IMG_20181121_233404.jpg
IMG_20181121_233426.jpg
2019年2月23日 加筆、修正あり。

メルカリでクリックポストを使ったレビュー記事です。
長いので、
興味のない方は無視してください。

メルカリで息子に発送をよく頼んでいたが、複数同時に頼むと、
3度も中身と発送先を間違やがった。
もー、アホに任せておけない。
誤配の話はこちらから。
ゆうゆうメルカリ便はコンビニ発送。
うちからコンビニは遠いし、
本の出品が多いので、
Yahooオークションでお馴染みのクリックポストに申し込んでみた。

注意、クレジットカードが必要です。
ヤフーウォレットは銀行口座で大丈夫。
違いを押さえておこう。

うちにはプリンターがなく、
今までは紙が必要な時は、
コンビニでUSBに入れたPDFファイルを
データ読み取り印刷していた。
ネットで安いプリンターを検索。
店舗も通販も大して値段の変わらない。
Canonの5000円ちょいのプリンターをYAMADA電気で購入。
写真印刷とかそんなにしないから、
まずは安いヤツで様子見。


気になるインクは今は購入時に入っているのを使っているが、
切れたら買わないといけない。
カラーとモノクロ2種類のインクが必要。

カートリッジの種類
黒いインクが1000円くらいのと、
黒でもう少し量の多い1500円程の、
カラーは2000円。
モノクロ印刷しかしなくても、カラーのインクが減るようだ。
黒のインクだけ使ってくれよ。
メーカーは、こういうところで儲けているっていうけど本当だな。
昔は白黒しか出来なかったのに。
まあ、カラーもそのうち使うかもしれないから良しとするか。


今のプリンターはWiFiでスマホから直接出来るのね。凄い。
パソコンとスマホにCanonサイトからアプリをダウンロードして、使える。
前うちにあったプリンターはCDドライブだったなぁ。


ただ、スマホのポップアップの設定がややこしかった。
ここを乗り越えて、スマホから直接クリックポスト印刷生活出来た。
クリックポスト使いたい人は押さえておこう。
ここにメモを残しておく。


ポップアップブロック切り替え方法。Android。iPhoneと違うので注意。
まずはGoogleマークをタップ。
IMG_20181122_222158.jpg

開いたページの3つの点の所をタップ。
IMG_20181122_222248.jpg


次に設定をタップ。
IMG_20181122_222401.jpg

サイトの設定をタップ。
IMG_20181122_222454.jpg
ポップアップとリダイレクトをタップ。

IMG_20181122_222541.jpg

offになっていたら、タップしてonにしよう。
IMG_20181122_222616.jpg
IMG_20181122_222650.jpg
これで、クリックポストが使えるよ!
でも面倒くさいのが、今までメルカリに出品した品物の発送方法を全部「ゆうゆうメルカリ便」から、「クリックポスト」に切り替えないといけない。

メルカリ便発送のままだと、
匿名になっちゃうから切り替えておこう。
発送の方法をタップ。
IMG_20181122_225845.jpg
スクロールして、下から2つ目、クリックポストをタップ。
IMG_20181122_225949.jpg
ページを戻ると、クリックポストになっています。
IMG_20181122_225319.jpg
あとは、商品が購入されたら、
早速やってみよう。
4ついっぺんにも出来るようですが、
1つ売れた時は、1件申し込みから申し込もう。
IMG_20181122_225559.jpg
IMG_20181122_225006.jpg
メルカリのサイトの購入者の郵便番号、住所、指名をドラッグでコピー。
クリックポストのサイトに貼り付けて、
支払い方法を選択すると、


PDFファイルを発行してくれる。


そのファイルをCanonのアプリから選択すると印刷出来る。

IMG_20181122_231937.jpg
IMG_20181122_231649.jpg
あとはプリンターで印刷して、封筒に貼り付ける。
印刷失敗しても、
料金は郵便局でバーコードを読み取ってから
発生するので、
3回印刷したから、料金3つ分かかった!ということはないようです。

ハッキリ言って、お金の管理は、
メルカリポイントから引いてくれる方が、
わかりやすいのだが、
うちはコンビニから遠いし、
息子に複数渡すと、
匿名配達でコンビニでプリントされた伝票を間違えて別の荷物に貼り付けて出すから、
これからは本名でポスト配達にします。

でも、下準備に
ヤフーウォレットのクレジット申し込み、
プリンター5000円の購入、
パソコンとスマホのCanonアプリのダウンロード、
スマホのポップアップブロック設定。

売れて発送する時は、
メルカリの購入者の郵便番号、住所、氏名のコピー、
クリックポストのサイトログインして貼り付けて、
クレジット支払いにOKして、ファイル発行。
Canonのアプリ立ち上げて印刷。

もーちょっと楽にならないかなぁ。
安い品物だと、作業の割に入ってくるお金が少ないから、嫌になる。

メルカリの画面からクリックポストが使えたらいいのに。
ヤフーのサービスだから、出来ないんだよね。
面倒だ。

(2019年加筆。
このプリンター、
購入した時に付属品としてついていたインクの黒が、2019年の2月に減ってきて、
インクが減ったランプがオレンジに点灯。
ヤマダ電機で2300円くらいの大量に入った黒インクを購入する羽目に。
クリックポスト印刷しか使っていないのに。
インク減るのが早いし、高い。)

そして、ポスト投函口の大きさ!
うちの目の前にあるポストは昔のタイプのポストらしく、
雑誌等のA3サイズが入らない。
もう1つ遠いポストは入るので、
大きいものが売れたらそちらまで歩いて持っていかないといけない。

(2019年2月23日加筆
ポストの投函口がいつの間にか大きく変えられたのかな?
A3サイズが、入るように。
助かる!)

不便。
あと、ポストって上から郵便物落とすので、
本の角やCDなんか大丈夫だろうか。
私が荷物を入れたあとに上から1キロの荷物を投函されて潰れたらこまる。

日本郵便でスマートレターもあるよね。
小さい単行本はそっちにしようかな。
また、レビューします。

(2019年2月23日加筆、
メルカリで、
売った品物を受けっとたのに「受け取り評価」をしてくれない人がたまにいる。
「受け取り評価」されないと売上金が入らない。
売った相手が、受け取り評価をしない時は
期限が過ぎたらメルカリ事務局が、
こちら売上金を入れてくれるが、
メルカリは、たまにルーズな人に当たる事があるため、
追跡のあるクリックポストやメルカリ便が安全。
スマートレターは知り合いに厚さ2センチ以内の本を贈る時に使い、
結局、メルカリではまだ使っていません。
メルカリは、
コンビニ決済を期限が過ぎても払わず、事務局が、キャンセルしたり、
受け取り評価ずっと入れない人の売上金を回収してくれたり、
そこんところは便利。
手数料10%は、高いが、ルーズな人対策をしてくれるのが有難い。)