金融商品取引法違反で拘束されていたカルロス・ゴーン。
収入の半分を申請していなかった罪で東京地検特捜部に拘束されていた。

関西空港から、
変装して逃げたのか?
演奏に来た楽器団の持っていた
楽器箱に隠れて脱出いう話もあるが…

関西空港よ、
ちゃんと荷物検査しろ。

関西空港ではないが、
私が国内線で移動した時は、
ブーツ脱いでの検査させられたぞ。

私みたいな一般人のブーツ検査より、
プライベートジェットに載せた
人が入ることができるほどでかい楽器箱、
ちゃんと検査しろよ。
ピストルでも麻薬でも偽ブランドでも持ち込みたい放題だろ。
プライベートジェットもってるVIPだから、
何もしないなんて思っていたんだろうか。

日本の空港はザルだな。
なんていい加減なんだ。

2020年1月3日現在、
レバノンに無事で逃げたが、
うーん、まるで映画のようだ。
レバノンで映画化されたりして。

「カルロス・ゴーンの日本大脱走」

サウンド・オブ・ミュージックとか、
スパイ大作戦みたいに、
ドキドキしそうだ。

特に日産をリストラされた人や、
切られた下請け業者は悔しいだろうなぁ。
日産を建て直したけど、
これで損した人間は日本に沢山いる。

海外では、役員は沢山貰って当たり前のようだが、
リストラされた人間にしたら、
貰いすぎで逮捕されたなら、罪を償って欲しいだろうなぁ。

しかし、ゴーンは、レバノンではヒーローのようで不動産も多数所有。
日本に引き渡すかは、どうだろう?
日本と犯罪者を引き渡す契約はしていないよう。
無視するのかな?

そもそも、ゴーンのパスポートが日本にあるのなら、
レバノン側が協力したのだろう。
経営者としては優秀だから、
レバノンの大きな会社の役員になるかもしれない。
国として関与は認めてないようだが、
誰が聞いても嘘くさい。

まぁ、レバノンで大手を振って生活できるのだろう。

ひろゆきといい、泉忠司といい、
海外に逃げるパターンが多い。
金持ちは逃げるが勝ちだな。
やられた関係者はたまらないなぁ。


泉忠司は、完全に時効狙いだろうなぁ。

そういえば、2020年4月民法改正で
一般的な金の請求が10年から5年で時効になるが、
残業代は3年のまま据え置きとか、ニュースでやってた。
サラ金闇金に追われる人は助かるが、
裁判で支払い命令が出ても、
払わないで海外に逃げるパターンが増えないといいが。

伊藤詩織さんに強姦で訴えられ、
損害賠償払いたくない山口敬之も海外に逃げたりして。
いや、コイツは仕事が激減したから資金が足りないかも。
ここまでニュースになったら、
いくらアベともでも、
安倍晋三は庇えないだろうな。
伊藤詩織さん民事訴訟のニュースはこちらから。