月別アーカイブ / 2018年11月

うーん、また阿部総理大臣の奥さんか。
そして、噂の仮想通貨詐欺も登場。

お金を集めるためとはいえ、
変な団体と繋がるとその後の信用ガタ落ちだな。
この記事、よくまとめてある。

自由民主党総務会長の要職にある加藤勝信議員だ。加藤氏はジャパンライフの内部向けの宣伝チラシに「ジャパンライフの取り組みを非常に高く評価していただきました」と紹介されるだけでなく、ジャパンライフ創業者で“マルチのレジェンド”と称される山口隆祥会長と2017年1月13日に会食するなど、ジャパンライフの“広告塔”としての役割を果たしている。つまり被害者を安心させる“印籠”になっていたというわけだ。

だって。
芸能人とか、よくマルチの宣伝する人がいるけれど、
「芸能人もイチオシしているから大丈夫かも」なんて思わせたいマルチ。
芸能人は被害者を増やすのに協力しちゃいかんよ。

さらにこの問題を追及し続けてきた共産党の大門実紀史参院議員が入手した「お中元リスト」には安倍首相をはじめ、麻生太郎財務相や菅義偉官房長官、茂木敏充経済再生相らが名を連ねていたのだ。

ジャパンライフから献金受けてたんだ。
共産党、赤旗作っているせいか、
こういうの調べるの得意だよね。

実際、ジャパンライフは元内閣府官房長や元特許庁長官ら複数の官僚OBを同社の顧問や関連するNPO法人の理事長として招請し、報酬を支払っていたことが明らかになっているのだ。

 さらに問題なのは、こうしたジャパンライフの政界官界人脈が、悪質商法を行っている疑いがあるジャパンライフの行政処分を遅らせたという疑惑までがあることだ。

これは昨年4月の国会で前述の共産党の大門議員が追及したものだが、

ジャパンライフの業務停止命令が、2015年9月の立ち入り検査から1年3カ月と通常の倍以上も要した背景に、

消費者庁の課長補佐が同社に天下りしていたことが指摘されているのだ。


消費者庁は、マルチに注意する立場では。


そのなかには、TBS『ひるおび!』などテレビでおなじみ官邸御用ジャーナリストの筆頭、

“田崎スシロー”こと田崎史郎・時事通信社特別解説委員(当時)や、

安倍首相と寿司を食う仲から“しまだ鮨”との異名を持つ島田敏男・NHK解説副委員長(当時)、また芹川洋一・日本経済新聞社論説主幹(当時)の名前があげられている。

田崎氏、島田氏が安倍首相の会食メンバーであることは言うまでもないが、

日経の芹川氏も第二次安倍政権発足以降に少なくとも6回も安倍首相と会食を行なってきた。

 ただ、このジャパンンライフの広告塔になっていたのは、安倍首相の“メシ友”だけではない。元読売新聞社東京本社編集局長の浅海保氏、

元朝日新聞政治部長の橘優氏、

毎日新聞社の亡くなった岸井成格・特別編集委員と倉重篤郎・専門編集委員、

『報道ステーション』(テレビ朝日)コメンテーターでもある後藤謙次・元共同通信社編集局長らまでが名前を連ねていた。ようするに、政治部トップ経験者が勢ぞろいしていたのだ。


いろんなとこに金、ばらまいているな。
凄い人数。
被害者にはほとんど金がかえらないのにこういうところに使っているんだな。
だから、破産するんだ。

これは昨年末「日刊ゲンダイ」が報じたものだが、
昭恵夫人が2017年10月に消費者庁から3カ月間の一部業務停止命令を受けたマルチまがい商法の「48ホールディングス」の淡路明人会長と一緒に写っている写真がネットで出回ったというもの。
そして48ホールディングスの渡部道也社長はかつてジャパンライフの取締役を務めていたという。
その関係の詳細は不明だが、しかしここでもまた昭恵夫人が登場したこと、
さらにジャパンライフと安倍首相の蜜月を疑わざるを得ない。

また、阿部昭恵夫人。
変なところ好きだなぁ。

ちなみに48ホールディングスは、
仮想通貨詐欺コインのこと。
マルチ商法と仮想通貨詐欺のドッキング。

寿司職人が、自分の務めている店を辞めて
また、寿司職人として別の店に務めるように、
マルチで荒稼ぎしたヤツはまた、マルチを始める。

詐欺は立証するのが大変だから、
なかなか捕まらない。
変な儲け話に誘われたら、
代表取締役や、広告塔となっているヤツが、
過去にマルチ商法や情報商材なんかやってなかったかネットで調べておこう。
被害者の会に集団訴訟されてなかったかとか大事。
単なる噂だけではなく、
訴訟までされてたら黒ですな。

儲かるんだろうなぁ。
よいこは真似してはいかん。
豊田商事なんて、永野一男が殺された。
目立たないように生活していたらしいが。

広告塔みたいに目立つヤツなんて、
大丈夫かね?
金と命、信用を天秤にかけて、
金を取ってしまったんだな。
いざとなったら国外に逃げるのかな。


IMG_20181117_215633.jpg
IMG_20181117_215714.jpg
メルカリで本,DC,DVDバーコード出品が出来るようになり、
経費削減のためにメルカリとカウルを統合するのかな、
と、薄々思っていましたが、やはり。
カウルの機能で、「急上昇ワード」で、検索上位ワードが見れて世間で関心があるものをチェック出来たのが地味に好きだったけれど、
これは統合したらなくなっちゃうんだね。

IMG_20181117_220454.jpg
ハリーポッターは、映画を金曜ロードショーでやっていたからね。

ポケモンもスイッチで新作発売されたからね。

次の旅行サービスもすぐ終わらないといいが。
売上金で旅行出来るのかな?
旅行好きは目の色変えて出品しそう。
私も含め。

IMG_20181114_192651.jpg

私もプログラミングやろうと思い、いろいろ検索かけていました。

なんか、侍エンジニア、
よく見かけるなぁ、と思っていました。
アフリエイト案件っぽいブログが多くて、邪魔。
本当に受講した人のレビューが読みたいなぁ、
いい所も悪いところも両方きっちり書いたレビューが全然無くて、

おすすめプログラミングスクールベスト3とか、
テキトーすぎる記事ばっか。
ちゃんと受講していないのに、
何を基準にベスト3?
全部受けたなら、プログラミングスクール会社のホームページ以上の情報を載せんかい!

と、思ってアフィリエイト案件が少なそうで、
お値段も財布に優しいProgateで少しづつプログラミングの勉強を始めた。

Progate、スマホで勉強出来るのは便利だね。
まー、先生がいないのでサボっても怒る人がいないし、就業支援がないから不安はあるものの、初心者に優しいから、
コレで物足りなかったら、他のサービスを探すよ。なんか、会社の採用者にしてみれば、
英語に例えると
「英語?勉強してます!
あいはぶ あ ペン。
あいはぶ あん あっぷぉー
あーん、 あっぷぉーぺーん」
レベルらしいから。
まぁ、コツコツやりますわ。
ペンパイナッポーアッポーペン。

と、思ったら、侍エンジニアが炎上。
何でも、
今から7日以内に申し込みすると、
入会金無料!
の広告が、そのページを見た日から必ず7日後に表示されるようになっていたそうで。

今月限定で、過払い金返還請求の着手金が無料になる!
と、4年間表示して、景品表示法違反になった
アディーレ法律事務所みたい、
と、話題に。
これもYouTubeでよく見たなぁ。
今月限定って毎月コマーシャルしてたな。
業務停止処分で、仕事を頼んでいた人が困っていた。
闇金から人を救ういい仕事なのに、
弁護士が法律違反…と、思った。


侍エンジニアは、
その後謝り、お詫びの記事を載せたようだが、
元侍エンジニアで働いていた人が侍のことを裏側から書くと、

侍エンジニアはそのブログを
著作権侵害
削除するようアメリカのデジタルミレミアム著作権法に基づき
Googleに削除申請。

侍エンジニアが制作した画像や自社サイト内の文章などが「無断引用」されたからだそうだ。

著作権侵害というより、

自分の悪い噂だから、削除依頼したのでは。

侍アゲアゲのアフリエイトブログはそのままだよね。

画像とか文章パクっているのに。

コレが中の人のブログ。

古巣の侍エンジニア塾(株式会社侍)の炎上について思うこと【2018/10/23追記】 - INODEVLOG
現在 侍エンジニア塾が大炎上 していますね。 自分はもともと侍でお仕事させて頂いていたこともあり、中の人の知り合いも何人もいたりします…。 だからこそ、炎上及び その後の対応にブチ切れてしまった ので、ブログに経緯と心境、今後取ってほしい対応をまとめておきます。 正直、胸が苦しすぎて昨日から仕事どころじゃなかったよ…。 ほんとに…。 こんなにストレスで動悸が激しくなったの久々だよ…。 多分、侍の知り合いもこれ読むだろうけど、むしろ読んで反省しやがれください。 ひっさびさのブログ更新がこんなネタとは…。
www.inodev.jp
「流石に4~5年前(?)のRailsの教材そのままとかは使い物にならないですな。」

痛いところをつかれたんだろうな。

プログラミングスクール。
最先端の技術を教えるから、
いろいろ大変だと思うが、
変な広告しないで営業して欲しい。
ブランドは大事だよ。

それにしても炎上後もまだ、
侍エンジニア掲載しているアフリエイトブログの多いこと。
邪魔。

アフリエイトは否定しないが、
せめてスクールに通ってから書け。
通っていないブログから入会したくない。

本当に最近ブログ界とYouTube界に
人に勧められないものを勧めてくるヤツが多すぎ。
仮想通貨YouTuberに多い。
アフリエイト系は気をつけないとね。


ついでにAmazonの本のレビューも読んでいないのに書くやつ。
ちゃんと読んでから書け。

↑このページのトップへ