月別アーカイブ / 2014年03月

角川歴彦さんの本を読ませていただきました。著作権法に関して書かれた本かと思ったら著作権だけでなくコンテンツやメディアのビジネスモデルの未来が書いてあり本当に勉強になりました。

角川さんとはLINEでも以前の会社でも様々なビジネスご一緒させていただき、やはり本や雑誌だけでなく映画やゲームなど出版の枠を越えてイノベーションを起こされている会社ですが、この本を読んで角川歴彦さんのインターネットビジネスへの造詣の深さに驚きました。

現在日本の著作権法は攻めよりはむしろ守り中心に構成されているため、海外の攻めの著作権をベースに広がったビジネスモデル、例えばコンテンツ配信やクラウド関連のサービスなどについて出遅れ感があります。もちろん様々な日本企業の努力によって改善されつつありますが、一方で米国企業の黒船到来で変化を余儀なくされるという場合も多いように感じます。

角川歴彦さんはこの状況を憂いながらもあるべき姿を具体的に語っていて参考になります。

インターネットビジネスやコンテンツビジネスをしている方々にお薦めです。
http://www.amazon.co.jp/dp/404080001X/ref=cm_sw_r_tw_dp_LkEftb1B0326W 
chosakuken 

今週は大学時代の友人加藤さんの紹介で山形県庄内地方を訪問しました。この地域は美味しい食べ物が多く素晴らしい食文化が残っており、一方で知的好奇心が高い方が多く様々な勉強会が開催されているのだそうです。

そしてこの地におよそ13年前に慶応大学の先端生命科学研究所が誕生しました。所長は冨田勝先生です。米国カーネギーメロン大学で人工知能を勉強した際にロボットから人間へのアプローチより人間そのものを研究した方が良いと考え医学博士にもなったそうです。そして今この地でバイオとビックデータを組み合わせ新しい領域で次々とイノベーションを起こしています。
tomita1

















代表的なものはメタボローム解析という代謝物質を解析する技術で唾液や血液の分析だけでがんの発生や肝臓疾患がわかるのだとか。現在はその技術を応用して様々な研究が行われていて、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社という会社を生み出し上場まで果たしました。またそれ以外にも遺伝子技術やゲノム工学など様々な先端科学をITと組み合わせ基礎技術から応用技術まで研究をしています。単に真面目に研究するだけでなくこのようにスパや女性のための託児所を作ったりとクリエイティブに研究出来るような理想の研究所でした。冨田先生の情熱がこのような素晴らしい環境を生み出しており、今後更に多くの画期的な発明が出る予感がしました。
tomita2

















そしてこの研究所から世界的に有名な会社が誕生しました。スパイバー株式会社です。社長は関山和秀さんでまだ30歳ほどの方ですがとても強い意思と情熱を持った方でした。蜘蛛の糸を人工的にシュミレーションし強い糸を安く作れるところまで開発し現在はその技術を応用して独自の様々な素材を作れるようになったのだとか。応用範囲がとても広く日本を代表する企業に成長するでしょう。本当に期待の会社です。
spiber1













spiber2




















その他こちらで山伏の方や地元の様々な団体の方々とITの活用についてディスカッションし 帰ってきました。地元の皆様ありがとうございました。

慶応大学先端生命科学研究所 http://www.iab.keio.ac.jp/jp/
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 http://humanmetabolome.com/
スパイバー株式会社 http://www.spiber.jp/

HIS創業者で会長、そして現在ハウステンボスの社長である澤田さんよりハウステンボスで色々な新しい事をやっているので見に来ないか?というお誘いを受け図々しくも見学をしてきました。

ハウステンボスは2010年より澤田さんが社長に就任されてから早々に黒字化し更に今新しいチャレンジをしています。就任されてからまず社員の皆さんを巻き込み自らも動いて細かい改善を重ね、従来のオランダというテーマを越えワンピースやAKB48のイベントを行ったり、 お化け屋敷やドームシアターを作って今まで年配のお客様が中心だったところに若い人たちも楽しめる仕組みを作って学生や家族連れのお客様を増やしました。また夜は静かだったところにプロジェクションマッピングやLED照明を使ったイベントを行って夜も楽しめるようになって、更にリピーターを増やしています。その他歌劇団やフィールドアスレチック、温泉など更なる企画も満載でハウステンボスを再建されました。

そして今このハウステンボス内が新しい技術の実験の場になっています。 この敷地内は私有地扱いのためセグウェイが走ったり、電気自動車が走ったりしています。そして今ここでスマートハウスの実験が行われているのです。家の中のシステムで自らソーラーパネルや風力発電で発電しそれを管理出来たり、温度も輻射熱の仕組みを使ってエアコン無しに調整出来たり、また空気中から水を集めてそれを飲水として再生する仕組みなど様々なものが実験されていました。そして更に来年はこれらの技術にロボティクスを組み合わせスマートホテルを作るとか。

日本中から新しい技術が集まっていて、その新しい技術を実際の現場で使い改善し、更に良い技術であればそれを子会社のハウステンボス・技術センター株式会社を通して事業化もしているのです。世の中のためになる本当に凄い仕組みを作られて勉強になりました。

ハウステンボスはこちら
http://www.huistenbosch.co.jp/
ハウステンボス・技術センター株式会社はこちら
http://www.htbtc.co.jp/ 
smarthouse2smarthousesmarthouse3

↑このページのトップへ