この本はさまざな成功と失敗に関する一般論が本当にそうなのかというところを色々な文献や実例に基づいて説明している本です。決して残酷ではありません。
例えば、エリートコースが良いのか挫折があった方が良いのか、1つのことを続けた方が良いのかすぐに見直した方が良いのか、良い人が良いのか悪い人が良いのか。結果ケースバイケースという場合が多いのですがその環境によって変わるところもあり興味ある人にはお薦めします。
残酷すぎる成功法則
book.jpg