※2020年3月11日、加筆修正しました。

国際線は運行便の縮小が目立つ。

キャンセル続出だから、
しょうがないね。
代表的な例は、
中国便やアメリカのユナイテッド空港便なんかだ。

一方、国内便でもキャンセルが目立つようだが、
気になるキャンセル料については
各航空会社任せのようだ。



3月19日以前は
大体の空港会社は、
国内線の予約をキャンセルしても、
キャンセル料はかからないところが多い。
(ピーチは、相変わらずかかる。
私が私用でキャンセルした時もかかってしまった苦い経験がある。
ま、安いけどね。)

19日以降は政府の対応次第で様子見のようだ。
そして減便に踏み切るようだ。
北海道新千歳空港から羽田便を中心に減らすようだ。
※2020年3月11日加筆修正。
その後、多くの航空会社では、
キャンセル料無料期間は延長された。
(キャンセル時期の条件あり)
各航空会社によってまちまちの対応なので、
ここではJALのホームページだけ
貼っておく。
キャンセルしたい方は
自分の申し込んだ航空会社のホームページを
チェックすべし。

うぅむ、旅行業者が気の毒になる。

新型コロナウィルス患者があまり出ていない
アフリカ方面の旅行企画なんかしたら
面白いかも。
(でも、遠すぎるから高いんだろうなぁ)


旅行や娯楽、外食。
楽しいんだけど、
こういう時、キャンセルだらけで
気の毒だ。

食べ物関係は、
学校休校で、
学校給食(特に日持ちしない牛乳系)関係者は
大変だろうなぁ。
自治体によっては
余る食材を市民に安く提供しているようだが、
うちの市ではしていない。

逆に儲かっているのは
マスクとトイレットペーパー作っているところ、
家で食べる日持ちする食品関係か?

スーパー、ドラッグストアも
買い占める人間で潤ったかな?

しかし、なんと言っても
1番儲かっているのは
動画配信、ゲームやネット通販。
リモートワーク関係の会社。
(zoom、Skype辺りか?)
娯楽から、仕事まで
ネット関係の仕事は申し込み殺到してそう。

しかし、
外食産業や、
ラウンドワン等の個室遊戯、
テーマパーク、
ライブハウス、ドーム等の観客動員系等
人が集まるところは
死活問題だ。

小さい飲食店は、
テイクアウトを始めたり、
宅配できるように切り替えている店もあるようだが、
収まるまでモノの売れ行きは悪くなるだろうなぁ。
また不景気か。

IMG_20200305_181522_691.jpg
今日はパン屋を中心に小規模店で買い物した。
コロナウィルス対策か、
前はむき出しでトレイの上に並べられていたパン達が、
ビニール袋に包まれて
置いてあった。

小さいお店は客足が遠のいて大変だろうが、
何とか頑張ってほしい。