成長してんなー。
吹っ切れたからかな?
新記録
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6357.PNG
はじめは20回くらいやったのにね!
嬉しい。


話は変わって、
使う言葉に気をつけている。

理由は…
冗談で言ったとして、間違って捉えられて、それが万が一最後の言葉になったら、悲しいから。

昔、フジモンのネタで「○ねばいいのに!」ってのが流行った。
あの時、自分もそれを言ってた。
ガキの頃、テレビを見ながら近くにいた妹に冗談で言ってたんよね。
言うとめっちゃ悲しそうな表情しててさ。
自分では冗談で言ってたつもりやった。

親父も見かねたんやろね。
「おまえ人に○ねなんて、一生言うなよ。」
凄い真剣な顔で言われたのを覚えてる。

(なんなん!冗談やのに…)
そう思ってたのは自分だけ。

[相手が受け取ったものが全て]を信条にしてるから、酷いことを言ってたなぁって思う。

だからこそ、気恥ずかしくても、想いを伝えるようにしてる。

おかげで、色んな仲間ができつつある。
これからも大切にしていきたいなって人たちが増えてきてる。

それが嬉しくて嬉しくて。

俺はあまり社交性が高くないのもあって、話すときめっちゃ言葉を考える。
だから、真剣な話をする時は少しゆっくりなペースになる。

こないだ初めてこんなこと言われた。
「いいよ、言葉選ばずに思った通りに言って。」

凄いなぁって。
言葉選んでるのに気づくってのが凄い。
あんまり言われたことなかった。

そうやって見てくれている人がいることが幸せ。

使う言葉に気をつけて、表情にも気をつける。
そしたら想いが伝わりやすくなる。

これは俺の、生き方の話です。

・人への感謝
誇りとなった人
俺が辛い時に支えてくれた人。
鬱になりかけて、毎日10km走ることを決めて走った。
自分で決めたことを簡単に辞めたくなかったから、風邪をひいても走った。

公言してから走ったんやけど、現実世界でもネット世界でも心配されることはなく、ゲホゲホ言いながら仕事にいってた。

当時、ツイッターのフォロワーは1000人ほど。
毎日アップしてたし、熱も40度ある中10km49分以内に走っても、誰からも反応なくて。

ほんまに独りな気がして、辛さが増した。 
そのとき唯一コメントをくれた人やった。

すごい嬉しかった。
「大丈夫ですか?」
たったそれだけやけど、それだけでも嬉しかった。

言葉を投げかけられるって、こんなにも幸せなことなんやって。

そんな人と仲良くなれて、心を分けあえるような存在となって。

道は違えど志がある仲間になれたこと。
これは自分の人生にとって大きな財産になった。

ありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6356.PNG
夢は見るものではなく、叶えるもの