月別アーカイブ / 2018年11月

IMG_20181113_151128.jpg
IMG_20181113_151222.jpg
今回は、
評判悪い労働者使い捨てブラック企業に務めてしまった、
詐欺師に騙されそうな人、
詐欺師から友達や家族を助けたい人向けの話です。

かなり長いので、
興味のない方はスルーして下され。

苦情の坩堝、
サイトの上のあいうえお表から調べたいマルチ商法の会社名をタップすると、
前はその会社に関するスレッドを見ることができました。

でも、今は「ウィルスに感染しています!」なんて変なページに飛ぶ。

以前、知り合いがマルチ商法にハマってしまい、
何とかならないか、とあちこち検索したらこのサイトにたどり着きました。

その当時は大変お世話にりました。

マルチの勧誘方法やら、
新人は買わされないが、
長くマルチ会社にいると
買わされる高額商品やノルマ等、
マルチの会社のやり方を
被害者自身や家族の書き込みで知ることが出来、
知り合いにこのサイトを見るよう説得するのに使いました。

いきなり「マルチだから、消費者センター行って解約しなよ!」
と言っても、
オレオレ詐欺、振り込め詐欺と一緒で、
被害者は騙されたと認めたくない心理が働き、
心配して注意する人にキレたりすることがあるから詐欺の注意はこちらが悪者にされたりする。

こういう掲示板に
自分の信じている会社のやり方をバッチリ書かれているのを見せても、
まーだマルチ商法に騙されたと認めない。

その騙された知り合いを知り合いの家族と散々説得した時にこのサイトを見せた。

マルチやブラック企業は
「友達に『詐欺じゃない?』って言われても、
その友達が情報弱者で新しいものを理解できないから、やめろって言うんだよ」
「10人断られて売れなくても、11人目でたくさん買ってくれるかもしれないからくじけないで」
なんて、やめろと説得したり、
マルチの品物を買うのを断られても
くじけないようにマルチに教育されているから
説得は厄介。

説得方法は、電話やLINEだと、直ぐに思考停止して逃げるから、
思い切って、
うちに呼び出してその知り合いの家族と説得した。
マルチやっている本人には大きなお世話でしょうが、ここははっきりしないとね。

あと、騙されたアホな人と思われたくない見栄が
自分がマルチ商法に引っかかったことを
認めようとしない心理に大きくかかわっている。

この知り合いとは、
バツが悪かったのかそれっきりになった。

「消費者センター行って解約しなよ」
私が勧めたこの行動を
きちんととったのかはわからない。
消費者契約法があるから
開けていない化粧品は手続きさえすれば
返品してお金が返ってくる。
買って時間がたったものはダメかもしれないが、
少しでも在庫を減らすことが出来れば、
と思い
消費者センターに相談することを勧めたが
マルチに騙されたというプライドから、
消費者センターに恥ずかしくて行っていないかもしれない。


私は、
恥ずかしながら、
学生の頃、友達にマルチに誘われて
加入して商品を買ってしまったことがあった。
私が勧誘した友達の友達に学校で説得されてマルチをやめた。
買った品物は、
消費者センターに電話して、
マルチのやめ方を教えてもらい、
すぐに返品したからお金はかえってきた。
この当時は特定商取引法で2週間以内の返品でお金がかえってきた。
学校で友達に説得されなかったら30万円損をしていた。
勧誘した友達ともほとぼりが冷めてから
また、遊ぶようになった。

あの時、友達が2時間かけて説得してくれなかったら、
私は30万円損をしていた。
学校で友達を無くしていた。

この手の詐欺は早い段階にすぐ説得すると、
金銭的、心理的ダメージが少なく、
今は消費者契約法があるから、
未開封品は半年間返品可能。

その後、
また、別の知り合いからマルチに勧誘された。
それはインターネット権利絡みのマルチだった。
ネットが家庭に普及しつつあった時の詐欺だった。
その時はどうしていいか分からず、
ただ引いてしまい、
マルチの仲間になることを断り、それで終わった。
「詐欺だから、やめな!」
知り合いのマルチの上司と別れたあと、
知り合いと2人だけになるチャンスがあったのに
その一言が言えなかった。
当時、私がネット関係に詳しくなく、
詐欺という決定的な情報がなかったからだ。

その知り合いはマルチで彼氏が出来てしまい、
その彼氏と一緒に住み始めたようだが、
やっぱりそのマルチで上手く稼げなかったようだ。

知り合いが生命保険の仕事を始めた時も、
止められなかった。

別の知り合いから
「生命保険会社の事務員って条件で働きだしたら、
セールレディやれってしつこく言われてすぐにやめた。」と、
業界のブラックさは聞いていたのに、

こちらの知識不足と、
詐欺と決めつける情報もなく、
ただ何も言えなかった。

でも、この苦情の坩堝を見つけてから、
マルチを勧めてくる知り合いにしっかり
「すぐやめて、消費者センターに行きな。
消費者契約法があるから未開封品はお金が返ってくるよ!」
と、はっきり説得出来た。
情報もこの掲示板のおかげで調べることが出来た。

今、仮想通貨やら保険会社やら、
ハッキリと詐欺だかどうだかわからないものに知り合いが関わっている人に告げたい。

詐欺師はあなたの知り合いを何時間もかけて騙しています。
もし、あなたが知り合いを本気で助けたいなら、

LINEや電話だと逃げられるので、
マルチの他のメンバーが来ない場所で直接会って、
2時間以上かけて説得して欲しい。

その会社や仮想通貨のことをネットで下調べしておくこと。
検索はマイナスキーワードで。
会社の名前、稼げない、
会社の名前、しつこい
会社の名前、損
会社の名前、詐欺

特に、会社のトップが集団訴訟をされたり、
別のマルチに関与していないか。

潰れた店の寿司職人が、
次の仕事にまた、寿司屋勤務を選ぶように、
詐欺師も次の仕事に詐欺を選ぶからね。

「詐欺」も、
強い言葉なので最終手段として使うこと。

初めは「儲かるとあなたは言うけれど、本当?私はあなたのことを信用したいけれど、
儲からないって情報もあるよ」

と、心配しているから、
あなたを信用しているから、
マルチの人のいない所で直接話したい。
もし本当に儲かるなら、私もやる。
いろいろ知りたいから、時間を作って。

こんなノリで優しく呼び出すとよい。
マルチの人から引き離して、
約束を守って呼び出しに来てくれてから、
こっちの調べた情報を見せよう。
消費者センターを勧めるのもよし。

あなたの知り合いは
「この、情報弱者!疑うなんてバカ!」
的な態度をとるかもしれないし、
説得したその日に「やめる」と言わなくても、
数ヶ月後にポロッと辞めるかもしれない。
無理強いすると
「私は詐欺られるようなバカじゃない!」と、
逆ギレされるからね。

健闘を祈る。




IMG_20181111_173345.jpg
IMG_20181111_173401.jpg
2018年11月10日に、また歯医者に行って前歯の装置が変わった。
3回目。
今度は緑色。
だから何でそんなに目立たせるんだ。
今回も支払いは5000円。
プラス新しい矯正器具用の歯ブラシ150円。


確定申告で戻ってくるようしっかり領収書を取っておく。交通費もかかっているので、
地下鉄とバスの領収書もゲット。

バスの領収書がめんどい。
運転手さんに、
ターミナルに電話等あらかじめ連絡をしてもらって、
その日にターミナルに取りに行かなくては行けない。
運転手さんが慣れていないと、
「わかんないからターミナルに聞いて」
とか言われるから、
私がこの、
「運転手さんからターミナルに連絡、
後ほど私がターミナルに領収書を取りに行く」
というシステムを運転手さんに説明しなくてはいけない。

その上、領収書を貰えるのは
電子マネーではなく現金払いのみ。
はっきり言ってめんどくちゃい。

ちなみに地下鉄は切符買った駅で
従業員に切符見せてそこで貰うシステム。
こっちは電子マネーで改札を通らないで
電子マネーか現金で切符売り場の自販機から切符を買う。

領収書、もっと簡単に出してほしい。
交通業界、こういうところが遅れているなぁ。


前歯の器具が変わったのが3回目。
歯医者さんは
「今回、痛みが出るかも」
と、言っていたが、
娘は痛くないと言っていて一安心。

やっぱり小さいうちがやりやすいんだな。
迷ったけれど、
思い切って矯正させて良かったかも。
色々調べたけれど、
やっぱりこの本が1番役にたった。
レビューはこちらから。
こういう病院や不動産、投資のことって
一消費者が評判調べるのが大変だ。

ブラックボックス業界と言っていいほど外から分かりにくい。

業界暴露本はたくさん出てほしいね。
特にダメな同業者の情報はしっかり書いて欲しい。
出版社としては、地味で売れないと嫌がりそうだが、
読者は助かる。
お医者さんは宣伝になる。
それに誰かが発言しないと世の中変わらない。

子どもの歯の矯正観察、以前の記事はこちらから
初めの器具が透明
次はピンク、
そして今回の緑。


4ヶ月目の記事はこちらから。

11月1日にセクハラでスト。
世界中でやったのか。
日本ではまず、やらないだろう。

まずはこちらにはいろいろなセクハラの話が載っているが、
1番ありそうなものを1つ紹介。

2013年に同社の調査、開発をおこなう「グーグルX」のディレクター、リチャード・デバウル氏は、ハードウェア・エンジニアであるスター・シンプソン氏の面接をおこなった。

彼女によると彼は面接の中で、「私と妻はポリアモリー(複数の相手と恋愛や性交渉をもつ人を表す言葉)です」と述べた。彼女はその翌週、彼からネバダ州の砂漠で毎年開催されるイベント「バーニング・マン」に招待されたと話している。


シンプソン氏は母親と共に出かけた。彼女はデバウル氏に仕事のことを聞く良い機会だと考え、ビジネスシーンにふさわしい、落ち着いた服装を選んだと話している。

シンプソン氏は「デバウル氏の陣地に到着すると、彼は私にシャツを脱ぐように言い、背中のマッサージを提案してきました」と打ち明けた。断ったが彼が強く主張したため、彼女は仕方なく折れ、首部分のマッサージだけ受け入れたという。

現在30歳のシンプソン氏は「まだ24歳だった私には、拒否するだけの勇気がありませんでした」と当時を振り返る。

イベントの数週間後、グーグルから彼女のもとに不採用通知が送られてきた。書面には不採用の理由が一切書かれていなかった。


就活女子をイベントに誘って、
セクハラ要求。

こんなセクハラのお誘いは日本でもありそう。

東京でもあったんだ。知らなかった。

このデバウル氏、
何でセクハラなんてカッコ悪くて身を滅ぼすことをするのだろう。

Googleの役員クラスなんて、
普通にバーでナンパしたら肩書きに惹かれて寄ってくる女の子はたくさんいるだろう。
そんなことをしなくてもいいのに。

ナンパする時間がないなら風俗ではダメなのかな。
風俗はあまり好きではない男なのか。
自分で口説きたいなら、
仕事絡めないでナンパしたらいいのに。

それとも、本人は認めないだろうがその女の子に惚れてしまったのかな。
断られるのを恐れながら、
断られないように誘って嫌われたかな。

あと考えられるのは一度このパターンで成功してしまい、
就活に来た女の子は、
みーんな自分のファンで、
口説かれたい女だと思い込んでいるとか。

芸能人だったらあるかもしれないが、

デバウル氏本人に抱かれたがって就職しようとしているのではなく、
デバウル氏の仕事が好きだから就職したいと就活生は思っている。

区別が曖昧になってしまったとか。

Android開発者だからね。
私も使っています。
偉大な開発者だからお金貰うのはしゃーないのかな。
しかし、セクハラはやっぱり良くないよ。
犯罪は犯罪だ。

偉大な開発者だから人格も偉大ではない。

11月1日にセクハラノーデモが世界中であったなんて知らなかった。東京もあったのね。
あんま報道されてなかったよね。
日本では人権意識が遅れている。
被害者が声を上げるとバッシングされる。
日本からイギリスに行った伊藤詩織さんの時は酷かったな。

あと、セクハラは
隠蔽工作した人も罪に加担している。

仕事関係で出会った女の子を口説きたいと思うのは、
悪いことじゃないけれど、
仕事の力関係を持ち出さないで欲しい。
仕事関係で出会って結婚する人もいるんだから、
権力をかざさずに一個人としてデートに誘えばよい。
断られても仕事で報復するとかケチなことはするなよ!

↑このページのトップへ