IMG_20190530_181946.jpg
2019年5月30日うちのポストに届いたチラシ。
「お譲りします」という字に引かれて見たが、中古26000円からでメモリが2GBや4GBかぁ。
日本メーカーだが、
このメモリではあんましお得ではないかも。
ちょっと怪しいかも、と思った。
IMG_20190530_182739.jpg
あと、3年から6年使ったパソコンって結構バッテリーとかCPUとか消耗していないかなぁ。
お得ではない。
4~5万円の品物もあるようだが…
SF商法(狭い会場をサクラを含む人間でいっぱいにして、興奮状態にして煽る売り方)じゃないといいが。
IMG_20190530_183314.jpg
あと、大企業や官公庁を全面に出してくるのも怪しい。
後援には地元テレビやラジオ。
会場は市の施設。
(マルチ商法でも信ぴょう性出すために、こういうお堅い所でセミナーやったりするからなぁ)

普通の中古パソコンよりお上のお墨付きっぽい雰囲気を出そうとしているところが胡散臭い。
と、思ったらダイヤモンドオンラインで記事になっていた。
CPUの種類だけが表記されており、型番の表記がありませんね。この書き方ではどのCPUが使われているか、説明していることになりません。同じi3でも2008年製のものと、18年製のものでは、性能に雲泥の差があります。これは11年製の第2世代で、8年前の型落ち。iPhone4をiPhoneと言って売っているようなもの。なぜ誰も疑問に思わないのか、不思議です

型番が分からないのか。
価格ドットコムでチェック出来ないじゃん。
8年前のパソコンだったら嫌だなぁ。
お得じゃないな。

ここのノートパソコン、どれも相場よりかなり高いですよ。このスペックと年式の中古であれば半値がいいところです。オフィスの互換ソフトや年賀状作成ソフトがついている点を差し引いても高すぎますね。おまけにDVDドライブはついてないですし、ここで売られている別売りのドライブは市場価格の倍。おすすめはしません」

建部さんいわく“市場価値の倍の値付け”のPCは、その後も飛ぶように売れていきました。

また、PC用のマウスは別売りなのですが、そのマウスはアマゾンで777円で販売されているもの(19年1月21日現在)。マウスは袋に最初から同梱されており、販売員は「マウスは2000円になります」と、支払いの直前になって案内していましたが、「マウスは要りません」と断る人はいませんでした。


そーゆー仕組みだったのか。

ちーっともお得ではないようだ。

変な商法がまかり通っていやな世の中だ。

中古パソコンが欲しいなら、
官公庁・大企業を全面に出す真似をしない
普通の中古パソコン屋から買いましょう。

ちなみにウケるのがこのチラシの文句
IMG_20190530_190349.jpg
「詐欺業者にご注意ください」
「不審広告物」
しっかり注意してくれている。
どの口で言っているんだか。