大事な人が落ち込むと、なぜか自分も落ち込む。
大事な人が喜ぶと、なぜか自分も嬉しい。

そんな風に、大事な人がいると自分の感情が動きやすい。

そんなこと、ない?

もちろん、依存することはよくないから、メンタルコントロールするのはとても大切で。

神経症傾向のスコアが低い俺やから、特にメンタルケアには気をつけている、はず。

昨日も珍しく、何人かの人からLINEが送られてきたけど、大丈夫やから!😂
それなら飯に行きたいくらいっす。

昔ね、こんな言葉を受け取ったことがある。

過去は過去。
今の自分を見てほしい。

これは今も大事にしてる。

例えば
・過去にいじめられた
・過去に散々なお付き合いをした
・過去の自分を好きになれない とか。

そういうのは、気にしてない。

いま目の前にいる人が、何を思い、これから何をしようとしているのか。
どんな気持ちを大切にしているのか。

それだけで十分。

過去がどうかより、これからをどうしたいかが大切

これはビリギャルの題材になった先生から直接聞いた。

過去は気にしない。
これからどうしたいか。

それと同様で、俺もそう思われていたい。
過去がどうとかでなく、いま何をしているかを見られたい。

人はどんどん変わりゆく。

変わっていくと、付き合いも変わっていく。
だから、その瞬間瞬間、同じ時間を共有できる人を大切に。

俺が嬉しいと、喜ばれる。
俺が悲しいと、悲しまれる。

ならば俺は幸せを感じていたい。
今の自分が幸せを感じていれば、少なくとも、大事な人たちが悲しむことは少ないだろうから。 

だから、今の自分を見てほしい。

・人への感謝
追記
勇志
幼馴染。
幼稚園の頃はよくこいつにいじめられた。笑
今でも仲良くしてくれてる。
浮世話が数多くあって面白い。
俺とは異なる人生歩んでるから、好き。

ねーねーねー?
昨日何が起きた?
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6381.PNG

さて、激動の週から明けて、ようやく睡眠もしっかりとれた。

何人かの友達に心配のLINEが送られてきた。
ありがとう。
でもね、今おれ最高にテンション高いのよ!
(繕ってるわけじゃないよ)

選択肢が3つくらいあって、めちゃくちゃ悩んだ。
必死に必死に考えても答えはでてこんかった。
だって、ない頭で考えてたから。

頭の中が本やとして、そこに書かれていないことを必死に探しても、答えはない。
逆さに持ち替えたり、逆から読んでも答えはないわけで。

調べたり、他人の考えに触れてみたりすることで、自分の答えが書き足されていく。

調べた中で一番しっくりきたのが
「叶えたい夢を選択の先にある未来と捉え、逆算して考えていく」byメンタリストDaiGo

初めは意味がわからんかった。
でも、素直にやってみると、答えはでてきた。

大事な選択は自分でする。

良い選択ができたね。
これからもうまく活用していこう。

・人への感謝
同い年でcrewで元バイト仲間
彼女とは、色々接点があった。
同い年やし、他校サッカー部マネージャーで会ってたらしいし、crewやし、バイト先も同じやし。

高校の頃はめちゃくちゃ人見知りで、昔のおれをよく知ってくれている。

バイト先は正直あんまり好きじゃなかった。
俺は時間を提供する代わりに金を稼ぐことしか考えてなかったから、余計な仕事増やして動かされたくなかった。
所詮2年しかおらん場所って思ってたから。

プロ意識がどうとか、気にしてなかった。
提示されてた内容はしっかりしてたからね。

自分が店長なら、2年で辞めるバイトの人間なんて手駒にしか思わんやろうから、シフトも自由に組ませてもらった。

いつ辞めてもいい中で、彼女がいたから辞めずに続けてたと思う。
実際引き止めてくれたのも彼女やし。

就職して、バイトをやめてからも交友関係がある。
俺に彼女がおらんかった時期は毎月電話してた。笑

ずーっと話を聞いてた。

かなり気を遣う人やから、彼女ができたら連絡をパタンと閉じられるけど。

男女の友情が成立してる、そんな相手。

昨日も心配してLINEくれた。
ありがとう。

音楽ってマジで凄い。

曲を聴いただけで、過去に聴いていたときの描写が鮮明に思い出されるから。


・人への感謝
こんちゃん

地元が一緒で、こんちゃんの兄貴とは同級生。
特に関わることはなかったけど、バイト先が一緒になってから、仲良くしてもらってる。

めちゃくちゃ話が合う。
特に、あの話。笑
めちゃくちゃ共感できるし、されるし。
おもしろい。

2016年は2人で鳥取まで車飛ばしてライブ行ったし、男祭りも一緒に行った。
先日は久々に3時間くらい電話した。
いやーーーー楽しい。

また2人で飯、行きたいな。
ありのままの自分を受け入れてくれている、大事な男!

↑このページのトップへ