元P&Gで資生堂など様々な企業でCMOを経験された音部さんのマーケティング手法の本です。マーケティングって何?といつも自分の中で悩むことが多いですがこの本を読んでとてもスッキリしました。
特に消費財に当てはまるような話が多かったのですが、商品をどう差別化するか、特性をどう強みにするか、そしてどう生活者に伝えていくか。新しい商品ほどインタビューでは消費者ニーズは出てこないし、また潜在的なニーズを広告宣伝で伝えるのはしっかり仮説を立てることが大事、再購入を実現する方法などなど。パーセプションをベースにした方程式について色々考えてみたいと思います。
マーケティングや経営に関わる全ての人にお勧めの本です。
The Art of Marketing マーケティングの技法