月別アーカイブ / 2018年12月

4回目。12月22日。
下の歯に入れ歯のような器具がついた。
取り外し可能。
外出やご飯を食べる時は取り外し、
家にいる時、寝る時は付けたままで生活する。
10日に1回、
ネジで、器具を広げる。
壊したり無くしたりすると1万円かけてまた、作らないといけないようだ。

IMG_20181223_083458.jpg
IMG_20181223_083553.jpg
本人は痛くないようだが、
器具がついていると喋りにくく、
歯っ欠け爺さんのような口から音が漏れて
聞き取りにくい発音となっていた。
来月までとりあえずこのまま様子見。
器具を無くしたり壊れたりしたら
電話下さい、
とのこと。
歯は、始めた頃と比べて動いているのが分かる。
やっぱり子どもは矯正が楽だな。
大人になってからするより楽だからね。

この、入れ歯みたいなのはしばらく使うよう。

IMG_20181224_203715.jpg
装着しない時はこのケースにしまう。
広げるネジもケースで保存。


次回、5ヶ月目はこちらから。

娘の歯の矯正を決心した記事はこちらから。
1回目

2回目
3回目

糞、PAYPAYの20パーセント引きのキャンペーンに乗り遅れてしまった。

LINEpayでも始まり、ラッキー。
20パーセント引きになる。
ただし、
上限5000円で、
全額無料になるのはやっていないなど、
ペイペイより、しょぼくなる。

キャンペーンコピーも「payトクスペシャル」。地味。
「1億円あげちゃうキャンペーン」より、インパクトがない。

私はLINEモバイルユーザーなので、
LINEウォレットに毎月12円ほどお金が入っていたが、
「毎月たった12円かよ!」と、放ったらかしだった。
(LINEモバイルは、LINEが経営の格安SIM携帯。
大手のソフトバンクとかと違い、安いし、
回線をドコモかソフトバンクかで選べるから、
切り替えられる。)

しかし、
ちょっとした買い物は出来るので使ってみようかな。
ローソン、ファミマ、ゲオ、ZOZOTOWN、
この辺だったら、普通に使うことが多いよね。
チェーン店居酒屋もいいね。
調子に乗って食べ過ぎそう。

セブンイレブンはやっていない。
電子マネーnanacoを使って欲しいから導入していないよう。
やっぱ使用料払うより、自分の所の電子マネー使って欲しいものね。

酒、本、薬系は対象外が多いから気をつけよう。
ツルハドラッグとか、LINEpayは使える店だが、還元キャンペーン対象外の店もあるので公式サイトでしっかりチェック。
あと、Googlepayやクレカ払いは割引にならない。
チャージ入金だけ対象なのね。
カード会社に手数料払わないといけないからかな。
空港券買う時は、銀行振込以外1000円手数料がかかる、スカイチケットや大黒屋みたい。

ペイペイで注目され、
ニュースによくでてきたビックカメラはLINEpayやってないのね。

そしてLINEpayの還元は、その場のキャッシュバックではなく、12月に使った20パーセントが2月にLINEpayに入金されて返ってくる。

消費の落ち込む2月に買わせるようにしているのね。
2月に居酒屋は暇だものね。

1つ気になるのが、
「北海道復興割引」
が、料金割増で全然割引になっていなかったことがあり、
キャンペーン中、臨時値上げして、
結局支払う金額は変わらない、
とかはないよね?
いや、私は地デジに変更になる時、
還元キャンペーンで商品券が貰えるから
慌ててケーズデンキでテレビを買ったことがあるのだが、
還元キャンペーンが終わったあと、
ケーズデンキに行ったらテレビの値段が下がっていた。

この手のキャンペーンは、便乗値上げがつきものだから、値段の上下が激しい物じゃなく、
Appleとか、
あんまり値下げしない物を買った方がいいのかな。
あと、コンビニのクリスマス用の高い食べ物じゃなくて普通の食べ物買うとか。

また、キャンペーン終わったら、
安い値段になっていた、なんて悲しすぎる。

あと、キャンペーン中買ったものをメルカリで売る人が出てきそう。
「新品、未使用、買ったばかり、店舗より、10パーセント引き」なんて。
正月辺りに出品してそう。
それも商売だから、否定はしないが
買う方としてはあんまし得じゃないことを肝に命じておこう。

「LINEpayすげー!」なんてLINEpayを有難がっていないで、
便乗値上げには注意してお買い物しないといかんね。
あと、値引きだからって食いすぎると、太るぞ!
脂肪は20パーセント引きにならないかな。


スッキリで大々的に取り上げていたペイペイ。
導入する所としない所にわかれているなぁ。
現金主義の所もある。
やっぱ店側がクレカ会社に使用料払いたくないんだな。


今は2018年後12月。
1年で盆と正月が飛行機のチケットが取りにくい。
いろいろなサイトがあって迷うが、
トリバゴとかトラベルコから調べると辿りつくことが多い、
私がよくチェックするのが
「スカイチケット」
じゃらんとかと比べてシンプルすぎるが、
スマホからはこっちの方が見やすい。
一概には言えないが、
お値段安め。
支払いは銀行振込か、クレカ、ペイジーAmazonpay、コンビニ払い、

銀行振込は他の支払いより1000円安い。
振込手数料がかかるが、
郵便局から郵便局だと、
自分の口座からだと1ヶ月1回振り込み無料とかあるし、
振込に1000円もかからないからこっちの方がお得。
ただし出発日が近いと使えない。

大黒屋チケットもこの、銀行振込以外は1000円高い方式だ。
クレカは店側の負担が高いから、
日本では外国より普及しないというのはこういう所で頷ける。
サイゼリアも現金払いのみだし。
(例外は、イオンの中の店舗だとWAONが使えるなど)

私がクレカ支払いにどうしても抵抗があるのが、この、お店の負担だ。

あの、「国際値切リスト(こくさいねぎリスト)」
金子哲雄を覚えているかな?

「ホンマでっかTV」によく出ていた流通ジャーナリスト。
家電量販店で値切るテクを披露していたが、
「現金払いにするから、クレカ使用料分安くして!」
なんて言っていて、
現金払いの方がお店は助かるんだな、と思っていた。
彼は2012年に亡くなったが、
その後、スーパーや交通機関は電子マネーを発行しだした。
スーパーや交通機関は自分の会社で発行しているから、
店はカード会社に手数料払わなくていいし、ポイントも貯まると思いよく使っている。


2018年12月、
ヤフーとソフトバンクのアプリ決済サービス「ペイペイ」では、
今のところユーザー拡大のために店側のペイペイに払う使用料負担が3年ほどなく、
専用機械も、バーコードを置いておくだけで出来るから初期費用ほぼゼロ。
店側の負担がないなら、
使ってもいいかな、と思った。
ただ、3年後にクレカ並に店の負担が増えないといいが。
中国の「アリペイ」と提携するので、
アリペイユーザーが日本に来た時に買えるのが店にはメリット、のようだが、
観光客向けでない店は負担額が上がると困るよな。
かつかつでやっている個人の店の負担は減らして欲しいな。
LINEpayと迷ったが、
1億円あげちゃうキャンペーン(1ヶ月5万以内の買い物分20パーセント引き)
登録するだけで500円プレゼント企画があるので、ペイペイから使ってみようかな。
ヤフーウォレットは既に持っているしね。

ホリエモンが、「泡銭をスマホ決済で使えるようにしたら普及する」って言っていたけれど、
ホントに普及しそう。






↑このページのトップへ