「ディズニーアート展」を見終えた私は、せっかくなので常設展示にも行ってきた。
ディズニーアート展のエントリーはここ

のまえに、ごはんたべました。食堂で。
9SDF2jX5XF.jpg
なにこれかわいい…
ここ、ドリンクバーならぬ、出汁バーなるものがあり、昆布とかかつおや煮干し等出汁が選べるんです笑
ほとんどのメニューに地球ついてます笑
凄くきちんとしている食堂なのに、ゆるくて、かわいい。そしてお手頃でした。

中の展示は凄かった〜〜!
これが。
な、なんだおまえ…
わたし。こいつに心奪われてしまい、ずっっと見続けて、終わりの時間迎えてしまいました…

閉館時間間際、施設のお姉さんが親切に(心配して)声を掛けてくれて、色々説明してくれました。
こいつはテレノイドといって、すべての個性を取り去った究極のカタチをしたアンドロイドなのだ!
性別、年齢もわからないようにつくられており、膝の上に乗せてハグできちゃう。そんなサイズ感。こいつの仕事は、遠隔で対話ができて、その時の対話者によって、見え方が変わるのだそう。

クリオネ型のスケキヨにしかみえないです。

お姉さんにこういった、使用の目的を根掘り葉掘り聞いてたら、施設のお兄さんが親切に(心配して)このテレノイドを実演時間外ではあるが動かしてくださる事になった。

DwNczlGrsP.jpg
「あーどうもどうも!こんなかんじでね!お喋りできちゃうし、頷いたりできるんですよ〜〜!ハハ!」

首、ガックガック動く!
口もパクパク〜〜!
不思議と明るい関西ノリの好青年にミエテキター!!!

テレノイドしゅごい。