月別アーカイブ / 2018年05月

IMG_20180515_192614.jpg2018年9月1日、加筆、修正。
10月の第2期まで再放送を楽しんで、加筆します。

濃い敵キャラが熱い。
中でもこいつの変態っぷりは笑える。
辺見和雄いよいよ真打ち登場だッッッ!
こいつの背中に宝のありかのヒントの刺青がある

第1話はこちらから



漫画の杉本の回想や狐狩りはカット。
物語のテンポ早すぎ、ボケッと観てるとセリフ聞き逃しそう。

話は脱獄王白石が柔道の達人、不敗の牛山と日露戦争帰りの第七兵団に囲まれたところからスタート。
銀行強盗発生の隙に命からがら逃げる白石。
運のいい奴め。

牛山にピストルの玉が肩に当たるが、少しは痛そうにしたらどうだ。
戦っているときは、アドレナリンが出ているだろうが、我にかえると、いたいぞ。

土方が考えた陽動作戦のために関係ない人が殺されちゃう。

ここで白石は遊郭の女の子から牛山の靴下入手。

爆薬を使った銀行強盗の犯人は新撰組土方。第七兵団の鶴見中尉と初顔合わせ。

このシーン、馬に股がった土方が漫画と一緒で動きがない。
また、ちゃっちいなぁ。
アニメなんだから動きをけちるのはやめて欲しい。
予算はクラウドファンディングで集めてこい。
あと、北海道でコラボお土産増やすとか。
白い恋人あたり、金を出してくれそう。

テンポが早すぎるため、
あっさり銀行強盗されすぎじゃないか、と思ってしまう。

新撰組土方は和泉守兼定とかいう刀を金庫からゲット。
うーん、日清戦争後に名刀ってもな。
もうピストルのほうが使えるイメージ。

主人公、不死身の杉本の所に逃げ帰った白石だが、手負いのタヌキを逃がして役たたず扱いされ、手柄をたてようとする。
ニホンオオカミのレタラをアイヌのアシリパさんから借りれず、
二瓶鉄造の犬に靴下の匂いを嗅がせて牛山を追う。
ここもテンポ早すぎのため、そんな早く二瓶鉄造以外の人間のいうこと聞くかよ!
節操のない犬だなぁと、思う。

牛山と土方に捕まる。
ピストルの玉が肩に当たったのに、
相変わらず柔道の稽古しとるがな。
白石、牛山のおでこのはんぺんに釘を刺すも、効果はいまいち。
はんぺん中に鉄でも入っているんかい!

新撰組土方に尋問される。
仲間にならないと殺されちゃうため、
辺見和雄の刺青人皮を持ってくことを約束。

杉元とアシリパさんを裏切るんかい!
ま、白石らしいが。
今、刺青人皮は1枚もゲットしていないと嘘をつく。
ついでに白石は「杉本は俺の子分」発言。
ドクタースランプアラレちゃんのスッパマンやドラコンボールのサタンのような奴。

辺見和雄に殺された遺体を杉元とアシリパさんが発見。
背中に「目」の漢字の切り傷あり。

ヤン衆(ニシン漁の季節労働者としてニシン漁場)に殺人鬼の辺見和雄は潜伏。

アシリパさんのおじさんの心配と、
鯨狩りの手伝いもあるため海に向かうが、
(外人が嫌いそうな箇所。)
辺見和雄の顔を知っている白石とはぐれてしまう。
杉本とアシリパさんは船から落ちた男を助けるが、助けた男が辺見和雄だとはまだ知らない。

この変態、興奮するとの金たまが金色にひかる。アニメは、金色のカラーがいいね。
漫画は白黒だから、
白くひかっていてもそんなに違和感ないが、
アニメは目立つ。

金たまは笑った。
ゴールデンカムイを初めてみたひとは
タイトルを見て金たま漫画と勘違いしそうだ。

杉本はこいつに殺されないように早く正体に気がつくのか?
早速、刺青を見られたので一人殺していたが。

つづく。

第九話はこちらから




IMG_20180515_192614.jpg
2018年8月29日、再放送観たあと、修正、加筆。
レタラ(ヒロインアシリパさんと仲良しのニホンオオカミ)を狙うマタギ、二瓶鉄造との攻防。


第1話はこちらから。

内容は漫画と一緒だけれど、
あの、第1話のがっかり熊のCGがないアクションシーンで楽しめた。

前回は、
二瓶鉄造、板垣組と、
杉元、アシリパ白石、の
アイヌ狼レタラを狩る側と守る側で、
バトルが勃発したところで終わっていた。

二瓶鉄造と杉元が戦う横で、
白石が、二瓶鉄造の犬と戦う。
犬は追い払えたが、

谷垣がアシリパさんを捕まえる。
アシリパさんを人質にとる谷垣と、二瓶鉄造組。
一方、杉元、白石組は降伏。
杉元「殺すなら、この子の見えないところでやってくれ」
杉元のアシリパさん思いはここでも光る。
自分だけ助けてくれ、は、白石が言いそうだが。

白石と杉元、同じ縄で木にくくりつけられる。
二瓶鉄造がちょっと目を離した隙に、二人で脱走。
二瓶鉄造よ。白石と同じ網走刑務所にいたんだろう?
ここは、ちょっと、主人公に都合のいい展開だな。

アシリパさんを人質に、
遠くに連れ出す板垣。
口には猿ぐつわ。
しかし、猟の罠にひっかかり、
トリカブトの矢が脚に刺さる。
アシリパさん「縄をほどけ」
ナイフで、
脚の矢の毒が全身に回らないうちに
刺さったところの肉をカット。
麻酔なし。
ブラックジャックだったらいろいろな手術道具を駆使するのだが、
この漫画でアシリパさんはそんなものを持っていない。
谷垣「ギャー!」

ところが、アシリパさん、
今度は追い付いた二瓶鉄造に人質に取られて、
レタラをおびき寄せるために連れ去られる。
前回指切られているのに撤退しないんだな。
痛くないんかい。

二瓶鉄造は、エゾ狼レタラとの対決に見通しの良い木の下を選ぶ。
レタラが襲いかかる、
噛みつかれながらも銃で撃とうとすると、
こっそり近づいていた
レタラの奥様に噛みつかれる。
狼は一匹だけじゃなかった。
子どもまでいた。

まー、ここは読めてしまう展開だな。
二瓶鉄造死亡。 
指を切られながらもよく戦った。
敵が魅力的だから、殺られると残念。
奴の刺青は不死身の杉本が死体から剥いでゲット。

おしい男を亡くした。
殺られる前に、ニヘイゴハンをご馳走してほしかったな。
勃起、勃起デカイ声で叫ぶ奴は家に入れたくないけれど。
いや、その前に私がトンカツにされちゃうかも。

二瓶鉄造と一緒に行動していた
元第七兵団の谷垣は白石が運び
アシリパのアイヌ村に運びこまれた。
看病はアシリパのおばあちゃん。

よく、助ける気になるなぁ。
わけありの元第七兵団なんて怖いよ。
私がアシリパさんだったら鶴見中尉のことを聞き出すために拷問して雪の中に埋めちゃうよ。
まー、人殺しに反対するアシリパさんらしいけれど。
この子がいないともっとドロドロした殺し合いの、
嫌な漫画になっていたかもしれない。

軍隊には戻らないかもしれないけれど、
鶴見中尉にしゃべらないと、よく信用したなぁ。

冒険といえば、
ゲーム内では倒した敵を食べたりするけれど、皮をはいだり、チチタプ言いながら肉を叩いたりしないからね。

漫画はうんちくが読んでいて楽しい。
ゴールデンカムイとダンジョン飯はゲームで表現できない楽しさをうまく表現できていて、
今風の生々しい楽しさがある。
昔はさいとうたかおのサバイバルもよかった。
ネズミに餌付けしてひどい目にあったり。

サバイバル漫画はこちらの想像を越えた世界が楽しい。
現代人が知らない自然界を意識した生活や意外なワナが面白い。
人気が出るはずだ。

鹿肉の鍋にオソマ(味噌)をねだるアシリパさん。
この味噌エピソードは
アイヌのアシリパさんと日本人の杉元心の通いのバロメーターみたい。

谷垣から、第七兵団鶴見中尉の北海道乗っ取り計画を聞かされる杉元。
戦争で死んだ部下の家族、部下のことを思って、豊かな生活をさせたいという思いから、
旭川の陸軍本部を乗っ取る計画だ。
背負っているものがデカい。
ただの変態サドではないのね。

アニメでは杉元の過去をカットしているから、視聴者は杉元こ背負っているものはわからないよな。
鶴見中尉には、豊かな生活を送らせたい思想と信頼している部下がいるから、
ここでは杉元が小さく見える。

漫画のワシ猟はカット。

脱獄王白石が小樽で聞き込み中、
熊並みの戦闘力、不敗の牛山と第七兵団に挟まれたところで続く。
この、牛山に吹っ飛ばされる娼婦街の男がくるくる回るシーンはもうちょっとちゃんと回ってほしかった。

キャラにいちいちリングネームみたいのがついているよね。
覚えやすいし、キャラが立つから真似する漫画が増えそう。

回も観るぞ。
おーえんしているよ。長く続いてくれ!

ゴォォルルデンンカァムウゥゥゥイ!












IMG_20180525_151506.jpg
端末が原因だったのね。どれ、公式ページ確認。
IMG_20180525_191426.jpg
しばらく待つか。しゃーないな。

↑このページのトップへ