リンクドインを立ち上げたリード・ホフマンの書いた本ですがとても参考になりました。彼はピーターティールやイーロンマスクと同じく元々ペイパルマフィアと呼ばれるペイパルで成功して更に新しい事業をスタートした起業家です。そんな彼のペイパルやリンクドインを立ち上げた時に立ち向かった様々な困難への対処の仕方やそこから学んだ経験について書かれています。
特に急成長しているベンチャー企業には様々な困難が訪れます。資金の話はもちろん、人材の採用や退職、訴訟、ライバル企業の誕生などなど。日々問題が起こりますがそんな時に何を捨てて何を残すのか、リスクの対応どうするのかなどについて書かれています。戦略もあるし、組織やリーダーの成長についても具体性がありとてもリアリティがあって学びにつながります。
起業家の方々全員に読んだ欲しい本ですね。
ブリッツスケーリング 苦難を乗り越え、圧倒的な成果を出す武器を共有しよう

book.jpg