ジャーナリスト志望の
伊藤詩織さんが、
就活中に酒を飲まされ強姦されたと、
元TBSワシントン支局長の山口敬之を
1100万円の損害金を支払えと訴え、
刑事訴訟では敗訴したが、
2019年12月18日、民事訴訟で勝利。
300万円山口敬之に支払えとの裁判長の判断。

山口敬之は、
法に触れることはやっていない、
名誉毀損で詩織さんを訴えると言っているが…
今、この人の発言を間に受けている人はいるのだろうか。



裁判後、詩織さんは山口敬之の記者会見に来た。


Me too運動で、日本で1番有名な事件。
テレビのワイドショーでもガンガンやっていた。

刑事訴訟では敗訴したものの、
民事訴訟で勝てて良かったね。
これだけ時間がかかった上に、
山口敬之は、安倍晋三を取材したジャーナリストだから、警察も及び腰で、大変だったろう。

300万円は安すぎるが、
裁判で強姦による被害が立証できて良かった。

強姦は犯罪である!
就活セクハラは最低だ!
当たり前のことなのに、詩織さんはツィッターで叩かれていた。

詩織さんは次に、
「ハニートラップ」なんてツィッターに書き込んだ連中を訴えるのかな?
「法的措置をとる」だって。

何がハニートラップだ。
なんで被害者を叩くんだ。
山口敬之を叩け。
日本人は強姦犯に対して甘すぎる。
被害者は悪くないぞ。


性欲があったり、男がエロいのは本能だから否定はしないが、
強姦は犯罪だ。
セックスは相手の合意がなくてはならない。
山口敬之は、本来なら、刑務所で然るべき処分になってほしいが、
これが日本の限界なんだなぁ。

安倍晋三アゲアゲの本を書いた山口敬之は、
アベともで、
ずっと裁かれないと調子に乗っていた。

詩織さんが訴えた時さえ
警察上部は刑事告訴しなかった。

その上、山口敬之は常習犯くさい。
就活生を店に誘い、
酒に何か入れて昏睡状態にしてホテルに連れ込む。
セックスの録画までしていたようだし、
まるでナンパ塾みたい。
最低。


酒で泥酔させたり、和姦の証拠を作る
強姦犯罪者育成塾、
ナンパアカデミー塾長逮捕事件についてはこちらから。

伊藤詩織さんの本「ブラックボックス」の感想。
強姦時の体験と、
山口敬之の常習犯らしくやり慣れた手口。
強姦された時の病院選び。
安倍晋三絡みで警察が非協力的だった記録はこちらから。

最後に。
もし、最近、知り合いの女に無理やりやってしまった男がいたら、

逃げたり誤魔化したり音信不通にならないで、
男らしく、
なるべく早く、誠心誠意相手に謝りなさい。
土下座する位の勢いでね。

「申し訳ない。
貴方が素敵すぎたので、強引にやってしまった。
愛しているので、誰にも渡したくなかった」
と言って、付き合いなさい。

無理やりやると、粘膜が擦れて痛い。
女に痛い思いをさせたのだから、
高価なプレゼントや食事等をしなさい。
強引にやってしまったあとでも、
尽くして、
大事にお姫様扱いすると、
愛が芽生える事がある。


(まー、これは、ヒモ男のテクだから、
1万回謝っても、プレゼントしても許して貰えなかったらしょうがない。
だって、強姦は人権侵害の犯罪だしね)

セックスは泥酔させて無理やりやるな。
相手の同意を貰って和姦でやれ。

万が一、万が一、強姦してしまったら、
それは犯罪である。
1万回謝って、
男らしく責任をとろう。