月別アーカイブ / 2014年01月

今週から仕事初めでしたがいざ始まるとすぐに通常モードに。何だか年末年始が遠い昔のように感じますね。

今週は月曜日にグループ会社のデータホテルの全体挨拶で新宿本社に向かい嶋田社長と、そして水曜日に渋谷のLINE本社にて出澤COOと。昨年同様緑のLINEだるまへの目入れも行いました。

今年も新たな高み目指し頑張ります。
 shinnen1shinnen2

震災後時間的にも精神的にも余裕がなく被災地を訪問出来なかったのですが、今回時間が出来たので行ってきました。

震災後の1年は現状についてメディアから様々な報道がありましたが、最近はあまり報道もなく復興が進んでいるのか進んでいないのか課題が何なのかわからない中で実際に現地を見て、そして現地の人に話を聞くことで何か見えること、自分の出来ることなどあるかも知れないと思い被災地を訪問しました。

初日は最も被害の多かった陸前高田市を訪問しました。東北新幹線の一ノ関駅で降り、レンタカーで約3時間ほど山道を運転しようやく着いたのは夕刻でした。 まずは奇跡の1本松を見てきました。被災地の海岸に残っていて本当にこの場所で良く残ったという場所に1本だけ残っていました。その周りにはまだ壊れた建物が残っていましたが、それ以外は更地にされ工事が行われている広大が土地がありました。街全体が津波に巻き込まれ何も無くなってしまって未だに店舗もあまりなく一部コンビニや携帯ショップ、銀行などが仮設で運営されているという状況でした。その夜はキャピタルホテル1000に宿泊しました。このホテルは元々海沿いにあったホテルだったそうですが流され崩壊したのですが、地元の強い要望があり国の補助金や気仙沼信用金庫、三菱商事の支援で高台に再建したそうです。そのホテルからの眺めは本当に荒涼としたものでした。夜は様々な起業で成功された株式会社バンザイ・ファクトリーの高橋和良社長の家に伺って現地の皆さんのお話を伺いました。多くの方々が亡くなっていることから予算があったとしてもそれを具現化するマンパワーやノウハウが無いということが一番課題だそうで、また色々な規制などもあり復興に時間がかかっているとか。色々と勉強させていただきました。
echizentakada1echizentakada2echizentakada3















































そして翌日は車で海沿いの街をまわりました。被害の大きかった気仙沼市を通りましたが、陸前高田市よりは被害が少なかったためか屋台村や仮設の市場などが立ち並び、漁港もきちんと整備されていて復興が進んでいる印象がありました。
kesennuma2kesennuma1































そしてそこから仙台に向かい「ITで日本を元気に!」の発起人代表の佐々木健一さんとお会いして一緒に被災地を案内いただきました。佐々木さんはトライポッドワークス株式会社というIT企業の代表もされています。 最初に案内いただいたのが浪分神社でした。過去の東北地方太平洋側で発生した大地震・大津波を伝える神社でおよそ400年おきに被害にあっていたという記録が残っていました。400年間これらの情報を蓄積しまた伝えていくことの難しさを感じました。佐々木さんはデジタル時代にどうやって残していくかということも考えてらっしゃるとか。その後に仙台市の若林区荒浜、そして名取市の閖上を訪問しました。どちらも完成な住宅街が津波で壊滅したそうで住宅街だった過去の様子が微かに残っている状況でした。現在高台に新たに住宅を作る計画が進んでいるそうですが被災地そのものは当時の様子がそのまま残っていました。「みやぎの海辺 思い出の風景」という被災前と被災後を航空写真で比較した本を買って見ながらまわったのですが、幸せな日常が突然大津波で消えてしまったということを現地を見ても信じられないほどごくごく普通の場所でした。
sendai1















sendai2sendai3































今回被災地をまわってみて、地方には色々とやるべき課題があり、また震災対策としは予算もあるが、それを実行するための人材が圧倒的に足りていない状況をあらためて認識しました。ただこれはボランティアが増えれば良いということではなく、根本的に地方都市はどうあるべきなのかを根本的に考える必要があると思いました。昨年元気な地方都市も見てきて何か答えがあるような気がしています。またこれについては何か答えが見つかったらブログに書きたいと思います。

NHKさんからの依頼で分不相応かと思いましたが元旦のNHKスペシャルに出演しました。出演者は医師で作家でもある鎌田實さん、慶応義塾大学教授で元閣僚の竹中平蔵さん、日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さん、評論家の宇野常寛さん、ジュエリー会社代表取締役白木夏子さんという錚々たるメンバーで大変恐縮しました。

竹中さんと白木さんとはG1でお会いしたことがあり面識もあったのですが、他の方々とはお話したことがなくテーマが「どうするニッポン~2020年・東京五輪への始動~」 という大きなテーマで一体何が話せるのかという緊張し出演したのですが、それぞれのテーマに対してそれぞれの専門の方々が自らの考えについてはっきりと意見し、また番組収録でありながらかなりざっくばらんに議論も出来て刺激にもなり勉強にもなりました。また自分の足りない知識について更に学ばなければという反省もありました。

番組放送内では全ての議論が放送されずちょっと足りなかったところやほっとしたところなどありましたが、これを機に特に都会と地方のあり方や少子高齢化などの現状について勉強しようと思いました。何か会社ではなく個人としても出来るところから考えていきたいと思います。
nhk

↑このページのトップへ