月別アーカイブ / 2021年11月

この本は成功したミュージションが自然とやっている行動が実はビジネスにも役に立つということを紹介している本です。私も音楽をやっていたのでとてもしっくりきました。特にジャズをやっている時にはインプロヴィゼーションというかコラボレーションというか一緒に感じることで自然とつながっていく意識を感じました。
イノベーションコンサルティング会社IDEOの方がミュージシャンの創造的なモノづくりを色々客観的に分解して多くのミュージシャンの事例も含めて書いてあるので音楽好きにはわかりやすいかも知れません。「自分は統率するのは文化であって人ではない」という言葉はとてもしっくりきましたし、耳を澄ます、コラボレーション、リミックス、ファンとつながるなどの項目もそれぞれ学びが多かったです。
創造思考: 起業とイノベーションを成功させる方法はミュージシャンに学べ


この本は最近色々と解明されている脳科学の本です。数年前であれば行動の原因は心理学で説明されていましたが、これが脳内成分で説明出来るようになってきました。おそらく最近脳波を読む技術も進んできているのでリアルタイムでその人の考えていることがわかり且つコミュニケーション出来るようになるでしょう。脳をコピーして個人のクローンを作る技術なども進化しているようですね。
この本は具体的に脳内物質からどうやって自分の気分を上げていったり、自身をコントロールするのかなどが書かれていて参考になります。自分のコントロール苦手な人ぜひ読んでみてください。
脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

この本はジム・コリンズさんが書いた名著「ビジョナリー・カンパニー」の集大成的な本です。シリーズ1,000万部売れたのだとか。
この本をバイブルのように話す経営者多いですが読めば読むほど心に染み入ります。経営者にとって常に成長しないとと焦る本ですね。
リーダーシップとは従わなくても良い自由があっても人が付いていくこと。ブートキャンプは強靭な精神の人間を選ぶ目的ではなく辛いでも周囲を助けるより自分を優先する人を排除する目的でやるもの。仕事を業務としてではなく責任と思えるかなどなど。考えさせられる言葉が多いですが、やはりバスに乗る人を選び、バリューやミッション、ビジョンに定め言行一致で仕事に真摯に向き合えば仮に大きな成長が出来ないとしても成功する可能性は高いというところ本当に学びが多いです。
ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる

↑このページのトップへ