この本はセールスフォースジャパンの立ち上げに携わった福田さんの書かれた本です。日本のスタートアップにおいて営業というポジションはとても重要です。何故ならクライアントは大手主義、実績主義、そして保守的な意思決定をするので営業が強くないと商品やサービスが良くてもなかなか受注につながらないうからです。
この本では日本ではまだまだ進化途中の営業のイノベーションについて書かれています。特にSaaS系のベンチャー企業で導入している概念や仕組みではありますが、おそらく一般企業の営業部門ではまだまだ活用されていない考え方かと思います。
営業のリーダーや責任者、担当役員の方々におすすめの本です。
THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス
book.jpg