この本は成功したミュージションが自然とやっている行動が実はビジネスにも役に立つということを紹介している本です。私も音楽をやっていたのでとてもしっくりきました。特にジャズをやっている時にはインプロヴィゼーションというかコラボレーションというか一緒に感じることで自然とつながっていく意識を感じました。
イノベーションコンサルティング会社IDEOの方がミュージシャンの創造的なモノづくりを色々客観的に分解して多くのミュージシャンの事例も含めて書いてあるので音楽好きにはわかりやすいかも知れません。「自分は統率するのは文化であって人ではない」という言葉はとてもしっくりきましたし、耳を澄ます、コラボレーション、リミックス、ファンとつながるなどの項目もそれぞれ学びが多かったです。
創造思考: 起業とイノベーションを成功させる方法はミュージシャンに学べ