地上波のテレビって録画しないと見れないし、
見逃す事が多いんだけど、
こちらの「北海道独立宣言」は、YouTubeでも視聴出来て便利。
クラウドファンディングの宣伝として生放送もやっている。

サブタイトルの通り、レストランを北海道の大樹町(たいじゅちょう)に100日でオープンする素人参加の企画モノ。

見た感想としては、製作者は「ガチンコ!」って番組を今風にしたいのかな、と思った。
後にヤラセが発覚したが、
このファイトクラブの掴み合いとかはインパクトあった。

第1回目、
早速、
「宇宙をテーマにしたレストランにする」とか、
素人参加メンバーが盛り上がっているところでホリエモンに「田舎モンの発想」とダメ出しされて、
「行政と話は通してあるから、勝手にやるし」
みたいなメンバーだったが、
私もホリエモンと同じ意見だ。

発想がちと時代遅れ。
「宇宙をテーマに」なんて、要らない。
「北海道の食材にこだわって、新しいレシピとかが光る地元食材のレストラン」でいいと思う。

テーマパークの近くのレストランだったら、ありだと思う。
ディズニーのホテルみたいに部屋中ディズニーとかね。


でも、今のところ、大樹町にロケット関係で来る人や地元民はそういうの求めていないと思う。
普通に美味しいレストランでいいよ。
山形県のアル・ケッチャーノみたいにレベルの高い地元食材を料理するといいと思うよ。

あと、北海道には、
全国に流通していない、
珍しい食材が沢山あるから、
そういうのを出すといいと思う。

桑の実は、潰れやすいけど、美味しいぞ!
子供の頃木登りして取ったなぁ。

コクワは、果汁酒が美味い。

グズベリやラズベリーは低い位置になるから取りやすい。

カリンズ、野葡萄は煮て、少し砂糖を入れてジュースに。

都会にはないものだから、
遠くからでも食通が来るよ!


求められていないものを作ると、
お客さんは初めは珍しがって来ても、
直ぐに流行らなくなる。
特に交通の便が悪い田舎は悲惨。

何かをテーマにしたものは、「ふるさと創成事業」の時に結構作られたが、どれもイマイチだった。
この時の建物ののセンスの無さよ!


それと、やはりバブル期にいろいろなテーマパークが出来たが、
どこも流行らないまま赤字となっていった。
安直すぎるアイディアで、とてもディズニーランドにはなれなかった。

この北海道独立宣言のメンバーは若者だから、安易なテーマは、お客さんがつかないというバブルの失敗を理解出来ないのかもしれないな。

また、来週ホリエモンからダメ出しされるのかな。

今回は手厳しいことを書いたが、
「北海道独立宣言」は、
素人が1からレストランを作る事自体は凄いと思うよ。

クラウドファンディングにもチャレンジしているし、メンバーには期待している。

来週も観るぞ!2はこちらから。