Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン
Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため、学ぶ側は質の高い学びを得ることができる仕組みが整っています。
brain-market.com

Screenshot_20200211_082729.jpg

※プラットフォームnoteに私は

「人生、転職、やり直しゲーム」という

ブラック企業に就職してしまった人間が人生を変える

ノベルゲームを書いている。

LINEblog「森野林檎雑記帳」は、

そのまま雑記メイン、と、使い分けていたのだが、

note方面で怪しいビジネスをオススメする輩が増えてしまったので、

この記事を書きました。

LINEblogの方にもコピーを残しておきます。



ここからコピー

noteと違い、アフリエイトができる、噂のプラットフォーム

「Brain」が2020年1月31日にリリースされたよう。

記事を購入できるのはnoteと一緒だが、

アフリエイト機能つきで、

noteからお引越しする面々がいるようだが、

実際はどんな感じ?

サイトを見ると、カネもうけ系が多くて

情報商材の臭いがする。

ちょっと調べておいたのでまとめのメモ。


その1 Brainはnoteと違い、アフリエイトできる。報酬は高額。

しかも、アフリエイト単価が高い!

例 1000円で売っている記事。

noteは他人の記事をお勧めしても金はもらえないが、

Brainのアフリエイトは自分がおすすめして、

誰かが買ってくれたら、

記事の作者は250円、

紹介者は250円貰える。

売っている人より、アフリエイトで勧めた人の方が楽に儲かる。

凄い!

アマゾンとかより高いんじゃないの?



その2 しかし、記事をおすすめするレビューの質は?

アマゾンは中国製品のフェイクレビューに困っているようだが、

(ツイッターなんかでフェイクレビューを書く人間を募集している。

品物代金と謝礼をペイパルで払うってやつ)

Brainも同じ道を辿るのでは?

Brainの記事を買ったアフリエイターは

おすすめできない内容でも、

アフリエイト代金欲しさにおすすめレビュー書くから、

本当にいい記事かどうかサイトを訪れた一般人はわからなくなるのでは。

それに、アマゾンはフェイクレビューがばれたらアカウント停止等

アマゾンが使えなくなるが、

ブレインは対策はとっているのか?

「Amazon帝国潜入ルポ」横田増生によると、

アマゾンは、アメリカで訴訟までおこしている。

サイトの信用が落ちるからね。


アマゾンのフェイクレビューについてはこちらから

ブログの下の方に本のまとめが書いてある。

Brainは、アマゾンですら手を焼くフェイクレビューだらけで、

インフルエンサーのアフリエイトやりたい以外の人には

胡散臭い記事だらけのサイトに見えてしまう。

フェイクレビューだらけのサイトの記事を買いたいと

普通の人間は思うだろうか?



その3 クソ記事対策は一応しているようだが…

プロの書いた本でさえ、

タイトル負けや、ハズレ、好みがある。

昔、

ファミコン発売前「アタリ」という家庭用ゲーム機があり、

ファミコンと同じようにゲームソフトを買うタイプで、

アメリカで普及したが、

サードパーティ(カセットを作る会社)がたくさん参入すると、

クソゲーが多くなり、

消費者が買う気がなくなり、在庫だらけになり、

市場は崩壊してしまった。(アタリショック)

その後、日本では、任天堂がサードパーティを監視する方式を取り、

ファミコンは大成功を収めた。

無料のクソには世間は優しいが、

アフリエイトが勧める有料クソは、次は記事を買う気がなくなる。



その4 結局参入するかしないか…?

Brain,面白い試みだとは思うが、

ツイッターで

イケハヤ、マナブ等のインフルエンサーのBrain記事をおすすめして、

アフリエイトで稼ぎたい人間のレビューが多くておなかいっぱい。

あまりにも多いステマ。

しかも、「イケハヤの記事のアフリエイトでBrainで稼いじゃった!」スクショが

簡単に作れることが判明。

え、稼いでる!と思いきや…

数字作っていただけかい!のオチ。

与沢翼っぽい。

ちょっと、ハイエナが多くて引いてしまった。


その5 インフルエンサーのBrain記事は、アフリエイターは買うが…

今、レビュー書くためにアフリエイターが買っているが、

おちついたら、果たして普通の一般人は買うのかな?

インフルエンサーのファンは

無名のアフリエイターのレビュー記事からではなく、

インフルエンサー本人のページから直で買うのでは。

もともと、インフルエンサーの記事なんて、

ファンは誰かにおすすめされなくても勝手に買うのでは。

逆に

インフルエンサーが無名の人の記事をおすすめすることはまずないだろうし、

(ほかのインフルエンサーの記事は勧めるかも)

アフリエイトで稼ぎたい人は

教材を買うことでインフルエンサーに利用されるだけで

大してメリットがないのでは?

マルチ商法の下っ端のように。

儲かるのはインフルエンサーだけで、

アフリエイターは大して儲からない気がする。

「憧れのマナブさんが、俺のレビューツイートをリツイートしてくれた!」

なんて喜ぶくらいでは。


その6 結論

将来、いいサイトに化けるかもしれないが、

フェイクレビューだらけの今は、

ちょっと関わりたくない。

イケハヤ、マナブ、りゅうけん以外は、はたして得するのだろうか。


※私はブレイン自体は嫌いでは無い。

noteと差別化をしようと頑張った結果、

怪しい界隈になってしまったのは残念だが、

情報商材大好き系ではなく、

普通にノウハウを持っている人に声をかけるか、

Amazonみたいに

「このレビューは参考になった」

等、レビューに星をつける機能をつけるなど

工夫があったら、

もうちょっと、良質なサイトになっていたかもしれない。