月別アーカイブ / 2019年07月

今回のハイライト。
今回は想像通りの内容だった。
町民も応援しているようだし、
頑張って交流イベント参加して、コミュニケーション取ってきたのが効いている。

黄色が内容です。

メンバーのおさらいからスタート。

まりえファン一同から開店のお祝いの花が届いていた。

昼の弁当の原価と値段の調整が難しい。
作る手間はかかるが、弁当は、高い値段取れないよねぇ。

電器屋さんから赤飯の差し入れが。

ランチ営業スタート。
お客さんが続々来る。

料理を早く出したい平岡。
しかし、さとるは順番通りに出したい。

ここは平岡が正解だ。
仕事の合間は、ぱっと食べたい。
提供が遅いと困る。

ラーメン屋みたいに「注文内容により、提供に差が出ます。ご了承ください」って張り紙したら?

30分待たせたお客さんもいたが、
店はあっという間に満席に。

東京から来た進藤のファンもいる。

「高い」とお客さんに言われたので、
ランチ900円均一の食べ物のメニューを値下げした。
パスタも登場。

東京で900円のランチは当たり前かもしれないが、
田舎では、900円のランチだと、
しょっちゅう通えないかも。
たまに行くなら900円でもいいけど。

会計は、
キャッシュレス
スマホでクレジットカード対応。
スクエアレジ導入。

初めて見た。

ホリエモンのオンラインサロン
HIUのデザイナーが作ったエプロンと制服が登場。
ロケットつき。

過去に「ロケットをテーマに」なんて言っていたが、さりげなく取り入れられたね。
ロケット問題の回はこちらから。



ランチと夜の営業時間も短くした。
特に夜は開店を7時から5時に、
閉店午前3時を12時に変更。

深夜の長時間労働はキツイよね。

夜の日本酒のオススメはホリエモンプロデュース「想定内」「想定外」。
仕入れ値3万2千400円を店舗価格5万400円で提供。

店の高い酒がルイ14世とか、
よくあるやつじゃないのが目の付け所が良い。
他店と差別化できて、
レア感ある。これはいいかも。


おつまみに松野手作りの松野家のキムチ。


昼に来てくれたお客さんがもう一度くる。

カラオケもつける。
大樹町町長さんも来た。
町長さんノリがいいね。
町民とコミュニケーション取っていたから、来てくれたんだね。
関係者との飲み会は第2回にあった。
さとるが奢ってもらったのに、黙って先に帰った回だ。

オープン日の売上19万4千300円。
シャンパンや日本酒も売れた。

しかし、5人総出で何とか切り盛りしている状態なのを何とかしたい。
人件費がかかる。
お客さんも提供が遅れても、
オープンしたばかりだから、
待ってくれているが、

バタバタだ。

慣れてないのもあるだろうが、
あまり待たせすぎるのも良くない。
場をもたせるカラオケがあるにせよ、
田舎の個人店はよく、人件費ケチって提供が遅い事があったりする。
人件費分会計の値段が高くなるのも嫌だが、
提供が遅いと、早く切り上げて別の店にいこうかな、と思っちゃう。


次週予告、
ホリエモン登場。
人手問題は、
リゾートバイトで売上の10パーセントで働く女の子を募集するのか?

今回は、まぁ、想像通りの内容。
宣言通りに、100日でオープン出来て頑張ったね!凄い!
100日オープンできたが、番組はまだ終わらない。
評判いいのかな?
番組、結構長く続いているな。
地方番組の活路になっているかもしれない。
「マネーの虎」
みたいに、アイディア批評番組はあったが、
実際にオープンさせたり、
実業家のテクが満載の番組なんてあまりないから、他の地方局も真似しだすかも。

次回 17 はこちらから。

2019年7月27日放送。

Twitterで話題になっていたが見逃して、
クソ、と思っていたらYouTubeにアップされていた。
この動画は直ぐに消されるでしょう。
ユウキとかいう中国のサイトに残されないかなぁ。

いい内容なのだが。
もったいないから、内容をメモしておきます。
内容は黄色です。

ナレーションはオダギリジョー。

ヤクザと違い、犯罪組織として曖昧な半グレ。
そして
半グレに加担する素人。
京都で、大学生が街でナンパした子に恋愛関係に持ち込み、半グレ経営のバーに連れ込む。
高くてオサレな店に何度も行く。

高い酒を飲ませて、
まとめて請求。
100万円の借金を作らさせ、
店と大学生からフーゾクで働いて返すよう言われる。
返せないなら親に返してもらうと言われる。

大学生は、女の子をフーゾクに沈め、店からキックバックを受け取る。

騙した大学生は、
「地方から来た子とか恋愛した事ない子とかいますね」
なんてサラッと言うが、

場面は変わり、被害者登場。
この事件のせいで引きこもりになった。

結婚を匂わせるLINEを見せてくれた。
「将来一緒になるんだから支えて欲しい」
飴と鞭で洗脳。


…これはヒモや結婚詐欺と同じでは。

大学生達を操っていたのは30代の半グレ。
京大、立命館大学、同志社大学等の大学生60人以上を使っていた。
チャラ系ではなく、黒髪イケメンが多いのもポイント。

多いなぁ。
「新宿スワン」みたいなスカウトマンや、
よくいる自称大学生は、
女子大生は直ぐに危ないヤツだと見抜けるけど、
本物の京大生がまさか結婚詐欺まがいの騙しでフーゾクに沈めるなんて思わないよね。

詐欺のマニュアルが、会社の新人研修のようだ。
「今の時代を勝ち抜く方法」
「この会社は、一流の社会人を輩出することを目標に掲げています。」
「いつまでも親のおもちゃではダメ」
として詐欺をさせていた。

キャッチーなフレーズでその気にさせられたのか。
一見、面倒見がいい。
意識高い系の選民意識を植え付けて、
ブラック企業の洗脳新人研修のようだ。

大学生はバッチリ洗脳された。
「自分を変えたい。
しっかり営業成績を残そう。
ただの大学生とは違うぞ」

詐欺の「営業成績」か。
騙した、泣かした女の数と思わないように、
洗脳半グレ集団は耳障りのいい言葉を選んでいるなぁ。
そして若いヤツは騙されてしまうのかな。

騙された女の子が訴えて、
9人逮捕。
証拠不十分で逮捕されない方が多かった。

逮捕、少ないなぁ。
大学生だけで60人くらいいるんだよね。

逮捕逃れた大学生
「社会勉強だし、自分のためになると思ってやった」

詐欺の勉強か。

大阪で取材に応じた半グレ2人。
捕まるようなことをしていないから顔だしOKだそうだ。
「パクられても俺ら勉強して戻ってくるだけ」

すぐ戻ってこないでくれ。
日本の法律は、
暴力系にはうるさいが、
詐欺系に甘いからなぁ。
政治家が、詐欺師から金貰っているから
詐欺に厳しい法律は作られないんだよ。
法律厳しくしたら政治家が捕まっちゃうからねぇ。
(漫画「クロサギ」より)

取材に応じた半グレ2人はどんな人間なのか?

ケンムン(本名はしっかり出たが、ここでは割愛します)は元格闘家。
診療報酬関係の詐欺で保釈中。

テポドン過去に傷害をおこし、今はミナミで飲食店複数経営。

2人は、警察に重点取り締まり対象にされているが、
街の顔で、堂々と街を歩いて挨拶されている。

犯罪はしていないと主張する2人だが、
NHKは犯罪していた半グレグループの男に取材した。
この男は、ぼったくりの店で法外な料金を請求していた。
高い!と言われ、お客さんと一緒に警察に行ったこともある。
交番は「それは裁判してくれ」と、
民事だからノータッチ。
半グレの活動を見逃す交番。

こういう時、民事だからと言って、警察は役に立たない。
詐欺まがいだと思うが、
ナニワ金融道でもあった。
先物取引で騙された教頭先生が交番に駆け込んだが、
「民事不介入」で終わった。
その後教頭先生は睡眠薬を大量に飲んで自殺してしまう。


警察介入がないことをいいことに、
「ほら、警察も言っているでしょう?」と、
客が金を払うまで帰さなかった。

お上お墨付きのぼったくり。
法規制しろ。
ぼったくった売上は、
半グレ幹部が吸い上げていた。
売上が少なくて怒られることもあった。

テポドンにぼったくりやっていないかと詰めるNHK。
ぼったくりはやっていないが、
出資して金を貸した店から、
いつまでも金を返済させていたことが発覚。
売上の15パーセント。

大きいなぁ。
投資系で10パーセント以上はありえない、詐欺だと言われるが、
こっちは、投資家が詐欺師だからなぁ。
15パーセントは取りすぎだろ。

しかも、店が潰れるまで出させるよう。
吸血鬼みたい。

やり口はまるで闇金のようだ。

これがヤクザだと、暴力団対策法で
下の違法行為はトップを捕まえれるが、
暴力団対策法の対策となっていない半グレはできない。

テポドンもヤクザにスカウトされたが、
銀行口座をつけれない、
家を借りれない、
捕まったら罪が重い、
等の法律の締め付けがあるからヤクザにはならなかった。

ゆくゆくは昼の仕事もしたいとテポドンは言う。
金の指輪に時計。
バブル期の不動産屋みたい。

別の半グレグループのリーダーは、インフルエンサー。
本業は、夜の飲食店、飲み屋とキャバクラで稼いでいるのかな?
「ヤクザじゃないから顔出し大丈夫」
SNSのフォロワー数1万3千人。
広告のモデルに使う会社もある。
仕事を手伝わないかといえば、申し込みが100件くる。
憧れている若者からカッコイイとメッセージも沢山。
来るものは拒まない。

インスタかな。
凄い。
普通の会社の偉い人って忙しいから、
フォロワーにそこまで面倒見良くないよね。
そうやって若いヤツが寄ってくるんだ。

元大阪府警刑事課長登場。

元、か。
現役は取材に応じないよね。

暴力団はいつも同じメンバーでつるむが半グレはメンバーが変わる。
半グレリーダーを摘発したが、グループは壊滅しなかった。
サークル感覚で入る予備軍が沢山いるから中々壊滅できない。
しかしやっていることはヤクザと同じ。


80年代に暴走族として怒羅権(ドラゴン)を立ち上げたリーダーにNHKが取材。
中国出身の男。
先輩が暴力団との抗争で命を落とした。
街にいるヤクザを襲ったり、
事務所の看板を割ったようだ。
1992年、暴力団対策法が出来てから
怒羅権は歌舞伎町に進出。
ヤクザに代わり、億単位の金を得た。
逮捕されてからは、
刑務所の受刑者に本を贈るNPOの代表を務めている。

関東連合の市川海老蔵事件の新聞の見出しもここで登場。

2012年、六本木で一般人を集団でバットでボコボコにして捕まった関東連合元リーダー、手紙で取材に応じた。

判決は不服申し立て最中との事。

IT企業や芸能界のケツ持ちをしていたよう。
政界VIPや芸能界との付き合い が発覚。

そして宮迫博之の闇営業で反社オレオレ詐欺のパーティで歌う映像。

オレオレ詐欺の中枢にいた男登場。
半グレと違い、顔出しNG。
詐欺で個人で50億稼いだ。
グループ全体だと、数百億円。

詐欺を持ちかけると3ヶ月で50人が集まった。


スゲー。

オレオレ詐欺で捕まるのはネットで募集した末端のみ。

若者の失業率が高い沖縄。
半グレの末端で働いていた男が取材に応じた。
こっちも顔出しNG。

友達から仕事があると誘われ、東京に向かった。
連れてこられたアパートは沖縄の若者ばかり。
仕事は詐欺の受け子だった。
報酬は2万円。
駆けつけた警察に追われて逮捕。

その後、沖縄に戻り結婚。
仕事は時給900円の居酒屋のアルバイト。

副業で、
お茶のネット販売、
これから探偵の許可をとる。
エステなど合法ビジネスを展開していると言うが、お茶に探偵にエステかぁ。
どれも胡散臭い。

ネット販売のお茶は、無理やり定期購入契約させたり、胡散臭いイメージがある。

探偵は、会社を乗っ取ったりする「事件屋」の匂いがする。(「極悪がんぼ」の主人公は「探偵」を名乗る事件屋だ)

エステも怪しい店が多い。
無理やり定期コースに申し込んだり。
そもそもエステで痩せない。

元は詐欺で稼いだお金を運営されている。
「カモリスト」も健在。
証拠隠滅、
溶ける紙で出来ている。
証拠になるので警察に踏み込まれたらすぐ溶かす。
どんな人間でもウェルカム。

普通の会社より人を選ばないから、
次から次へと加担する人間がいるんだよな。

話は風俗に女を沢山売り飛ばした街、京都に戻る。

被害者の女の人
「なんであなた達は普通にのうのうと生きているんだ。裁判でも実刑にならない。」

捕まらなかった大学生
「人の人生狂わせた。やらなければ良かった。しかし、そういう経験もできた、ラッキーと思っている自分もいる。
この仕事で培ったコミュニケーション能力で一流企業で働きたい」

犯罪に加担した意識がない。
反省の色がない。
舐めとんなー。
しかし、サラリーマン務まるか?

オレオレ詐欺の加担者もこんな感じで、
洗脳されて、
「詐欺やられるほど若者に金が回ってこない今の世の中が悪い」
って悪いことした意識が低い。
そして簡単に稼いでしまったので、
サラリーマンやる気になれなく、
貰った金をギャンブルで溶かしたり、
商売始めるにしても怪しいコンサルタントに引っかかって、金をごっそり持っていかれる。

一方、半グレグループの
インフルエンサーのリーダーに、
九州からわざわざ逢いに来たファンの女の子がいた。
こういう金持ってブイブイ言っている男、勢いが、あるから好きな女いるからね。
ファンってだけで会ってくれるなんて凄い。
普通の人は、インスタのファンに会わないよね。

半グレの金と権力に惹かれる若者が寄ってきて後を絶たない。


素人に変に儲けさせてしまうため、
協力する人間が沢山いる。

半グレと言っても、
元々ヤクザの仕事を
現代風に引き継いでいる。

(飲食出資して売上をみかじめ料として取るタイプは闇金と似ている。
キャバクラ等夜の飲食経営やぼったくりバーもヤクザがやっていた)
と、詐欺系
(オレオレ詐欺、)
人集めリクルート系
(女を風俗に沈める、オレオレ詐欺の末端人員募集、インフルエンサーは半グレ予備軍確保)

薬系は今回出てこなかったな。
ここはまだヤクザなのかな?

金を貰っている政治家が半グレ対策の法律を作られないようにして、
ヤクザが上手く半グレ使って出資して、投資のリターンをかすめている流れかな。
シノギのアイディアはヤクザからだからね。
ヤクザは何もしなくて、
半グレだけで儲けている件は、
上手くヤクザと関わりを切った半グレだろう。


そして、半グレは、
ヤクザのように、
ファミリーに入る雇用契約(杯を受ける)がない。
ここはよしもとと共通している。
よしもとも雇用契約の書類がなく、
来るもの拒まず去るもの追わず。
よしもとと違い、半グレは儲かっているから、ちゃんとギャラを払うようだが。

このウェルカム体質、
フレンドリーに会ってしまうのは、
まるで漫画のワンピース。
まぁ、船乗りとして相応しい人だけが最終的に仲間になっているが、
ルフィはその辺の雑魚キャラにもフレンドリー。
寂しい若者は引っかかってしまうだろう。
この面倒見の良さは普通の会社も見習って欲しいところだ。

普通の会社は、
優秀な人が欲しいし、
1回雇ったやつを簡単に首に出来ないから、
人材を確保する時に吟味する。

しかし、反社が
誰でもウェルカムで、フレンドリー。
金をしっかり払っていたら、
普通の会社は、
反社に人材を取られて
人材を確保するのに不利だよね。

普通の会社が
「見合いで、男とやってもいないのにあれこれ選り好みするうるさい女」
で、
半グレ集団が
「ビッチで、誰とでも寝る、でも、確実にやらせてくれる、いい男は離さないずる賢い悪女」
に見える。

選り好みする女の気持ちは
「変な男に引っかかりたくない」で、
こういううるさい女より、
男が寄ってくるのは、
うるさくない悪女。

半グレは、学歴、年齢、で差別しないし、詐欺のマニュアルなんか作って、誰でも一から教育してくれる。
社員教育を学校に任せっきりの会社、
資格が無いとダメなんて言っていたら、
勢いのある優秀な人材は半グレに持っていかれるぞ。

ヤクザっていつも時代の合わせて形を変えて上手く生きているからねぇ。

半グレに献金されて法律作らないでいる政治家を絶滅しないと
半グレはやりたい放題だな。

そして、この番組が、
松本人志のすべらない話の
裏番組。

NHKは、よしもとの株主じゃないから宮迫博之の映像もしっかり流して、
受信料問題はともかく、
民法番組では出来ない良い番組だった。

















保険、もう日本人のほとんどが入っているから、新しく入る人は中々いないよね。
お寒い業界って認知症の人に次々販売するから、高齢の一人暮らしの方や親族の方はご注意を。
契約者や、同じ品物が沢山ないか、
尋ねた時、
郵便箱なんかをチェック!


一人暮らしの高齢者ターゲットのしょうもない業界を抑えておこう。

新聞
(昔からしつこいが、最近では、
数ヵ月後に切り替わる契約がメイン。
景品を沢山付けて、契約書にサインさせる。
物覚えの悪い人は、
数ヵ月後に新聞が切り替わっても自分がサインした事すら覚えていない。)

保険、冠婚葬祭互助会
(今は金融商品としての魅力もない。
元本割れすることも。
互助会は病気になってもお金が貰えない。)

布団
(訪問販売の布団は店舗の布団屋よりずっと高い。)

健康食品、ヤクルト
(そもそも栄養は日々の食べ物から摂取した方が良い。
健康食品は訪問販売より薬局の方が安い)

化粧品
(これも、訪問販売やマルチは沢山買わせて、箱があったりする。
ちふれで充分。
高いからといって綺麗になれない。
なにもつけないのが肌に1番良い)

光回線
(NTTやKDDIを名乗る、営業の下請け代理店。
「今の電話が使えなくなる」とウソをついたり、
ネット使わない年寄りに、
「今より安くなる」と、
使わないネット回線や余計なオプションを付けて会社を変更させる。
かえって高くついたり、
電話料金を2つの会社に2重に払っていたり、
解約したいのに、2年縛り等を理由に工事費を負担させる。
プロバイダ料金は2ヶ月遅れて請求がくるので、
本人が契約したことを忘れていた時に請求が届いたりする)

携帯電話
(最近は家に売りに来るようだ。
ショップの方が安い)

認知症の人にいろいろ売りつける会社は、
常に人手不足。
まー、働いている人に良心があるなら、その人のためにならないものを売りつける仕事なんて、精神は病むわな。

若者は営業の仕事をする時、
面接に行って、
ハローワークと違う条件を出されたら、
ハローワークにチクっておこう。
務めて、ハズレですぐ辞める羽目になっても、
一矢酬いるために条件と違ったと苦情を入れておこう。

苦情の多い会社はハローワークでは扱わなくなるよ。




「営業チラシポスティング」なのに、
営業マンにならないかとしつこく誘う。

「サラ金のティッシュ配り」なのに、
お金の管理等手伝わせる。

「ハローワーク規定では有給あり」
「予算ないから、有給なしで」

「営業は断られた時から始まる」
とか、
昭和の営業をゴリ押しする上司
(「断ってもしつこくする」は消費者契約法違反だぞ!)

「自腹で買え」
(スーパー、コンビニ等小売店、保険業界に多い。
保険業界は「自爆営業」という名前で有名)


労働条件といえば、
ビートたけしが吉本に「闇営業するほど雇っているやつに金に困らせて。給料払えないならそもそも雇うな」と苦言している。

「そもそも、給料安いのが気に入らないなら、吉本に来るな。嫌なら辞めろ」
は、吉本の偉い人の言い分だが、
強者の理論。
それに、ちょっと時代に合わなくなっているな。

たけしの「ギャラ払えないなら、初めから雇うな」は、
私はたけしに賛成だ。
「いつか売れる」と芸人に
はじめに養成所のお金を払わせて、夢見させて、
ギャラ少ないのは
ちょっと酷い。
養成所の入学式で「このメンバーの9割は売れない」宣言しているようだが、
養成所にお金を出している人間は、
「自分は売れる1割の人間だ」って思っているんだから、
9割宣言を免罪符にして、ギャラが少ないのは芸人は困る。

吉本の意識は遅れている。
「芸人とは、そういうもの」
「ダウンタウンやさんまみたいにビックになったら払う」
理論でゴリ押しするのは時代遅れ。

それと、よしもとは売れる前の芸人による
リアルイベントが多い。
リアルイベントは、人数があまり入らないようなキャパでも、場所代が凄く高い。
場所代が高いところでイベントをやると、
芸人にお金があまり落ちないことを芸人に伝えているのかな?
リアルイベントは、芸人の練習になるようだが、芸人にお金が入らないなら、
YouTubeで練習させた方が良いのでは?
よしもとはリアルイベントにこだわりすぎだから、他の事務所より芸人にお金が入らないのでは?

劇団員とかもリアルイベントで場所代がかかるから、会場が満員になってもお金が貰えない。
劇団四季も黒字化するのに
学校とか、たくさんの人間が予約するようあちこちに営業をかけている。
そして、YouTubeにアップしていない。
DVDを買った人のみうちでもライオンキングやキャッツを楽しめる。
劇団四季の俳優にちゃんと給料は入っているのだろうか?

リアルイベントでお金をお笑い芸人や劇団員に払いたいなら、
会場代を安くする工夫をしないと無理。
土地や会場の所有者は誰だろうか?
値下げ交渉して、安くしてもらうか、
お客さんを増やしてブロードウェイ規模じゃないと無理なんじゃないかな?

よしもとは芸人のギャラを少なく払うことでリアルイベントを黒字化しているようだが、
その前に会場費が高いのを値下げしてもらうべき。
芸人に給料払えないなら、
YouTubeで活躍させるべきでは?

日本は飲食店やリアル店舗の小売業なんかが、高い場所代払うのために労働者の給料けちる例が多すぎ。
まず、場所の持ち主に値下げ交渉してから芸人の取り分を決めるべき。

私は家賃を値下げ交渉したことがある。
家賃が高くて困っている事業主は
人件費カットより、
場所代値下げ交渉をすべきだ。

私は住んでいるアパートの家賃値下げを交渉したぞ。大変だけど、吉本は芸人の給料確保するために、高い場所代を何とかするか、
リアルイベントやめてYouTubeに移行すべきだ。

家賃値下げ交渉についてはこちらから。

法律的には、
芸人の給料は個人営業主となるから、
売上制の生保レディや新聞勧誘員と一緒で、
コンビニバイトより安い時給になっても、
労働基準法に引っかからないようだが、

今はブラック企業に対して
世間の目は思いっきり冷たい。

なぜなら、世間のほとんどの人は
現在ブラック企業に務めているか、
転職失敗したら、ブラック企業に当たってしまうことを知っているから、
自分がいつか当事者になる可能性を薄々感じている。

よしもとの体制は、いつか責められる運命だったんだ。

和民だって、渡邉美樹は敏腕経営者として持ち上げられていたけれど、
今やブラック企業の代名詞。
ブラック企業だと知って、
和民の客が減ったので、
「和民」の名前を出さない店舗を増やした。
「鳥メロ」や「ミライザカ」ね。
「よしもとの芸人に人権はない。
覚悟してこの世界に入った。
普通の従業員が亡くなった会社と一緒にすんな」
と、反論がきそうだが、
よしもとの芸人は人間だ。
ご飯を食べないと生きていけない。
今は、吉本がモデルになったドラマ「わろてんか」の時代ではない。
やりがい搾取は人権無視だ。

「気に入らないなら辞めろ」は、
才能ゼロだったらすぐ辞めたらいいが、
ちょっと売れている中途半端な人は困るな。
他の事務所に移りたくても、
吉本にお世話になったギリがあれば移籍はしにくいし。

よゐこが、事務所を決める時
「よしもとだけはやめておこう」と
よしもと回避したようだが、
お笑いでビックになれる事務所イコールよしもとの図式のイメージは多くの人にあるだろう。
特に地方ではよしもと以外地元に事務所がないからね。


やはり、今はテレビよりYouTubeの方が、
儲かりそうだな。
芸能人にもテレビ離れがおきているからな。

ただ、YouTuberは
オレオレ詐欺犯人等反社から営業依頼きても、
反社って気づくかどうか…
自分で見分けを付けなくてはいけない問題があるけど。
YouTubeの事務所、UUUMは、どうしてんだろ?

吉本闇営業や、
YouTuberの危険性についてはこちらから。
えらいてんちょうの動画の感想。











↑このページのトップへ