コロナウイルスで色んな危機と向き合っている状況ですが、人類が危機の時に何をしてどう変わったのがの色んな話が書かれているこの本を読みました。
国単位で日本やアメリカをはじめ、ドイツやインドネシア、オーストラリア、チリ、フィンランドなどがどんなリーダーが出てきて、どんな状況でそしてなぜ変われたのかなどが書かれています。やはり国も人も苦しい状況を乗り越えるとそれが遺伝子となって次の成長や危機対応力に繋がるんだなということがわかります。
コロナウイルスに向き合っている皆さんにお薦めの本です。
危機と人類(上)

book.jpg