アイリスオーヤマを一代で築いた大山会長の成長の過程と経営の考え方について書かれている本です。元々受託の会社だったところから自社の商品を開発し、それを卸を通さずに販売出来る流通の仕組みを作り、最近はEC事業でも急成長しているすごい会社です。
通常の経営の考え方とはある意味異なるやり方で成果を出し、成長をしている点、本当に学びが多いです。日本の物作りの強いところをマーケティング力でしっかり事業モデルとして確立している点物凄く学びに繋がります。メーカーや流通業で仕事をしている方々に読んで欲しいお薦めの本です。
いかなる時代環境でも利益を出す仕組み
book.jpg