟成させた肉を目の前で解体し

そのまま焼いて食す!

photo:02



どうだろうか。

多分ほとんどの人が

酷い、惨い、悲惨と感じ

食欲を無くすと思う。



あれ?でもマグロは?

みんな、すごーい!うまそう!

と言って興奮する。

これって、無意識のうちに

命の重さを決めてないか?

現に、Webや新聞、雑誌でも

愛護団体、NPOなどが取り上げるのは

牛の屠殺の問題。

マグロの屠殺の問題など聞いたこともない。

これは人間の心理

「類似性」の法則です。

出身が同じだったり、趣味が自分と同じ人は

好感が持てますよね!

牛の解体ショーが無いのは

牛が哺乳類で、人が類似性の法則により

親近感を持っているから。

そして結果的に

命に優劣をつけてしまってる。

仕方ないことなんだけどね笑


ただ牛、鯨など

屠殺は可哀想だ、反対だ

という人が、もし他の生き物の肉を

食べているとしたら。。。







僕は肉も魚も大好き!

気にせず食べますが、一つだけ。

手を合わせて

「いただきます」「ごちそうさま」

これだけでずいぶん違う。




はじめまして、もりすけです。

四月から新生活で自己紹介の機会が

多かった方もいるのではないでしょうか?

大抵、名前や出身、趣味なんかを言ったり

お互いを知り距離を縮めますよね?

この自己紹介で絶対に出てくる

ワードがあるんです。。。





「血液型」(´・_・`)

「血液型なんですか?」

「AB型です」

「あー!わかるぅー!
っぽいよね!独特だし」
「うんうん!宇宙人っぽい!」

。。。\(*`∧´)ぷいぷい



いや、わかるけどさ。否定せんけどよ

よく考えてや

初対面で血液型から性格判断されたら

たまったもんじゃない。。。


そもそもみなさん血液型って

何か知ってます?

実は血液中の抗体のことなんですよ

A抗体があればA型
B抗体があればB型
A.Bどちらも無いのがO型
A.Bどちらも有るのがAB型

この抗体、性格や気質には

全く影響ないんです!!!

そう、つまり血液型性格診断は

ガリレオ的に言えば

「実に非論理的で馬鹿馬鹿しい」!!

よく考えたら、生まれた時点で性格が

決まってるって、全くつまらない人生だわ笑


血液型性格診断が

これだけ信用されているのなら

他があってもおかしくない

例えば

①「双子座の人って、
二重人格の傾向あるらしいよ」

②「あのね、兎年の女の子はね
寂しくなるとダメなの。
だからそばにいて」

③「あいつ、西区に住んでるだろ?
無理だなー、方角的に相性悪いんだわ」

どれも馬鹿馬鹿しく思えるけど

皆さん。。。









血液型性格診断も全く同じレベルです笑


それでも

いや、全く信用できない事はない!
だって私も彼も診断そのままの性格だもん!ぷい

なんて方いると思いますが

それ、偶然!!!w

受験生の時、TVを見ていると

あれ?やけに最近、塾のCM増えたな

ってことありませんでした?

実はCMの量は増えてないのに

自分の環境、状況を主体に考えているから

そのCMが目に付き、

意識がいくだけなんですね。

それと血液型性格診断も同じで

例えばA型なら

几帳面、綺麗好き、真面目、引っ込み思案
勝ち気、意地っ張り

などの特徴があるとされてますけど

実際、私目立ちたがりで不真面目だけど

確かに几帳面で勝ち気で意地っ張りだ!!

と、自分との共通項にばかり意識がいき

とどのつまり、血液型性格診断はあたる!

となるんですね。こわいこわい

因みに血液型の歴史を辿ると

人種差別という黒歴史があります。

黒人に多いB型は劣性とされてました。


皆さん、次回から初対面で血液型聞くのは

やめましょう!

次からもどうしても初対面で性格を

ある程度予想したい方は

①兄弟が何人で何番目?
②親の年収は?
③学生時代の生活費、仕送りはどこから?

これを聞きましょう

結構参考になりますよ!笑

ま、聞けないけどね笑









↑このページのトップへ