この本は集英社インターナショナルの佐藤さんよりいただきました。著者の中谷先生が大企業の経営者候補生を集めて教えている不識塾の課題図書を紹介している本です。この本を読んで今年リベラル・アーツの知識を深めることを目標にするきっかけとなりました。

中谷先生は元々ハーバードで学びアメリカ的ロジカルな考え方中心だったそうですがグローバルのエリート達と様々な議論をする中、これだけでは足りず歴史観や宗教、また日本の歴史、哲学など様々な深い理解が必要ということに気付き、日本の若手エリートにそれらの考え方を教えるこの 「不識塾」を開いたのだそうです。

この本はその塾生たちが課題図書を紹介しています。ポスト資本主義や民主主義とは?、保守主義とは?、日本の未来は? 西田哲学、宗教観、日本人らしさとは?など様々なテーマについて書かれています。

変化の早い現代で歴史観を持って判断をしたいと思う方々にお薦めの本です。
不識塾が選んだ「資本主義以後」を生きるための教養書
fushikijuku