第一弾も読んだのですが寿命が100年時代にどんな生き方をするのかという本です。前回はもしかして100年生きるかもしれないという感じでしたが、今回はもう100年生きるのは間違いないという印象を持ちました。
100年生きるとすると、人生何回転かするような生き方が求められると思います。職場であったり、職種であったり、住む場所やもしかしてパートナーであったり。それを前提に生きるとなると、生き方がずいぶん変わるのかと思いますが、一番大事なのか健康といつもフレッシュに考える柔軟性なのかなと思いました。常に新しいものを否定せずに前向きに生きると長生きしそうですね。頭が硬くなってくる40代以降の人に特に読んで欲しいですね。
LIFE SHIFT2―100年時代の行動戦略