月別アーカイブ / 2020年04月

ユヴァル・ノア・ハラリさん著の「サピエンス全史」と「ホモ・デウス」を読んで、更にこの本ということで読みました。今まで人類の進化やAI化による世の中の変化という点で人間は半分ロボット化していくのか、貧富の差が更に拡がりベーシックインカムの導入に繋がるのかなど考えていましたが、この本ではある意味貧富の差が拡がることは仕方がなく、また人類そのものも進化して分化していくという印象を受けました。
昨今コロナウイルス が世界中に拡がり良くも悪くもこれから格差が拡がるのだと思います。ファシズム、共産主義、自由主義に変わる新たな社会システムが生まれるのか。まだ分かりませんがコロナ以前に戻るとは思えず、改めて人間とは何かというところ考えさせられました。ただ人間は変化してきたことは間違いなくこれからも変化することは受け入れなければいけないなと思いました。
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考
book.jpg

この本、USEN-NEXT社長の宇野さんに関して書かれた本です。私達IT業界においては本当に先輩というか兄貴分というか一緒に仕事をしたことはないのですがプライベートでお世話になった方多いのではないかと思います。
内容はとても壮絶的な内容でした。お父様が創業した旧大阪有線放送社の成長を横目で見ながら起業家マインドを学び、リクルートを通じてビジネスを学び仲間を集めインテリジェンスを起業し成長させて、その後大阪有線を継いでまでは良かったのですが、その後の様々な山あり谷ありの苦労が本当に壮絶です。
それを乗り越えて今成功されている宇野さん凄いですし、動画ビジネスや光通信事業などの先見性も素晴らしいです。
想いを行動に移し結果に繋げる人間力本当に勇気をもらいました。お父様の「ワシより働くもんがおったらそいつが社長や」という言葉響きました。
起業家の皆さんお薦めの本です。是非大変な時に読んでください。
起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡

book.jpg

ベン・ホロウィッツが書いたベンチャー起業家にとっての名著「HARD THINGS」に続く名著が出来ました。早速先行して読ませていただきました。

「偉大な文化があっても偉大なチームが作れるわけじゃない、プロダクトがダメなら、文化が優れていても企業は失敗する。それでも文化を気にすべきなのは。。。」の続き皆さん読みたいでしょう。
文化が無いと長期的に組織は動かない、ただ文化を守るだけでもダメ、生き残るためにどんな文化が必要なのか、それをどう具現化するのか。歴史上のリーダーの事例なども交えながら書かれています。
難しいテーマですが起業家や経営者が本当に納得して頷くメッセージが沢山詰まっています。

起業家や経営者に本当にお薦めの本です。コロナウイルスで大変な時期ですが、共に頑張って乗り切りましょう。
Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる

book.jpg

↑このページのトップへ