月別アーカイブ / 2021年12月

この本は人材採用会社ディップの元COOの大友さんが書いた本です。ディップの現COOは元ヤフーの志立さんですごい会社とは聞いていましたが創業者の方の情熱やアイデア力、そしてそれを支える経営チームの一体感は本当に素晴らしいと思いました。
この本はディップの創業者の冨田社長が凄い方という部分もありつつ、それを支えるチームが成長に合わせてどんな課題をあって、それをどう解決したのかという部分がとても参考になります。やはり組織は人で成り立っていて、成長に合わせて組織も成長しなくてはならない。それをどう実現していったのかCOOでありCHROでもあった大友さんの話がとても参考になりました。
成長している、もしくは成長を目指しているベンチャー経営者や人事担当者にお勧めの本です。
フィロソフィー経営――ロイヤリティが生んだディップ急成長のドラマ

この本は元良品計画社長の松井さんの書いた本です。松井さんは大学の先輩でもあり、年に数回お会いしてお話伺うのですがとても優しい話し方でありながら経営に関してはとても厳しい眼を持っている先輩です。
西友の人事から良品計画の立て直しで社長になり様々な課題を解決した方法論として仕組み化があります。どんなに良い商品をどんなに優秀な人材が売ったとしても事業の成長に組織の成長がついていくのは難しくベンチャーでも良く成長痛を経験することがあります。それに対して仕組み化で様々な課題を解決されていてとても参考になります。言葉で言ってもダメだけど仕組み化すると気づく、そして行動に移すという考え方ぜひ実行したいと思います。
仕組み化が苦手な経営者に特にお勧めの本です。
無印良品の教え 「仕組み」を武器にする経営 (角川新書)


↑このページのトップへ