泉忠司「仮想通貨詐欺訴訟」裁判傍聴記その3|本人来ない5分で閉廷 - ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記
2019年11月15日(金)、東京地方裁判所に、泉忠司(株式会社ONE MESSAGE)被告の「仮想通貨詐欺訴訟」民事裁判、第3回期日の傍聴に行ってきました。 結論から言うと、今回も泉忠司は来なかったです。 そしてさらにざっくり言うと、今回も5分もせず閉廷しました。 備忘録というか感想メモを記しておきます。 前だけを見つめ アーティスト: 泉忠司 出版社/メーカー: ICU Music Entertainment 発売日: 2016/05/27 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る 3回目の裁判は、泉忠司は来ないだろうなと思っていたけれど、泉忠司以外も来ない 泉忠司「仮…
www.teinai.work
ていないさんのブログより。
傍聴続けていて素晴らしい。

日本初、情報商材に対する裁判。
2019年11月15日。
第3回目。

すぐ終わったようだが、
裁判はちゃんと進行しているのだろうか?
日本の裁判は遅いからなぁ。

泉忠司って誰?という方はこちらから。
仮想通貨のプロモーター
情報商材屋
大学教授と、
色んなことをしていた。
自称キングオブコイン。

セミナーの様子はこちらから

裁判の原告は消費者機構日本と、
騙された消費者たち。

サイトはこちらから。
消費者機構日本より。
株式会社ONE MESSAGEおよび泉忠司氏に対し「仮想通貨バイブルDVD5巻セット(VIPコースを含む)」および「パルテノンコース(ハイスピード自動AIシステム及びこれに付帯するサービス)」の購入代金の返還を求めています。



裁判の進行はこちらから。
(本人出てきたことはないが)

訴えられた時の記事。

2019年 7月2日。
第一回目欠席裁判

そして
9月27日 欠席裁判 2回目 今度はスイスに。



ネットで泉忠司と検索をかけると直ぐに出てくるMatoma
集団訴訟プラットフォーム、だそうだが
この会社は大丈夫かなぁ?
YouTuberアンゴロウさんが警告。
裁判に話は戻る。
原告は、株式会社ONE MESSAGEと泉忠司。

泉忠司は情報商材だけではなく、
プロモーターとしてLINEで友達登録者に

仮想通貨、
エイダコインやら
ノアコイン

なんかをいっぺんに買わせて、
その後値段が下がり
大損した人がTwitter上で沢山いる。
しょうもないステルスマーケティングの合間に、苦情がチラホラ。

泉忠司は、
裁判は弁護士におまかせ。
インスタで、海外リゾート旅行を自慢。
日本に帰ってくる事はないでしょうな。


他人から騙した金で豪遊。
スイスの次はメキシコでイルカに戯れていたよう。

騙す人間なんて、
こんなもの。



帰ってくるとしたら、
2ちゃんねる書き込み削除裁判の
ひろゆきみたいに、
時効になってからかなぁ。

泉忠司の後ろにいる黒幕共はどうしているのだろう?

騙す人間が悪いが、
これから、知り合いに儲け話を勧められた人に告げる。

バイナリーやらFXやら、マルチやら、仮想通貨やら、
本当に儲かる話なら、
自分一人で銀行から金を借りてこっそりやるもの。

それと、いい投資話は、
まず、金持ちに発表される。
その方が多額の金を集めやすい。

普通の人に回ってくるのは、
金持ちが、儲からないと判断したもの、
と心得て欲しい。

初心者は積立NISAやiDeCoあたりにしておけ。




日本は詐欺に優しすぎるぞ。
海外のように詐欺は法律で取り締まって欲しい。

この欠席裁判はいつまで続くのだろう。
まぁ、アンゴロウさんやていないさんでチェックしつつ、
こちらで発表していきます。