月別アーカイブ / 2019年04月

最近人気のまっすぅ、
アムウェイ勧誘手口と論破。理論的でいいね。

顕正会という宗教の闇暴露のえらいてんちょう。
「脱社畜サロン」の正田圭さんのプロフィール盛り指摘が鋭い。

炎上する脱社畜サロンと独りで勝手に発狂するイケダハヤト - 32歳その日暮らし
みなさんこんにちは。インターネットで巻き起こる炎上ネタが大好きな、管理人のYoshikiです。 先日行われたZOZO前澤社長のお年玉イベント。それが終わった矢先に、まさかこんな騒動が起きていたとは……。 僕がツイッターから離れた途端にこういう事が起こってしまうんだから、やっぱりツイッタランドは面白いところですねぇ(笑)。 スポンサード リンク // 大まかな経緯はツイッターと5chを中心にざっと読んでみたのですが、 脱社畜サロンのオーナー、正田圭(以下、正田)さんのプロフィールに虚偽? とまではいかなくとも盛ってる? よかったら説明してくれない? とえらいてんちょう(以下、えらてん)さんが質問…
www.continue-is-power.com



人気YouTuberの架空請求詐欺摘発動画。

ユニバーサルプライムの怒りはごもっとも。
家族に詐欺師から連絡きたら、
怒るよね。

これだけ動画がブレイクしているのは、
自分や大切な人が詐欺、宗教に巻き込まれて嫌な思いをした人や、
関心ある人がたくさんいるってことだよね。

えらいてんちょうの
宗教2世の方なんて、
お母さんに自分が洗脳されちゃったんだから、
長年辛い思いだったろうな。
お母さんはまだ顕正会に洗脳されたままだが
勇気を出してよく出演したね。
偉い。

どうも、「騙された人は自己責任」論が多くて、個人の権利や、基本的人権を蔑ろにしがちな国、日本。

特にアムウェイを代表とするマルチ商法詐欺、
これ長いよね。
まだこの会社存在していたんだ。

ところで、マルチ商法庇護の有名人ってたくさんいるよね。
特に、セールス、自己啓発の本を出したりしている人。
マルチ商法の会社から、セミナーの仕事を貰っているから、マルチの味方しているようだけれど、
自分の評判落としているの分かっているのかな。
マルチ商法のバイブルとしては「金持ち父さん貧乏父さん」が有名だ。

マルチ商法のバイブルのこの本は、読んだことがないが、

こっちの「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」は、貰って読んだ。
詐欺師によくある、
話の殆どはまともだが、
チョロチョロマルチ商法すると勝ち組的な記述が引っかかりました。

まぁ、ベストセラーだけあって、
人を前向きにする仕掛けがされた優秀な本。
大富豪がポジティブで、教えを乞う主人公がネガティブというキャラで、
ネガティブな人もポジティブな人も違和感なしで読みやすく工夫はしてあるな。

この作者、毎年手帳を出していて、
こちらでも稼いでいますな。
養分にされないように。

こちらの方の指摘が鋭い。

本のエピソードで、
電球を個人宅に個別販売するが売れない主人公。
無料で付け替えをしてあげることを思いつく。
早速交渉してみると、おばあさんが買ってくれた。家に入れてもらう。
電球の付け替えが終わり、おばあさんとお茶して話を聞いてあげると、気に入られ、
他にも電球の付け替えに困っている老人達を紹介してもらい次から次に売れた。

このエピソードを取り上げ

孤独な年寄りに親切にしてそこから売り込んでゆくのは1歩間違えたら、詐欺に近いセールスとなりかねない。
高額リフォーム、高額家電などの典型的な売り込み方法。

と、指摘。

今の日本だと、
一人暮らしの老人ターゲットに物を売るのは、売っている人間の心がすさみそうなぁ。
リフォームや家電は1発で多額の金をむしり取るタイプだが、(詐欺漫画ギャングースの主人公のバイト先だったエピソードあり)

グレーなのは大手の会社。
ヤクルト、新聞、保険、互助会辺りか。
詐欺ではないが、働いている人の基本給が保証されない、
次から次へと勧誘する人が変わる人使い捨て業界。傾斜産業。
辞める人多すぎ。

あと、マルチ商法は、ヨーロッパでは法律で禁止の国が多い。

当然だよね。これが当たり前の感覚。
日本も法律で禁止して欲しいが、
フランチャイズが似たような営業方法だから
禁止にしにくいよう。
コンビニフランチャイズも飽和して厳しい仕事だが。

「特定商取引法」でやりにくくしているが、
禁止はしてない。
あと、マルチ商法の会社は議員にに献金してるからなぁ。

山岡賢次衆議院議員にマルチ商法について公開質問状
2011年9月の野田内閣のもとで、山岡賢次衆議院議員は、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)として、消費者庁、消費者委員会、食品安全委員会と公正取引委員会、国家公安委員会委員長、拉致問題担当の内閣府特命担当大臣に就任しました。 就任直後より、マルチ企業からの献金問題などが問題とされ、国会内ではマルチ擁護の姿勢や、政治資金規正法に関する問題等が追及され、12月9日には参議院で、一川防衛大臣とともに、問責決議が可決されました。 日本消費者盟(以下 日消連という)は、同日、問責決議が可決される前に、山岡大臣に公開質問状を提出し、任命責任者である野田総理大臣あてにも送付しました。詳しい内容は、消費者リポートに掲載予定です。 2011日消連第30号 2011年12月9日 衆議院議員 山岡 賢次 様 特定非営利活動法人日本消費者盟 共同代表 天笠 啓祐 古賀 真子 真下 俊樹 山浦 康明 連鎖販売取引(マルチ商法)に対する考えに対する公開質問状 2011年9月の野田内閣のもとで、貴殿は、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)として、消費者庁、消費者委員会、食品安全委員会と公正取引委員会、国家公安委員会委員長、拉致問題担当の内閣府特命担当大臣に就任されました。就任直後より、マルチ企業からの献金問題などが問題とされ、12月9日には問責決議がされるのではないかとの報道がされています。 日消連では、問責決議の結果やその後のご対応いかんにかかわらず、マルチ商法について消費者の立場から活動してきた経緯から、消費者行政のトップとして全力で業務を遂行されてきたといわれる貴殿に対して、あらためて現時点における、貴殿の連鎖販売取引(マルチ商法)に対する考えかたの確認させていただきたく、以下の点について質問をさせていただきたいと思います。 ご多忙中恐縮ですが、来る12月26日までに、文書にてのご回答をお願い申し上げます。 記 1 マルチ商法に対する基本的な考え方についてお示しください。 (1)いわゆる「良いマルチ」についてはちゃんとしたビジネスとして国家としても保護すべきであると考えているのか。 (2)特定商取引法における連鎖販売取引についての貴下の基本的な考えかたをお示しください。
nishoren.net

アメリカは、アムウェイを初めとするマルチ商法の会社がロビー活動して、禁止にしないよう働きかけているようだ。
しかし、
アメリカには、マルチ商法の会社に対抗する組織がある。
詐欺商法やマルチ商法を監視しているFTC(連邦取引委員会)は
業務内容の開示命令、
詐欺商法の差し止め命令、
自ら原告となって悪質業者を提訴して、
回収した金を被害者に配当できる。

このサイトにあるように、
今では物を売るのはネット通販が主流なので、
マルチ商法はいずれ廃れる運命でしょう。


宗教も今はネットで調べられるから、
新規信者獲得に苦戦しているようだ。
ざまぁ。

マルチ商法の宣伝をする
マルチ御用本の著者、
マルチ御用セミナー講師達よ。

マルチの会社に騙された人が、
セミナー受講したり、
本を買ったり、
手帳を購入するから、儲かるって止められないのだろうが、

マルチ商法は今やYouTuberのネタにされた泥舟ですぜ。

貧困・情報弱者ビジネスですな。

YouTubeでオレオレ詐欺の動画観ようとしたら、マルチ商法勧誘動画が一緒に出てくるレベル。

詐欺師とつるんで被害者の金でセミナーしていると、いずれは本業に支障をきたすのでは。

オウム真理教事件でオウム庇護をした宗教学者島田裕巳という先輩がいるのに。

マルチ商法や宗教、詐欺の摘発動画をアップするYouTuber達は、
見ていて本当にスカッとする。

ヨーロッパでは禁止されている悪行なのに
日本では野放しされていて本当に腹が立つ。詐欺師から金貰った議員や講師ばかり金持ちになり、被害者はびんぼうなまま。
早く法整備を勧めて詐欺罪で逮捕して欲しいが、時間がかかりそう。

どうか、日本の法律で裁けない悪を切ってくれ。

応援しているよ。

あと、批判すると出てくる名誉毀損問題。
詐欺師のくせに盗人猛々しいわ。
オウムも青山弁護士が頑張っていたが、
この人、今仕事あるのかな?
坂本弁護士一家は亡くなったが、
こいつは死刑を免れたようだ。


えらいてんちょうは名誉毀損とか顕正会に言われて嫌な思いをしただろうけど、
たくさんの被害者が泣き寝入りするしかない詐欺に甘い日本で、
被害者達は応援していると思うぞ。

役場との打ち合わせで、船を漕ぐ女の子。
夜のスナックバイトは週何回入っているんだろう?

夜の仕事をしながら昼働くのはキツイぞ。
酒も飲むしね。

カメラマン人の声かな?
注意されていたが、
眠いのは無理している証拠。
あんまり無理するなよ。

風呂の女の子同士の会話がウケる。
男共溜まってんのか?
まぁ、生き物ですから。
しゃーない笑、
「気持ち悪い」とか言わないのが偉い。

牧場見学でアルバイトの申し出をするが、
牧場の人が「やるならちゃんとやって欲しい。
仕事だから。」
と言っていた。

牧場の仕事ってマジでキツイからね。匂いも仕事も。
アルバイト雇っても具合悪くなって倒れたり逃げちゃったりするから、
都会っ子で掛け持ちで大丈夫か?
体力使うぞ?
牧場の人はそう思ったんだろう。
私もそう思う。

ホリエモン出資のロケット見学!
「下町ロケット」の「帝国重工」がやっていることを「佃製作所」の人数でこなしているなんてドラマ見ていた私にはわかりやすい説明。

「バルブシステム」も見せてもらっていいね。

最先端技術って夢があるなぁ。
ロケット開発は民間がやっているなんて世界的にも珍しいようで感動した。


札幌で食品衛生の責任者の講習を受けて資格習得。

ついでにすすきのでお疲れ様の飲み会。

リーダーが役場とのメール等仕事が多い事を指摘する女の子達。
よく見てるね。
泣くリーダーも熱い男。

「好きって言われた」
と、暴露する女の子。
恋愛発展か?
そういう気持ちには誰かはなるかなと思ったんだけど、
忙しい時にラブラブされたらカチンとくる人間が出てきそう。

ホリエモンおすすめのコロコロとかいう居酒屋でシャンパンをご馳走してもらいながら、
「こっちからご馳走すると返ってくる」
と接客テクニックを学ぶ。

1人が便器かかえて寝たが、
やっぱり睡眠時間や体力は大丈夫?

今回は、キツイダメ出しは無かった。
メンバー仲良く頑張っているね。
無責任な視聴者としては、

「愛の貧乏脱出大作戦」
(ダメな飲食店を売れている飲食店経営者が協力して立ち直らせる番組。初めはダメ出し、修行と苦悩、最後は生まれ変わった店舗で再オープンがパターン)とか、

「ガチンコ!」
(不良をスパルタ練習でプロボクサーにするファイトクラブや、ラーメン屋の修行をする「ラーメン道」が有名。不良がすぐ切れる展開が見ものだったが、ヤラセ発覚した)とかの

揉めたり、ダメ出しされたり、キレる展開を期待していたのだが、
そーゆーのは無かった。

ヤラセがないと、こういう静かな展開になるのだろうか。

今回のハイライトは
ロケット製作所だね。
田舎でエンジニアが最先端技術で開発している民間ロケット、カッコイイ!

私はいつも思うのだが、
詐欺師とか口のうまいやつ、
しょうもない詐欺やブラック企業の御用達で稼いでいないで、
こういうレストラン開きたい等
夢のある事業の出資者を募集する仕事についたらいいのに。
たくさんの人を騙すほど口は上手いんだから。

しかし、過去の詐欺案件から、
新しい投資も詐欺だと誤解されるか。
新しい案件が迷惑するね。

紹介する方は、
事業がポシャったら詐欺師扱いされる可能性がある。

YouTuberのラファエル、
高麗人参の水耕栽培の投資詐欺動画作っていないで、
こういう人達を紹介したらいいのに。
ラファエル投資案件詐欺についてはもふもふ不動産のこの動画が詳しい。

いろいろ書いたが、
「北海道独立宣言」は
ドキュメントらしくていいね。

次回も観るぞ!4はこちらから。

過去の放送についてはこちらから
第1話
第2話

「ホリエモンプロデュース、北海道大樹町でレストランを100日でオープンさせる」をテーマの番組。
北海道深夜放送だけど、放送後YouTubeで見れるという便利仕様。
クラウドファンディングの宣伝のため、
他のテレビ番組と違っていつでもスマホから見られるのがいい。

1話の「宇宙をテーマのレストラン」の時は、ちとセンスがないかな、一時期流行ったテーマパークっぽいアイデアだと思ったけど、
今回はとりあえずテーマは保留。

前回のホリエモンのダメ出しに、反発していたメンバーだったが、ここは考え直す事にしたようだ。
ダメ出しに結構傷ついたらしく、
アルバイトの報告した時、ホリエモンからのLINEの反応をみんなが気にしていた。

大樹町のモノ何品かと、後はお取り寄せというメニューで方向を決めたようだ。


今回は、女の子二人が、スナックでアルバイトする話がメイン。
クラウドファンディングしているから、出資者が様子見に飲みにきたりできるから、スナックはいいね。
テレビ見た地元の呑んべぇも来るだろうから、
お店の売上もバッチリ。

アルバイトが決まってから直ぐに
役所関係者や、
応援したい人と
レストラン開くメンバーが飲みに来た。

映像ではちょっと分かりにくいが、
レストランメンバーは、奢ってもらったのかな?ドンペリ開けて景気良く盛り上がっているように見えたが、
レストランメンバーの1人が馴染めなかったのか、
勝手に共同の家に帰ってしまい、
飲みから帰ってきた、
スナックバイト女の子と、
ヤンキー上がりの男の子に責められた。

「ご馳走してくれたのに無言で帰って、あたしの顔を潰した」

たまにいる、こういう新入社員。
目上の人や、仕事関係者に奢ってもらったら、相手は、コミュニケーションとりたいと思っているんだから、少しは楽しそうにすればいいのに、
上手く楽しめず、微妙な反応する子。

まぁ、仕事の接待とかは好き嫌いが別れるけど、クラウドファンディングするなら、
出資者や、関係者とは良い関係を築かないと出資する方は「コイツに金を出しても大丈夫かな?」と不安になるよね。

そこら辺を上手く注意しなくてはならないところだったけど、
責める方はキツく言っていたから、
勝手に帰った子は、何で自分が怒られているかよく分かっていないよう。

「話が合うやつもいなかったから、家で仕事した方がいいと思った。
盛り上がっている奴だけで勝手に飲んで、仲良くなりゃいいじゃん。
俺はこの件にノータッチ。
奢りも、ドンペリも、別に俺がお願いした訳じゃないし、
あっちから勝手に奢ってくれたから、
周りに話が合う人いなかったし、俺は邪魔かと思って帰った」
まぁ、こんなふうに思っているんだろう。

ここで次回に続く。
この、無言で勝手に帰った男、
第3話でも怒られるのかな。

でも、よく居るよ。こうゆう新入社員。
ちょっと注意して、
初対面の出資者や協力者と
共通の話題でも頑張って見つけて、
仲良くするように言ったら、本人も頑張れると思うが。

基本、出資者と会うのはコイツじゃなくても良いが、
メンバー全員と出資者が飲み会するなら、
こっちから仲良くなる姿勢を見せることを指導するといいぞ!

3はこちらから。

↑このページのトップへ